コピー完了

記事TOP

Microsoft 365とは - 旧Office365 | 価格・機能【比較表】

最終更新日時:
記事の情報は2022-01-19時点のものです。
Microsoft 365(旧Office365)は、マイクロソフトが提供している製品をサブスクリプション形式で利用できるサービスです。Office365からの変更点や使えるアプリ、料金プランを紹介します。

【関連記事】
Google Workspace(旧:G Suite)とは
kintoneとは
desknet's NEOとは
R-GROUPとは

Microsoft 365(旧Office 365)とは

Microsoft 365 (旧称 Office 365) - 日本マイクロソフト株式会社

Microsoft 365 (旧称 Office 365)
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Microsoft 365とは、WordやExeclに代表されるマイクロソフトの製品をサブスクリプション形式で提供しているサービスです。2020年4月21日に旧名称であるOffice 365からサービス名が変更され、Microsoft 365となりました。家庭向け、一般法人向け、エンタープライズ向け、教育機関向けで提供される内容が異なります。

Office 365との違い

Office 365からMicrosoft 365に名称変更した際に、プラン名の変更が行われましたが価格の変更は行われていません。また、各種アプリケーションに追加された機能で代表的なものは次のとおりです。

  • Microsoft Editor(Word:AIによる文章チェック機能)
  • Presenter Coach(PowerPoint:AIによるプレゼンのチェック)
  • Money in Excel(Excel:銀行口座やクレジットカードを連携して管理)

これ以外にも追加機能や追加予定(後述)があり、サービス全体としての利便性を高めつつAIやクラウド機能を強化したというのが主な変更点です。

Office2019との違い

Microsoft 365とOffice2019の違いは提供形式と料金形態であり、利用できるアプリケーションに違いはありません。Microsoft 365はデスクトップ型Officeに、クラウド型のサービスが付随する形で提供されており、Office2019はパソコンにインストールするタイプの提供形式です。

また、提供形式の違いから料金形態も異なっていて、Microsoft 365はサブスクリプション形式(毎月または毎年、料金を支払って利用する方式)、Office2019は買い切りの永続ライセンスという点で違いがあります。

Microsoft 365の機能一覧

Microsoft 365で使えるアプリは次のとおりです。文書の作成や表計算、データ分析、スライド作成といった業務に欠かせないソフトが搭載されています。

  • Word(文書作成ソフト)
  • Excel(表計算ソフト)
  • PowerPoint(プレゼンテーションソフト)
  • OneNote(デジタルノート)
  • OneDriveクラウドストレージ
  • Outlook(電子メール)
  • Teamsビジネスチャットツール
  • Windows PCのみのアプリ:Publisher・Access
  • 一般法人向け以上のプランのみのアプリ:Exchange・SharePoint
  • Business Premiumプランのみのアプリ:Intune・Azure Information Protection
  • エンタープライズ向けプランのみのアプリ:Booking・Yammer・Stream・Sway・ Power Apps・Power Automate・Planner・To Do・MyAnalytics・Power BI Pro

Word、Excel、PowerPointはよく使われているため、それら以外の基本的な4つのアプリを簡単に紹介します。

OneNoteの特徴と機能

OneNoteはキーボード入力はもちろん、マウス・指を使った手書きのツールや付箋のような機能、共有機能が付いているデジタルノートのようなものです。Word、Excel、PowerPointのデータを貼り付けたり、OneDriveに保存してリアルタイム編集・保存ができ自由度が高く、議事録作成ToDoリスト作成に利用できるでしょう。

OneDriveの特徴と機能

OneDriveは、写真や動画などをオンラインで保存できるオンラインストレージサービスです。ドラッグ&ドロップの簡単操作、そして多様なファイル形式に対応している点がメリットとして挙げられるでしょう。

Outlookの特徴と機能

Outlookは、マイクロソフトが提供する電子メールで、連絡先やタスクの管理などの機能も付随しているサービスです。予定を管理できるスケジュール機能が特徴で、他機能との組み合わせが便利だとの評判があります。Microsoft 365への名称変更の際に、個人用カレンダーと仕事用カレンダーの連携が可能になる新機能が発表されました。

