労務管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

e-Gov電子申請対応の労務管理システムおすすめ9選

最終更新日:(記事の情報は現在から6日前のものです)
e-Gov電子申請対応の労務管理システムを紹介します。労務管理システム比較のポイント、電子申請に対応システムの導入メリットについても解説。導入するシステムを探している方、電子申請への対応を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【厳選】おすすめ労務管理システムをまとめてチェック!
労務管理システムの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ労務管理システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的な労務管理システムを含むサービスを徹底比較しています。ぜひ労務管理システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

電子申請(e-Gov電子申請)とは?

電子申請とは、インターネット経由で行政機関に申請や届出を行うことです。労務管理では、雇用保険や健康保険、労災保険、年金関連など、さまざまな申請が必要です。これを電子申請で行うと、書類の作成や郵送の手間が省け、業務効率が向上します。

また、申請内容が電子的に管理されるため、ヒューマンエラーのリスクも低減できます。電子申請対応のシステムを導入することで、行政手続きの負担を軽減し、業務全体をより効率的に進められるでしょう。

電子申請対応の労務管理システムのメリット

電子申請対応の労務管理システムを導入することで得られる主なメリットを紹介します。

書類の作成や申請がスムーズになり、業務量やコストをカットできる

電子申請対応の労務管理システムを導入すると、書類作成から申請までの一連のプロセスがオンラインで完結します。これにより、紙の書類の印刷や手続きの手間が削減されるだけでなく、書類の紛失リスクも軽減されます。

さらに、電子的に情報を管理できるため、従来必要だった手書きや手入力の作業が減り、業務の効率化が可能です。

ペーパーレス化が実現し、セキュリティの向上も期待できる

電子申請対応の労務管理システムは、ペーパーレス化を推進します。紙の書類を保管するためのスペースや、それに伴う管理コストが不要になります。

書類の電子化はセキュリティの向上にもつながります。電子申請では、暗号化やアクセス制限などのセキュリティ対策が施されているため、重要な情報が第三者に漏れるリスクを抑えられます。

おすすめ労務管理システムの比較表

【特典比較表つき】『労務管理システムの資料14選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『労務管理システムの資料14選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

電子申請対応の労務管理システム9選

カオナビ労務 - 株式会社カオナビ

カオナビ労務
カオナビ労務
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

カオナビ労務は、入社手続きや年末調整などの労務管理業務をペーパーレスで完結できるサービスです。カオナビ労務は次のような特徴があります。

  • カオナビとの併用で、労務とタレントマネジメントの一元管理を実現
  • 入社手続き・電子申請・年末調整・給与明細業務のうち、必要な部分だけを導入可能
  • マイナポータルやe-Govを用いた行政機関への電子申請に対応

SmartHR - 株式会社SmartHR

SmartHR
SmartHR
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

SmartHRは、従業員の一元管理ができる人事労務サービスです。SmartHRには、次のような特徴があります。

  • 入社時の従業員情報より自動で社員名簿ができる
  • 従業員みずからがシステムに直接入力できる
  • 蓄積したデータは可視化・分析できる

freee人事労務 - フリー株式会社

freee人事労務
freee人事労務
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

freee人事労務は、労務の人的なミスをゼロにすることを目的とした労務管理システムです。freee人事労務には、次のような特徴があります。

  • 入社手続き、勤怠、給与計算を一括管理
  • さまざまなITツールと連携できる
  • サービスの使い方コンテンツが豊富

マネーフォワード クラウド社会保険 - 株式会社マネーフォワード

マネーフォワード クラウド社会保険
マネーフォワード クラウド社会保険
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

マネーフォワード クラウド社会保険は、社会保険手続きに必要な書類の作成や電子申請ができるクラウドサービスです。マネーフォワード クラウド社会保険は、次のような特徴があります。

  • 社会保険届出書をクラウド上で作成・管理
  • 対応ステータスを一覧表示
  • 電子申請に対応し、PDF出力も可能

ジンジャー人事労務 - jinjer株式会社

ジンジャー人事労務
ジンジャー人事労務
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ジンジャー人事労務とは、人事労務のペーパーレス化を実現する人事労務システムです。ジンジャー人事労務は次のような特徴があります。

  • 多様な履歴情報を時系列で管理し、理想のデータベースを構築
  • 入力方式やレイアウト、当六項目のカスタマイズができる
  • ジンジャー勤怠・給与・ワークフローとの連携でさらに便利に

