コピー完了

記事TOP

グループチャットとは?特徴を初心者向けに丁寧に紹介

最終更新日:
プライベート的な要素が強かった「グループチャット」も最近では、仕事上で使う機会も増えています。そんなグループチャットについてチャットとはそもそも何か?という初歩の初歩から徹底解説していきます。

プライベート的な要素が強かったグループチャット。しかし最近では、仕事上で使う機会も増えています。一人が投稿したメッセージをみんなで共有でき、オンライン上で完結するため、場所や時間を問いません。そんなグループチャットについて徹底解説していきます。

そもそもチャットとは?

チャットには雑談という意味があり、リアルタイムでインターネットを通じて会話することを指します。対面での会話が、文字に置き換えられたと言っていいでしょう。メールであれば、相手のメッセージに返信してというように、オンライン上での手紙といった側面が強いですが、チャットは、日常の会話のように不規則なやりとりが特徴です。

会話のように短い言葉をかけあい、それにリズミカルに反応していくといった面が強いチャット。スマートフォンが普及する前はもともと、パソコンを使って複数人同時の会話が行われていました。チャットルームといったオンライン上でのコミュニティが存在し、その中でリアルタイムで文字を使った言葉のかけあいを行います。

チャットが広まったきっかけ

パソコンを頻繁に利用する一部の人向けのコミュニケーション手段であったチャットですが、スマートフォンの普及やLINE(ライン)の登場により、広く一般の人にも知られるようになってきました。ただ、多くの人がチャットできるようになった反面、対面でのコミュニケーションが減っているところもあります。

リアルタイム性

チャットの特徴は、リアルタイム性です。これがメールとの違いでしょう。さらにメールのように、いちいち開くといった作業が簡略されるため、メッセージのやりとりも自然と早くなります。リアルでの会話のように、質問したらタイムラグなく返事が返ってくるといった点が、オンライン上でも実現しつつあるわけですね。

スタンプ

さらに今までは文字主流の会話がほとんどだったチャットですが、LINEの登場によるスタンプでの会話もなされるようになってきました。スタンプによって、現在の表情や気持ちを即座に表現できるため、文字で自分の気持ちを伝えるといった作業も簡略化される傾向にあります。

グループチャットとは?

プライベート用グループチャット

グループチャットをイメージする際に、わかりやすい事例として挙げられるのがLINE(ライン)です。今や若い方では知らない人はいないであろうLINE。

かつてオンライン上であれば、キャリアメールなどメールでのやり取りが主流でしたが、それも取って代わられ今やLINEでやり取りする人が大半ではないでしょうか。

そんなLINEには一対一でのメッセージのやり取りだけでなく、グループトークと言ってチャットのような働きをする機能があります。グループトークという名称ですが、これが一般的に言われているグループチャットと考えていいでしょう。

ただLINEのグループトークは、仕事で使用するというよりもプライベートで使用するといった側面が強いです。仲のいい人どうしでグループを組んで、その中でチャットをする、もしくは飲み会などイベントごとで情報を共有したいときに使用することが多いようです。LINEのグループトークは、完全にクローズドです。ネット掲示板のように、気軽に入会したり閲覧したりできるものではなく、グループに招待された人しかトーク内容を閲覧できないようになっています。自らグループの中には入れず、招待された人しか入れません。

そしてグループトークを使って、少数から大人数まで、リアルタイムのトークができます。一人が投稿したメッセージは、そのグループ内のメンバーであれば全員が閲覧できる仕組みです。

LINE以外にも、個人向けグループチャットにはFacebook messengerやSkype、Discordなどがあります。

ビジネス用グループチャット

一方、仕事でグループチャットを使う機会も増えており、チャットワークやサイボウズLIVEなどは、ビジネスに特化したグループチャットアプリと言えます。仕組み自体は、LINEのグループトークと同じで、招待されたメンバーしか内容を閲覧できないようになっています。

仕事用とプライベート用のグループチャットの違いは、非言語のコミュニケーション手段があるかどうかが挙げられます。LINEであればスタンプでのやり取りが可能ですが、チャットワークなどはスタンプ機能はなく言語でのやり取りが基本です。

プライベートでのやり取りは、気持ちや感情を伝えることもありますが、仕事上でのやり取りでは基本的に情報を伝えるもしくは共有することがメインです。この点が、プライベート用か仕事用かの境目でしょう。

