フォーム作成ツールの関連情報

コピー完了

記事TOP

フォーム作成ツールおすすめ比較10選無料あり!機能・選び方や活用方法

最終更新日:(記事の情報は現在から99日前のものです)
本記事ではフォーム作成ツールの機能や選び方について紹介します。HTMLやCSSなどの知識がなくても、Web上で直感的かつ簡単にフォームが作成できるおすすめツールの特徴を比較します。

フォーム作成ツールとは?

フォーム作成ツールとは、Web上でユーザーからの問い合わせやアンケートを受け付けるための「フォーム」を簡単に作成するためのツールです。

フォーム作成ツールを使えば、HTMLやCSSといった専門知識がなくても簡単にフォームが作成可能です。また、入力をサポートしたり他システムと連携できたりする機能があるツールも提供されています。

Googleフォームをはじめ、無料のツールも豊富なのでコストをあまりかけずに導入できます。

フォーム作成の方法

フォーム作成ツールでは用意されているテンプレートをベースに、ドラッグ&ドロップを用いて直感的に操作可能です。

WordPressのプラグインを使ってフォームを作成する方法もありますが、ある程度の知識が必要です。サポートやアップデートことを考えると、フォーム作成ツールの方が誰でも簡単にクオリティの高いフォームを作成できます。

フォーム作成ツールの機能

フォーム作成ツールに搭載されている一般的な機能は、次のとおりです。

  • フォームの作成
  • フォームデザインのカスタマイズ
  • テンプレート機能
  • 自動返信機能
  • 集計・分析機能
  • ファイル添付機能
  • 入力離脱対策機能
  • 顧客管理機能
  • 問い合わせ管理
  • メール配信
  • 他ツール連携機能

テンプレート機能は基本的にどのフォーム作成ツールにも搭載されています。その他の機能はツールによって搭載状況が異なります。

ユーザーが入力しやすくするための補助機能も搭載。たとえば、郵便番号を入力すれば、自動で郵便番号に合った住所が入力される補完機能などが有名です。色や装飾などテンプレートの見た目を変更するデザイン機能なども大抵のフォーム作成ツールには搭載されています。

さらに、外部ツールとの連携や集まったアンケートや問い合わせ内容の管理機能も備わっています。ツールによっては、メールなどフォームに入力された情報を元に配信する機能も搭載しています。

基本的な機能に加えて、業務によって便利な追加機能を搭載しているフォーム作成ツールを使用するのがおすすめです。

有料ツールと無料ツールの違い

有料フォーム作成ツールの方が、無料ツールよりも機能が豊富な傾向にあります。入力離脱対策や顧客管理といった機能は、無料ツールにはないことが多いです。

ただし、フォーム作成ツールは無料でも機能が豊富なツールも多いので、目的によっては十分に無料ツールだけでも対応可能です。安価なツールも多いので、必ずしも無料ツールにこだわる必要はありません。

フォーム作成ツールの選び方

フォーム作成ツールを選ぶ際は、次の4つのポイントを確認しましょう。

  • カスタマイズ性の高さ
  • テンプレートの豊富さ
  • フォーム最適化対策の充実度
  • 他システムとの連携

カスタマイズ性の高さ

目的にあったフォームを作成できるのか、といった基準でカスタマイズ性をチェックしましょう。

一口に「フォーム」といっても、「問い合わせフォーム」「イベント申し込みフォーム」「会員登録フォーム」「アンケートフォーム」といった多様なフォームが考えられます。これらに必要な要素は異なるため、どのような回答形式が設定できるか、セクション設定やファイル回収などのほしい機能があるか確認しましょう。

また、フォームを搭載する箇所やページのデザインとの違和感がないかも確認しておきましょう。コーポレートサイトやWebサイトに合わせたカラー・デザインの変更ができるのかは、チェックしておくべきポイントです。

テンプレートの豊富さ

テンプレートの豊富さも、フォーム作成ツールを選ぶ際のポイントです。目的としているフォームを、テンプレートからどの程度の工数で作成できそうかを確認する必要があります。

フォーム作成ツールはエンジニア以外も使用するツールなので、カスタマイズに専門知識が必要であれば使い勝手が悪くなりますし、テンプレートから作成するだけで対応できた方がいいでしょう。

豊富なテンプレートから目的に近いフォームを選べる方が、フォーム作成までの時間を短縮できます。

フォーム最適化対策の充実度

フォーム最適化対策とは、ユーザーがフォームに必要事項を入力している途中で離脱しないように施す対策のことを指します。

代表的な機能としては、郵便番号を入力すると該当する住所が表示される「入力補助機能」や、入力途中で内容をチェックしてエラーが発生しそうな項目を自動でユーザーに伝える「リアルタイムチェック機能」が挙げられます。