オフィスステーション 労務 - 株式会社エフアンドエム

オフィスステーション 労務
オフィスステーション 労務
BOXIL SaaS AWARD Winter 2022 BOXIL SaaS AWARD Winter 2022 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

オフィスステーション労務は、アラカルト型の人事労務クラウドです。オフィスステーション労務は、次のような特徴があります。

  • Excelのテンプレートを用いて複数名の雇用契約書を一括作成できる
  • ボタン一つで申請書・届出の送信ができる
  • 他社システムとのAPI連携が可能

ジョブカン労務HR - 株式会社DONUTS

ジョブカン労務HR
ジョブカン労務HR
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ジョブカン労務HRは、すべての労務業務を自動化・効率化する人事管理システムです。ジョブカン労務HRは、次のような特徴があります。

  • 従業員情報から帳票の自動作成が可能
  • 情報の入力・更新が必要な際は、従業員にワンクリックで入力依頼
  • 30日間の無料トライアルあり

社労夢Company Edition - 株式会社エムケイシステム

社労夢Company Edition
社労夢Company Edition
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

社労夢 Company Editionは、社労士事務所での実績・ノウハウと、一般企業に必要な機能をプラスした人事部門向けソリューションです。社労夢 Company Editionは、次のような特徴があります。

  • 入退社や、育休・産休、高年齢雇用継続などの手続き進捗をカレンダーで管理
  • 運用開始まで専任スタッフが支援
  • 健康保険組合のマイナポータル申請にも対応している

ARROW - 株式会社S&A

ARROW
ARROW
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ARROWは、勤怠から給与までを一括で管理できる労務管理システムです。ARROWは次のような特徴があります。

  • ICカードやGPS打刻などさまざまな打刻方法
  • e-Tax、eLTAX、e-Govに対応
  • 定額減税の対象者の確認や減税額計算が可能

労務管理システムを選ぶ際のポイント

労務管理システムを選ぶ際の主要なポイントについて解説します。

社内の業務をどこまでカバーできるか

労務管理システムを選ぶ際は、システムが社内の労務関連業務をどの程度カバーできるかを確認しましょう。

業務範囲が広いシステムは、入退社手続きや電子申請、給与明細などの基本的な機能に加え、勤怠管理や人事評価などの業務にも対応します。社内で効率化が必要な業務を洗い出しておきましょう。

導入や運用にかかる費用は妥当か

初期費用や運用コストが適切かどうかを判断する必要があります。

システムの費用には、導入時の初期費用、月額利用料、オプション費用などが発生します。これらの費用が予算内であるか、またシステムの提供する価値に見合っているかを確認しましょう。

利用中の外部システムと連携できるか

労務管理システムを選ぶ際には、既存の外部システムとの連携が可能かを確認することが大切です。

既存の勤怠システムや給与計算システムとデータをスムーズに共有できるシステムを選ぶことで、業務効率化につながります。たとえば、給与計算システムと連携することで、給与データの自動反映が可能になり、手作業によるミスを防げます。

利用中のシステムとの互換性を確認することで、導入後の労務管理プロセスを円滑に進められます。

電子申請対応の労務管理システムで、業務の効率化とコストカットを

電子申請対応の労務管理システムを選ぶ際は、社内の業務をどこまでカバーできるか、導入や運用にかかる費用は妥当か、利用中の外部システムと連携できるかといったポイントに注目しましょう。

システムの使い勝手や追加機能の有無なども比較して、実際の業務に適しているかを確認することが重要です。無料プランや無料トライアルを提供しているサービスもあるため、導入前に試験運用してみるのがおすすめです。

最適な電子申請対応の労務管理システムを選ぶには、自社のニーズや予算に合わせて、複数の候補を比較検討しましょう。

労務管理システムは、次の記事でも詳しく紹介しています。

【比較表あり】労務管理システム比較20選 | おすすめクラウドソフトは?
労務管理システムとは従業員名簿や雇用手続き、勤怠などの人事労務管理(HR)業務を効率化するHRサービスです。タイプ...
詳細を見る
【厳選】おすすめ労務管理システムをまとめてチェック!
労務管理システムの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ労務管理システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的な労務管理システムを含むサービスを徹底比較しています。ぜひ労務管理システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

労務管理システム選び方ガイド_20240430.pptx.pdf
労務管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
労務管理システムの最近更新された記事