グループチャットができるビジネスチャットおすすめ3選

グループチャットにはさまざまな種類のものがありますが、編集部がおすすめするビジネスチャットについて3つに絞って紹介します。

※記載料金は有料プラン(年間契約を含む)を参照しています

Chatwork(チャットワーク)

画面サンプル
価格に関する情報

月額:500円~/1ユーザー
無料プラン:利用可能
無料トライアル:利用可能
推奨社員数:5人~5000人

※最低契約アカウント数:5ユーザー

Chatwork(チャットワーク)は、累計で20万社以上導入実績があるビジネスチャットツールです。チャット機能に加えてファイル共有・Web会議の機能もついているので、さまざまなシーンで利用できます。

SlackChatworkの2サービスを次の記事で比較しているので、迷われている方などはぜひご参照ください。

WowTalk for ビジネスプラス

画面サンプル
価格に関する情報

月額:300円/ユーザー
無料プラン:利用不可
無料トライアル:2週間
推奨社員数:30人~

WowTalk for ビジネスプラスは、迅速な情報共有とメッセージの送受信が行えるビジネスチャットです。また、遠隔操作によって管理制限やアクセス制限を細かく設定できるため、セキュリティ面でも安心して利用できます。

ChatLuck

画面サンプル
価格に関する情報

月額:300円/1ユーザー
無料プラン:なし
無料トライアル:30日間
推奨社員数:5人~5,000人

ChatLuckは、ビジネス用のチャットツールです。取引先や外部のスタッフを取り込んで効率的な情報共有を可能にできます。

グループチャットができる社内SNS3選

グループチャットに似たものとして社内SNSというものがあり、ビジネスチャットに比べて情報発信の意味合いが深いです。おすすめの社内SNSについて3つに絞って紹介します。

Talknote

画面サンプル
価格に関する情報

初期費用:お問い合わせ
月額:980円/1ユーザー
無料トライアル:利用可能
推奨社員数:10人~1000人

Talknoteは、コミュニケーション機能とHR機能を備えたSNSです。通常のビジネスチャットの機能に加えて、Talknote独自のAIの働きによって社員一人ひとりの能力を可視化できます。

InCircle

画面サンプル
価格に関する情報

月額:180円~/1ユーザー
無料プラン:利用不可
無料トライアル:30日間
推奨社員数:-

InCircle(インサークル)は、セキュリティ面に強みを持ったITスキルがあまりない人でも、シンプルな操作で使いやすいビジネスチャットです。

direct

画面サンプル
価格に関する情報

月額:6,000円
無料プラン:利用不可
無料トライアル:30日間
推奨社員数:10人~

dierctは、ビジネスを10倍加速させる企業向けメッセンジャーです。個人間のチャットからグループチャット、ボイスメッセージや位置情報の送信も可能です。また、グループトークでは、既読者・未読者がひと目でわかるので、未読者へのフォローを迅速に行えます。

Typetalk

Typetalkは、ヌーラボ社が運営するチームディスカッションツールです。特徴としては、「ハッシュタグ機能」で見逃しがちな話題をタグで検索できることです。

またアカウント1つで、同社運営のbacklog(プロジェクト管理ツール)・Cacoo(オンラインドローツール)のサービスへログインできます。管理者によるメンバー管理工数も削減され、業務を円滑に進められます。

グループチャットをさらに知りたい方に

グループチャットは大勢に情報や伝えたいことを共有する際、大変便利です。プライベートではもちろんですが、仕事上でもプロジェクト単位でまとまった人数により動く機会が多いため、その際の情報伝達手段として重宝するでしょう。

ただし、グループ上で情報を共有するため、当事者意識が薄れるといったデメリットもあります。そこで特定の人にメッセージを伝えたい場合は、ダイレクトチャットを利用するなど、使い分ける必要があります。

次の記事では社内でのコミュニケーションに最適な社内SNSツールを比較、紹介しているのでぜひご覧ください!

さらに、次の記事では社内コミュニケーションツールの二大サービスであるチャットワークとSlackの徹底比較を紹介しているので興味があればそちらもどうぞ!

注目のチャットツール、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめチャットツールをまとめてチェック!

チャットツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。効率的な情報共有、タスク管理、リモートワークなどさまざまな目的で導入されるチャットツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
ビジネスチャット
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
ビジネスチャットの最近更新された記事