コピー完了

記事TOP

不動産業界向けビジネスチャット比較おすすめ!メリット・事例・サービス - 働き方が大きく変わる?

最終更新日時:
記事の情報は2020-07-07時点のものです。
スピーディーな連絡のやり取りやリアルタイムで情報共有ができるツールとして注目されるビジネスチャットを紹介。ビジネスチャットによって社員間の交流が活性化する理由やチャットボットとの違い、不動産業界の業務を効率化できる理由を解説しています。

不動産業界はIT化が遅れている

不動産業界では、ITの導入が非常に遅れています。たとえば、不動産業界では業者との連絡のやり取りにおいて、未だに電話やFAXによるコミュニケーションが中心になっているのが現状です。

そのため、物件の情報をリアルタイムに共有できないことや、顧客との連絡がスピーディーに行かないこともよくあります。

不動産業界に効率化をもたらす?

特に不動産管理会社と仲介業者の連絡手段は、電話がメインです。たとえば、仲介業者が最新の物件情報を知りたいときには、その都度、管理会社に電話で確認をしているのです。

このような不動産業界の働き方を変えるためにも、ITを積極的に導入していきたいところです。
特にリアルタイムの情報共有や、顧客や業者とのスピーディーな連絡のやり取りに役に立つ「ビジネスチャット」は効率化をもたらしてくれるに違いありません。

ビジネスチャットとは

ビジネスチャットとは、ビジネス向けにセキュリティが強化されたチャットツールのことです。リアルタイムに双方向の連絡のやり取りができ、メールや電話に代わるコミュニケーション手段として注目を集めています。

働き方改革をビジネスチャット活用で情報共有、効率化をするには
労働人口の減少を受け、「働き方改革」が進んでおり、在宅勤務や時短勤務など働き方が多様化しています。コミュニケーショ...
詳細を見る

メールとビジネスチャットの違い

ビジネスチャットは、会話のようにやり取りを行うため、メールのように形式的な文章を必要としません。

そのため、気軽にコミュニケーションを取れるのです。これにより社員間の交流が活発になり、リアルタイムで情報を共有できるようになります。

また、悪意のある第三者によって、ウイルスメールを送られてくる心配もなくセキュリティも安心です。さらに、メールとは違い利用者を制限できるので、情報漏えいや個人情報の流失の対策にもなるのです。

このように、セキュリティ面で優れているために、個人向けのチャットツールであるLINEよりもビジネスチャットを利用する企業が増えてきています。

今話題のチャットボットとは違う?

ビジネスチャットと同様に、コミュニケーションツールとして注目されているのが「チャットボット」です。チャットボットとは、対話をするロボットという意味です。具体的には、人間が入力した文字に反応して自動で回答を行うシステムです。

チャットボットとビジネスチャットの違い

つまり、チャットボットは人間とロボットのやり取りであり、人間と人間のやり取りを行うビジネスチャットとは大きく異なります。

ビジネスチャット導入のメリット

このビジネスチャットを導入することでさまざまなメリットがあります。そこで、ここからは「ビジネスチャットを導入することで、社内にどのような変化が起きるのか」ということについて話をしていきます。

社員間の交流が活性化される

最初に社内のメリットとして挙げられるのが、社員間の交流が活発になるという点です。ビジネスチャットは、会話のやり取りのように気軽にコミュニケーションができるので、社員間のコミュニケーションが活性化されるのです。

リアルタイムに情報共有が可能

また、ビジネスチャットの導入メリットとして、リアルタイムで情報を共有できるという点も非常に大きいです。メッセージの投稿と同時に全社員が閲覧できるので、社内の連絡手段としては非常に効率的なのです。

誤送信を防げる

また、メールで連絡のやり取りを行う場合、送り先のアドレスを間違えてしまうと情報漏えいに発展するというリスクがあります。しかし、ビジネスチャットでは、あらかじめ登録されているユーザーごとにスレッドができるので、送り先を間違えにくいのです。

さらに、メールの場合、一度、送信してしまえば相手先に必ず届いてしまいます。
しかし、ビジネスチャットであれば、メッセージを送信した後に削除できます。そのため、間違えて誤送信をしてしまったとしても、後から対処できるのです。

顧客とのコミュニケーションの効率化

また、ビジネスチャットは、顧客にもアカウントを作ってもらうことで、顧客とチャットをすることもできます。

ビジネスチャットを使うことで、顧客とのコミュニケーションが効率化されるというメリットもあるのです。ここからは、その具体的なメリットについて話をしていきます。

リアルタイムの情報提供が可能

まず何と言っても一番のメリットは、顧客にリアルタイムで情報を提供できるという点です。そのため、建築工事の進捗をリアルタイムで顧客に伝え、最新の物件情報を業者に知らせられます。

顧客との質の高いコミュニケーション

そして、次にあげるメリットが、顧客と質の高いコミュニケーションがとれるという点です。ビジネスチャットは、メールのように送受信の処理が必要ありません。そのため、リアルタイムで質の高いコミュニケーションを実現できます。