  • ユーザーに手間をかける入力項目が多い
  • 複雑なフォームが必要である
  • 問い合わせフォームの離脱改善

などが課題の会社にとっては、選ぶ際の重要な基準になります。

他システムとの連携

フォーム作成ツールで取得した情報は、基本的に単体で使用することはありません。ビジネスチャットや問い合わせ管理ツールに情報を連携して確認する使い方が一般的です。

フォームで入力された情報をどのように使いたいのか、ツールと連携したいのかを考えたうえで、連携すべきシステムについて検討してください。

おすすめのフォーム作成ツール比較(無料あり)

フォーム作成ツールには無料で簡単に使えるツールから、有料で多機能型のツールまで幅広い種類があります。フォーム作成ツールを導入したいときに検討すべきおすすめツールを紹介します。

Tayori - 株式会社PR TIMES

Tayori
Tayori
BOXIL SaaS AWARD 2022 営業・顧客管理部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • フォーム作成だけでなく、FAQやチャットなどの機能も
  • WordPress対応でWebサイトにプラグインで埋め込める
  • 無料トライアルやフリープランあり

Tayoriは、株式会社PR TIMESが提供するフォーム作成ツールです。カスタマーサポートツールとして、「FAQ」「アンケート」「チャット」の機能も搭載されており、フォームにユーザーが情報を入力したあとの顧客対応業務もTayoriを活用して一貫して行えます。入力されたデータに関して受信箱形式で管理できて、ステータス管理、タスクの割り振りといった機能を使って対応管理が可能です。

WEBCAS formulator - 株式会社WOW WORLD

WEBCAS formulator
WEBCAS formulator
BOXIL SaaS AWARD 2022 Winter Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • レスポンシブなテンプレート、多様な項目設定
  • 回答内容に応じてページ分岐、回答制限などが実施可能
  • 海外向けのアンケートにも対応可能

WEBCAS formulatorは株式会社WOW WORLDが提供しているフォーム作成ツールです。テンプレートをベースにさまざまなカスタマイズができるのはもちろん、アンケートの入力条件分岐、選択肢のシャッフル、回答数制限などの機能があるので複雑な構成のアンケートにも対応しています。同社が提供しているWEBCASシリーズのメール配信、問い合わせ管理システムとも連携できます。

formrun - 株式会社ベーシック

formrun
formrun
BOXIL SaaS AWARD 2022 Winter Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 40種類以上のテンプレート
  • フォームの設置から問い合わせ対応状況まで業務を一元管理可能
  • 回答データをCRMやメール配信システムに連携できる

formrunは株式会社ベーシックが提供しているフォーム作成ツールです。「フォーム作成時間を90%削減する」を掲げており、資料請求、予約フォーム、アンケートなど40種類以上のテンプレートをベースにクリックだけで必要なフォームを作成できます。またカンバン方式での回答管理も可能で、ちょっとした問い合わせ管理であればformrunで対応可能です。

Googleフォーム

  • 無料で全機能を使用できる
  • 回答結果を自動集計・グラフ化できる
  • 豊富なテンプレートでカスタマイズしやすい

Googleフォームは、Googleアカウントさえあれば無料で使用できるフォーム作成ツールです。企業のセミナー集客から個人の忘年会の参加確認まで、幅広い目的で使用されています。チームで一つのフォームを作成して共同編集可能であり、結果の管理も複数人で可能なため合同作業をする際にも適したツールです。

コラボフォーム - コラボスタイル

  • 社内ワークフローとの連携を念頭に開発されたシステム
  • Excelで作った申し込み書を見た目そのままフォーム化
  • フォーム数に応じて選べる3つの料金プラン

コラボフォームは、株式会社コラボスタイルが提供しているフォーム作成ツールです。同社が提供しているコラボフローを連携させることにより、フォームで入力された情報をそのままワークフローシステムで管理できます。ExcelやPDFで作った申請書類をそのままの見た目でフォーム化できるので、新規取引受付やアルバイト許可申請などのペーパレス化にもつながります。

Formzu - フォームズ

  • フォーム最適化(EFO)機能あり
  • 決済機能を持ったフォームが作成できる
  • コンバージョンタグを設置可能

Formzu(フォームズ)は、フォームズ株式会社が提供しているフォーム作成ツールです。決済機能を持つフォーム作成が作成でき、広告表示はあるものの無料プランでも決済機能を搭載できます。商品注文や宿泊予約といったフォームの作成を念頭においたツールのためコンバージョンタグの設置、アフィリエイト対応、領収書発行といった機能も搭載されています。

Qubo - アーティス

  • 申し込みフォーム、アンケートのそれぞれに目的に合わせて特化
  • フォーム最適化対策で回答者の離脱を防ぐ
  • 回答結果のグラフ化機能に加えて計算機能、結果判定機能あり

Qubo(キューボ)は、株式会社アーティスが提供するフォーム作成ツールです。資料請求・申し込みなどに特化した「Qubo REQUEST」とアンケートに特化した「Qubo SURVEY」の2つのツールがあります。両システムともに豊富なテンプレートをベースにレスポンシブなWebフォームを直感的に編集可能です。Qubo REQUESTには無料トライアルもあります。

