コピー完了

記事TOP

経費精算書テンプレート無料24選 | 書き方・必要項目・注意点・認められる経費を解説

最終更新日:
公開日:
日々の業務で生じる立て替え経費、その面倒な経費精算を自動計算で効率化する無料の経費精算書テンプレートを24種紹介します。また経費としてみとめられるのはどんな費用なのかや、経費精算書に必須の項目、作成の注意点などを解説していきます。

経費精算書はテンプレートでも作成できますが、システムを使うとより楽に作成できます。下のボタンからはそんな経費精算に使えるシステムの資料をDLできます。ぜひご利用ください。

テンプレートで経費精算書を簡単作成

経費精算書という名前を一度は耳にしたことがあると思います。しかしこの経費精算書、「どのように書いていいかわからない」と思う方が多いと思います。

そこで本記事では、ボクシルが作成した経費精算書のテンプレート(ひな形)を紹介します。
エクセルで簡単に使える、さまざまなデザインの経費精算書のフォーマットが無料でダウンロードできるので、ぜひご活用ください。

また、初めての方でも安心して経費精算書を発行できるように、経費精算書に最低限必要な記入項目や、一般的によく記載される記入項目も解説します。

本記事をぜひともあなたのビジネスの効率化に役立ててください!

経費精算書以外のテンプレートもご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

エクセルで使える無料経費精算書テンプレート24選

ボクシルでは、エクセルで必要な箇所を記入するだけで簡単に経費精算書が発行できる無料のテンプレートをダウンロードできます。

6色×4種類のテンプレートの中からお好きなデザインのテンプレートをダウンロードして、以下の記事を参考に経費精算書を発行してくださいね。

経費精算書無料テンプレート【パターン1】モノクロ

「日付」「購入物」「支払先」「個数」「単価」「金額」「備考」の各項目が網羅された、一般的でシンプルな経費精算書テンプレートであり、領収書添付欄も用意されています。
関数が入っているため、個数・単価の入力で、金額を自動で集計してくれるのが嬉しいポイントです。

その他の色のダウンロードはこちらから。

経費精算書テンプレート【パターン2】モノクロ

こちらはパターン1をよりシンプルにした経費精算書テンプレートになり、個数・単価が省かれていますが、一度の購入金額を合計していくタイプになります。領収書添付欄も用意されていますが、よりシンプルなテンプレートになります。

その他の色のダウンロードはこちらから。

経費精算書テンプレート【パターン3】モノクロ

経費項目が最初から「購入費」「飲食費」「交通費」「通信費」「その他」と、多数用意されているため、交通費を含むさまざまな経費精算に便利なテンプレートです。
もちろん、領収書添付欄も用意され、金額の入力で自動計算もできます。


その他の色のダウンロードはこちらから。

経費精算書テンプレート【パターン4】モノクロ

備考が長くとられ、承認経路も2系統が考慮されているため、ある程度の高額経費精算にも対応可能なテンプレートです。
領収書添付欄のほかにも、仮払い欄も用意されており、さまざまなケースに対応可能です。

その他の色のダウンロードはこちらから。

ボクシルでは、他にもたくさんのテンプレートをご用意しています。他のテンプレートをご覧になりたい方は以下をご覧ください。

紹介したテンプレートを利用しても、満足に活用できないことがあるでしょう。そんなときは有料のサービスを利用するのがおすすめです。有料といってもさほど高額にはならないので、一度確認してみると良いでしょう。

経費精算書とは

経費精算書とは、従業員が立て替えて支払った業務に必要な金銭を精算するための書類です。
経費の精算は、領収書があることが前提となるため、精算完了するまで大切に保管しましょう。

経費精算については以下の記事も参考にしてみてください。

認められる経費とは

経費精算書に記載できる費用は、従業員が業務を遂行する中で企業活動に必要なコストだと判断できるものに限られます。このため、経費精算書で申請できる経費は、以下のように定められています。

  • 給与の支払い(賃金)
  • パソコンや営業車を購入したときの減価償却費
  • 店舗を借りている場合は地代家賃
  • 租税公課
  • 宅急便などを利用した際の荷造運賃
  • 店舗や事業所で使われた水道光熱費
  • 携帯電話使用料金やインターネットを利用する際の通信費
  • チラシやインターネットなどで宣伝を行った際の広告宣伝費
  • 取引先との接待交際費
  • 修繕費
  • 事務用品などの消耗品費
  • 福利厚生費
  • 旅費交通費

経費精算書の書き方と必要項目

必要項目

経費精算書は企業によってフォーマットが異なり、それぞれの経費に分けて精算するケースもあり、交通費精算書や旅費精算書、立て替え経費精算書などが存在する場合もあります。

そのため、どのような項目が必要かというのは書類によって異なりますが「申請日」「申請者の所属部署と氏名」「対象となる年月日」「訪問先や交通機関」「宿泊施設名」などは必須といえるでしょう。

書き方

経費精算書は企業によってフォーマットは異なるものの、領収書が必要となるのは共通しているといえます。

領収書を見ながら金額や日付、区間や期間などを間違えないように正確に記入することが大切です。
ささいな記入ミスで承認されないこともありますので注意しましょう。

経費精算書のルールと保管期限

認められる経費のみ記載

上述したように、経費精算書で精算できる経費の内容は定められています。それ以外の費用の場合は別の精算書が必要となり、経費精算書には記載できません。

領収書を失くさない

経費精算書には領収書が必要ですが、公共交通機関などでは領収書が発行されない場合もあり、慶弔見舞金も領収書が出ません。

慶弔見舞金に関しては祝儀や香典のコピーを取る、式典の案内状などのコピーを取るなどして経費精算書と一緒に提出しましょう

早急に提出

経費の立替払いの場合、経費精算書を作成して上司の承認をもらい、経理が処理をしてから従業員の元にお金が戻ってくるという流れになります。

決算を境に、決算前のものは精算できないということも起こりますし、精算期限がある企業もあります。経費精算書はできるだけ早く提出するようにしましょう。

公私混同は絶対にNG

経費を精算するときに、業務と関連のない私的な支払いを行うことは絶対にしてはなりません。

これは業務上横領であり、れっきとした犯罪者です。会社の事業のための経費ということを必ず守りましょう。

経費精算書の保管期限

経費精算書は帳簿になるため、すべて原本で7年間の保管が必要です。

総勘定元帳や現金出納帳、仕訳帳などと同等の扱いになり、領収書やレシートなども監査の時に必要になるため、経費精算書と一緒に原本を保管するようにしましょう。

帳簿の保管については以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

経費精算書テンプレートで業務効率化

経費項目などには注意が必要かもしれませんが、経費精算書の作成は難しいものではなく、特に、自動計算のテンプレートがあれば必要な項目を入力していくだけです。

記入の難しさなどよりも、立替が発生するたびに「マメに記入して精算する」姿勢の方が重要かもしれません。業務の進め方同様、できることは今すぐ実行するくせをつければ、それだけ業務効率化もできるということでしょう。

ボクシルでは経費精算書作成に役立つ経費精算のクラウドサービスを比較したり、資料を請求したりできますので気軽に覗いてみてくださいね。

【厳選】おすすめ経費精算システムをまとめてチェック!

経費精算システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。従業員の領収書電子化、交通費のICカードからの読み取りなど、従業員の経費精算のスピード向上のために導入される経費精算システムの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

また、経費精算の選び方ガイドもございますのでご覧になってみてはいかがでしょうか。

人気のビジネステンプレート関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

経費精算システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
経費精算システムの最近更新された記事