Teamsの特徴と機能

Teamsは、チャット・音声通話・最大250人のビデオ会議などが可能なビジネスチャットツールです。Microsoft 365の各種ファイルに直接アクセスできたり、ツールを組み込めたりとMicrosoft製品との連携も豊富です。Microsoft365 Personal(旧Office 365 Solo)でもTeamsが使えるようになると発表がありました。

Teamsとよく一緒に検討されるSlackについてはこちらの記事で比較しています。

Slack vs Microsoft Teams比較 | 注目ビジネスチャットツールの機能・価格比較表
SlackとMicrosoft Teamsは、どちらも優秀なビジネスチャットツールです。しかし、「同じようなサービ...
詳細を見る

なお、マイクロソフト以外のグループウェアにおける機能はこちらの記事にて解説しています。

Microsoft 365の料金プラン比較

Microsoft 365のシリーズについて、機能と料金を交えながら比較します。Microsoft 365は多くのプランを展開しているため、違いを比べてほんとうに必要なサービスを見極めましょう。

Microsoft 365の料金プラン比較表

サブスクリプションのプランについては、年間契約のプランを12か月で割った料金を記載しています。

製品名 対象 特徴 1人あたりの料金
Microsoft 365 Personal 家庭向け 家庭向けかつサブスクリプション 月額1,082円
Office Home & Business 2021 家庭向け Word、Excel、PowerPointを使える 38,284円(買い切り)
Office Personal 2021 家庭向け Word、Excelを使える 32,784円(買い切り)
Microsoft 365 Business Basic 一般法人向け 企業向けの標準プラン 月額540円
Microsoft 365 Business Standard 一般法人向け デスクトップ版のプレミアム機能付きアプリあり 月額1,360円
Microsoft 365 Business Premium 一般法人向け 高度なセキュリティ要件に対応 月額2,180円
Microsoft 365 Apps 一般法人向け コミュニケーションツールを減らした廉価版 月額900円
Microsoft 365 E3 エンタープライズ向け 大企業向けに充実したアプリとセキュリティ 月額3,480円
Microsoft 365 E5 エンタープライズ向け 最上級のアプリ数をセキュリティ要件を満たすプラン 月額6,200円
Microsoft 365 F3 エンタープライズ向け セキュリティ機能を減らした廉価版 月額870円

Microsoft 365 Personal

Microsoft 365 Personalは、家庭向けのMicrosoft 365でありながらサブスクリプション形式なのが特徴。家庭向けとは称されているものの個人経営の方でも不足のない機能がそろっています。

Microsoft 365 Personalの機能詳細

機能 搭載
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Access
Publisher
Outlook
Teams
OneDrive
Exchange -
SharePoint -
Planner -
Power BI Pro -

※Windows PC のみ

Office Home & Business 2021

Office Home & Business 2021は、家庭向けのプランでWordやExcel、PowerPoint、Outlookの4つだけを購入するものです。後述のOffice Personal 2021と比べてPowerPointが搭載されているため、ビジネス用途での導入ならOffice Home & Business 2021がおすすめです。

Office Home & Business 2021の機能詳細

機能 搭載
Word
Excel
PowerPoint
OneNote -
Access -
Publisher -
Outlook
Teams -
OneDrive -
Exchange -
SharePoint -
Planner -
Power BI Pro -

※Windows PC のみ

Office Personal 2021

Office Personal 2021は、家庭向けのライセンスでWordやExcel、Outlookの3つのみを利用する買い切りのプランです。最低限のアプリを利用したい場合に適しています。

Office Personal 2021の機能詳細

機能 搭載
Word
Excel
PowerPoint -
OneNote -
Access -
Publisher -
Outlook
Teams -
OneDrive -
Exchange -
SharePoint -
Planner -
Power BI Pro -