フォームメーラー - フューチャースピリッツ

  • フォームをベースにランディングページやホームページの作成も
  • リアルタイムバリデーション、住所自動入力といったEFO機能あり
  • ビジネスチャット、メール配信システムなどと連携可能

フォームメーラーは、株式会社フューチャースピリッツが提供しているフォーム作成ツールです。テンプレートをベースに、ホームページやランディングページまで作れるのが特徴です。PayPal決済にも対応しており注文・決済フォームも作成できます。連携できるビジネスチャット、メール配信システムも豊富なので社内システムとも連携させやすいです。

フォームブリッジ

  • kintoneに接続できる高機能Webフォーム
  • 初期費用無料かつ定額でWebフォームを無制限に作り放題
  • 住所自動入力、料金自動計算などでユーザーにストレスを与えないフォームに

フォームブリッジは、トヨクモ株式会社が提供するフォーム作成ツールです。kintoneと連携して使うためのツールで、フォームブリッジで作成されたフォームからkitoneに直接データが保存されます。複雑なフォームを作成するのに必要な条件分岐機能やステップ機能などが揃っています。

HubSpot

HubSpot
HubSpot
BOXIL SaaS AWARD 2022 中小企業賞(SMB)
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • CRMと一体型のフォーム作成ツール
  • Webサイトに簡単に埋め込める
  • アナリティクス機能を搭載している

HubSpotはHubSpot Japan株式会社が提供しているツールです。フォーム作成だけではなく、CRM、MAといったマーケティング周りのツールがワンパッケージになっています。MA機能を使ってユーザーの一人ひとりに内容をカスタマイズした質問が可能です。また、ブログやランディングページ、SNS、Eメールといったさまざまなチャネルでのアプローチにも使えます。

フォーム作成ツールの活用方法

フォーム作成ツールを活用する目的・方法は大きく分けて次の3種類です。それぞれの活用方法の概要にポイントについて説明します。

フォームを簡単に作成する

たとえば、定期的に顧客にアンケートを取ったり、セミナー・説明会といったイベントを開催したりしている企業はそのたびにフォーム作成が必要です。

このような単純、繰り返しに近いフォーム作成をエンジニアやデザイナーに任せるのは費用がかかるので、現場のノンエンジニアでも簡単にフォームが作成できるようにツールを導入した方が良いケースが多いです。

フォーム作成を現場のスタッフが行えるようになることによって、コストカット、PDCAの高速化が期待できます。

問い合わせ対応業務の効率化

問い合わせ対応業務の効率化にもフォーム作成ツールは有効です。フォームで入力された情報を自動でビジネスチャット問い合わせ管理ツールなどに飛ばせますし、顧客管理もセットでできるツールもあります。

こういった機能を活用することにより、問い合わせ業務にかかわる手間が削減できます。

なお、問い合わせ対応やその後の成約数を増やしたいのであれば、作成ツールに頼るのではなく、接客ツールを使った自動接客やオペレーターの対応教育にも力を注ぐべきです。

【2023年最新】Web接客ツールおすすめ比較!価格・機能・選び方・無料サービス
【2023年最新比較表】Web接客ツールの代表的なサービスを徹底比較!対応している機能、料金プラン、口コミ評価など...
詳細を見る

リード情報の管理

リードの情報管理にもフォーム作成ツールは有効です。ツール自体に顧客管理機能が含まれているツールもありますし、外部のシステムと連携できるツールもあります。

複数のWebサイトや申し込みフォームを運用していている場合、管理するツール、方法がバラバラだと、「特定のフォームからの問い合わせをきちんとフォローできなかった」「見逃していた」という事態が発生しがちです。

リード情報を適切に管理するためにも、一つのフォーム作成ツールで一元管理しておく方が良いです。

フォームの入力完了率を高める方法

問い合わせ・資料請求フォームなどへの入力・送信作業を持ってコンバージョンとする企業は多いかと思います。入力完了率を高めるためには次の2点を意識するといいでしょう。

  • フォーム最適化対策機能があるツールを導入する
  • Web接客ツールも導入して迷っている顧客をサポートする

また、入力完了率を高める細かなテクニックとしては、次の3つが有効です。

  • 入力項目は最小限にしておく
  • 完了までのステップを明確にする
  • 必須項目・任意項目の違いを明確にする
フォーム作成とは?おすすめツール・サービス比較 - CVにつなげる重要なステップ
問い合わせやアンケートに答え、ボタンをクリックして送信するWeb入力フォームは、ユーザーと企業をつなぐ接点です。H...
詳細を見る

フォーム作成ツールの導入で効果的なアプローチを

フォーム作成ツールは、Webフォーム作成の簡略化や入力時の離脱防止といったメリットがあるシステムです。大量のWebフォームを運営している場合や、問い合わせ率を高めたい企業におすすめのサービスです。選定の際は次のポイントに注意して選ぶのをおすすめします。

  • カスタマイズ性の高さ
  • テンプレートの豊富さ
  • フォーム最適化対策の充実度
  • 他システムとの連携

フォーム作成ツールについてより深く検討したい方は、サービス資料を請求し比較するとよいでしょう。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超