たとえば、トラブルが発生したとしても、顧客と電話でやり取りをするよりもビジネスチャットと使う方が、スピーディーで質の高いコミュニケーションを取れます。

必要な方に効率的に情報共有

ビジネスチャットでは、必要なメンバーをグループ登録することで、チャットルームを作れます。そのため、顧客や関連会社を登録することで、必要なメンバーに効率的に情報を共有できるのです。

各工程において関わる人物が異なることが多い不動産業界において、ビジネスチャットが情報共有の不足によるトラブルを未然に防いてくれるのは明らかです。

不動産業界の導入事例

さて、ここまでビジネスチャットの導入メリットについて話をしてきました。これからは、不動産業界で実際にビジネスチャットを導入した事例をいくつか紹介していきます。

不動産会社A

会社名:不動産会社A業種:建設・不動産
事業内容:不動産サイト運営

最初に紹介する事例が、不動産・住宅情報サイトを運用するA社です。A社は、プロジェクト管理の効率化や海外拠点との情報連携を目的として、ビジネスチャットツールを導入しています。

導入効果

プロジェクトの進行状況が透明化し、効率的に業務を行えるようになりました。さらに、同時に多くのプロジェクトを進行できるようになり、事業拡大の助けになりました。

不動産会社B

会社名:不動産会社B業種:建設・不動産
事業内容:住宅関連事業

続いて紹介する事例が、住宅の施工やリフォーム工事などの事業を展開するB社です。B社がビジネスチャットを導入した目的は、グループ会社間でのスムーズな情報共有と社員間の交流の活性化でした。

導入効果

グループ会社とのコミュニケーションが増え、社員間の距離も近づきました。さらに、社員間で話しかけるきっかけができ、関係がよくなりました。

不動産業界にオススメのビジネスチャット

気軽な社内コミュニケーションを実現するビジネスチャットですが、以下からは、スタートアップにおすすめのツールを厳選して紹介します。

本記事で紹介するビジネスチャットや、紹介しきれなかったサービスのさらなる詳細については以下からご覧になれます。

Buddycom - 株式会社サイエンスアーツ

Buddycom
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 音声や映像、文字などで現場状況をリアルタイム共有
  • やり取りの内容を自動保存
  • 距離や屋外などに場所に影響されず、やり取り可能

Buddycomは、利用継続率99.5%のグループ通話を使った情報共有ツールです。映像共有中も会話でき、正確な情報共有を支援してくれます。やり取りは自動でテキスト化され、音声や映像なども自動保存されます。文字でやり取りもでき、音声読み上げも対応可能です。

ネット環境下であれば距離に影響されずにやり取りできるため、地下やオフィス、山岳地帯などでも情報共有できます。運用にあわせイヤホンマイクといった周辺機器を組み合わせ利用でき、ハンズフリーでのコミュニケーションに対応可能です。

※ボクシル掲載資料参照(2022年5月時点)

WowTalk for ビジネスプラス - 株式会社NTTドコモ

WowTalk for ビジネスプラス
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 誰でも簡単に操作できるUI
  • 法人利用に耐えられる非常に高いセキュリティ
  • 柔軟な機能カスタマイズ

WowTalk for ビジネスプラスは、シンプルで直感的に操作しやすく、グループトークによる社内コミュニケーション活性化を実現するビジネスチャットです。
グループトーク、タイムライン、無料音声通話、メンバーリスト管理、ファイル送受信、タスク管理機能を持ち、iOS、Android、PCのマルチデバイスにも対応、外出先や緊急時など、時間と場所を問わないアクセスが可能です。

Chatwork - Chatwork株式会社

Chatwork
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 効率的に情報共有できる
  • いつでもどこでも会議ができる
  • タスク管理ができる

Chatwork(チャットワーク)は、クラウド会議室、チャット、タスク管理機能、ビデオ・音声会議、ファイル共有、メンション、検索など、仕事の円滑化・効率化を支援するコミュニケーションツールです。マルチデバイス対応はもちろんのこと、PCにカメラとマイクをつなげることでもビデオ会議が行え、アプリインストールによってiPhoneからでも参加可能です。

依頼したタスクを可視化し、業務管理を徹底することで、漏れのない効率的な業務を実現します。

不動産業界にはビジネスチャットが必須?

ビジネスチャットは、気軽にコミュニケーションができるツールのため、社員間の交流を活性化できます。

また、リアルタイムに情報を社内に共有できたり、誤送信の防止対策につながったりといったメリットもあります。さらに、ビジネスチャットは、リアルタイムで情報提供が可能なため、顧客とのコミュニケーションの質も高めてくれます。

必要な人に効率的に情報を届けられるビジネスチャットは、工程ごとに関わる人物が異なる不動産業界において必須のITツールと言えるのです。

次の記事ではビジネスチャットについて各サービスごとに比較してまとめているのでぜひご参照ください。

【2022年】ビジネスチャットツール比較14選!導入メリットや失敗しない選び方
おすすめビジネスチャットツールの価格や機能、口コミ評判を徹底比較。各サービスの無料プランの有無や特徴、推奨社員規模...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

ビジネスチャットツール選び方ガイド
ビジネスチャット
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
ビジネスチャットの最近更新された記事