※Windows PC のみ

Microsoft 365 Business Basic

Microsoft 365 Business Basicは、法人向けの料金プランでは最安の月額540円から利用できる形態です。300人でのチャット、1TBの容量と低価格ながら充実した機能を備えています。

Microsoft 365 Business Basicの機能詳細

機能 搭載
Word
Excel
PowerPoint
OneNote -
Access -
Publisher -
Outlook
Teams
OneDrive
Exchange
SharePoint
Planner -
Power BI Pro -

※Windows PC のみ

Microsoft 365 Business Standard

Microsoft 365 Business Standardは、Microsoft 365 Business Basicの上位プランでAccessとPublisherが追加されています。また、デスクトップ版のアプリをプレミアム機能付きで利用できるのも強みです。

Microsoft 365 Business Standardの機能詳細

機能 搭載
Word
Excel
PowerPoint
OneNote -
Access
Publisher
Outlook
Teams
OneDrive
Exchange
SharePoint
Planner -
Power BI Pro -

※Windows PC のみ

Microsoft 365 Business Premium

Microsoft 365 Business Premiumは、Microsoft 365 Business Standardのセキュリティを強化したプランです。アクセス制御やマルウェア対策によってセキュリティを高めます。

Microsoft 365 Business Premiumの機能詳細

機能 搭載
Word
Excel
PowerPoint
OneNote -
Access
Publisher
Outlook
Teams
OneDrive
Exchange
SharePoint
Planner -
Power BI Pro -

※Windows PC のみ

Microsoft 365 Apps

Microsoft 365 Appsは、TeamsやSharePointがない代わりにAccessおよびPublisherを搭載した個人向けのプランです。他企業のサービスにてコミュニケーションが事足りている場合にも便利なプランでしょう。

Microsoft 365 Appsの機能詳細

機能 搭載
Word
Excel
PowerPoint
OneNote -
Access
Publisher
Outlook
Teams -
OneDrive
Exchange -
SharePoint -
Planner -
Power BI Pro -

※Windows PC のみ

Microsoft 365 E3

Microsoft 365 E3は、大企業向けのプランで一般法人向け以上にアプリとセキュリティが強化されています。コミュニケーション、ファイル管理、作業管理などのツールを搭載しているため、グループウェアとして汎用的に使いたい企業におすすめです。

Microsoft 365 E3の機能詳細

機能 搭載
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Access
Publisher
Outlook
Teams
OneDrive
Exchange
SharePoint
Planner
Power BI Pro -

※Windows PC のみ

Microsoft 365 E5

Microsoft 365 E5は、Microsoft 365 E3のアプリとセキュリティをさらに強化したプランです。Power BI Proや情報保護といった高度な要件を満たすのに役立ちます。

Microsoft 365 E5の機能詳細

機能 搭載
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Access
Publisher
Outlook
Teams
OneDrive
Exchange
SharePoint
Planner
Power BI Pro

※Windows PC のみ

Microsoft 365 F3

Microsoft 365 F3は、Microsoft 365 E3よりセキュリティの項目をやや少なくしたプランです。他システムにてセキュリティを担保している場合には、料金の安いMicrosoft 365 F3を利用するのも一つの手です。

Microsoft 365 F3の機能詳細

機能 搭載
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Access
Publisher
Outlook
Teams
OneDrive
Exchange
SharePoint
Planner
Power BI Pro -

※Windows PC のみ

Microsoft 365を要件にあわせて選ぶ

Microsoft 365は、WordやExcelをはじめ多くの機能を搭載したサービスで、エンタープライズ向けのシステムであればグループウェアとしても活用可能。自社のシステムとの兼ね合いを考えて導入を検討しましょう。Microsoft 365以外のグループウェアもあわせて比較したい場合には、次のボタンからサービス資料を無料でダウンロードするのがおすすめです。

また、他サービスの紹介は次の記事にて行っています。

グループウェアのおすすめ比較
Google Workspace(旧:G Suite)とは
kintoneとは
desknet's NEOとは
R-GROUPとは

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

グループウェア選び方ガイド
グループウェア
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
グループウェアの最近更新された記事