内定辞退を採用管理システムで防止、新卒採用で対策すべきポイント

最終更新日:
採用難が続くなか、内定辞退率を下げるにはツールの活用も有効です。企業にとってはたくさんのコストをかけて採用した人材が辞退するのは打撃ですよね。内定辞退を防止するための対策やポイント、学生の内定辞退防止につながるツールとしておすすめの採用管理システムを紹介します。
人事採用管理システム

リクルートキャリアが発表した「就職プロセス調査(2019年卒)」によると、卒業時点での内定辞退率は67.8%。2017年卒の64.1%、2018年卒の65.0%と比べると増加しています。

またマイナビが約3,000社を対象に実施した調査では、2019年卒の内定辞退率が3割以上という企業は56.0%。2018年卒の55.6%をやや上回りました。とくに上場企業が60.1%と多く、同2018年卒の51.1%と比べて10ポイント近く増えており、大手であっても採用が難しくなってきていることが伺えます。

内定辞退を防止する手段の一つにツールの導入が挙げられます。本記事では、内定辞退を防止するために新卒採用で対策すべきポイントとともに、内定辞退防止に役立つ新卒向けのおすすめ採用管理システムを紹介します。

なぜ学生は内定辞退してしまう?

一体なぜ学生が内定辞退をしてしまうと思いますか?

学生が内定を辞退する理由を知ることで、内定辞退を少なからず防止する策を練ることができます。本記事では、2つの時期に分けて学生が内定を辞退してしまう理由を紹介します。

内定式前の内定辞退とは

内定式前の内定辞退の理由を箇条書きでいくつか紹介します。

  • 会社を詳しく調べ、実態を知った
  • 会社の悪い噂を聞いた
  • 他社で内定が出た
  • 複数の企業の内定をキープしていた
  • 大学院に進学
  • 公務員試験に合格

以上のように、内定が出たことでその会社について詳しく調べ、知り合いに実態を聞くというケースは少なくありません。また、結果が出るのが遅めの大学院や公務員試験を並行して進めている人にとっては、内定式前の辞退になりやすい傾向があります。

内定式後の内定辞退とは

内定式後の内定辞退の理由を箇条書きでいくつか紹介します。 

  • 求人情報と実際の条件に相違があった
  • 内定後のフォローに対する不信感
  • 内定式や内定者懇親会で社員や同期と合わなかった
  • 内定者インターンなどで仕事内容にギャップを感じた
  • 内定者課題のレベルが高く、やっていけるか不安になった
  • 公務員を諦めきれなかった

以上のように内定式後の場合には、実際に交流した同期や社員に対して合わないと感じたり、内定者へのフォローの悪さが理由であったりする場合が多いようです。また、内定者後のインターンや課題内容に違和感を覚えて辞退する人もいます。

内定辞退を防ぐために人事はどうすべきか

内定辞退を減らすためには、情報開示、コミュニケーション、スピードの3つのポイントを意識しましょう。それぞれ具体的に解説します。

わかりやすく正確な情報開示を

求人の内容と内定後に説明された仕事内容に相違があれば、学生側は何が本当かわからず不安になり、内定辞退につながります。そのため、わかりやすく正確な情報開示をすることが効果的であり、情報に相違がないことで、企業への信頼感が損なわれることを防ぐことができます。

内定者とのコミュニケーションを増やす

内定後のフォローが悪かったり、内定式で社員と合わないと感じたりする際には、ここで働くイメージが悪くなり、内定辞退を招いてしまいます。

そのため、辞退を防ぐためには内定者とのコミュニケーションを増やすことが効果的です。入社までの期間もこまめに連絡を取り、懇親会などでの社員との交流をすることで、学生に「この人たちと一緒に働きたい」と思ってもらうことがポイントです。

選考を明確かつスピーディーに

選考のスピードが遅ければ遅いほど、企業側が吟味していると感じ、不安になったり、キープになったりする確率が高まります。そのため、選考の期日を明確化し、内定連絡を速やかに行うことが効果的です。採用後のミスマッチを防ぐための母集団形成や、採用ブランディングとともに、フローも見直すとよいでしょう。

採用管理システムが効果的

コミュニケーションやスピードの課題は、採用管理システム導入による解決がおすすめです。

採用管理システムの利用をおすすめできる理由の一つに、コミュニケーションコストの削減が挙げられます。例えば、新卒採用向けでは、LINEと連携した採用管理システムが増えています。LINEは学生が普段使うツールなので、電話に出てくれない、メールだとスルーされる、といった課題を解消できるほか、企業アカウント(LINE@)を利用した積極的な情報発信も実現できます。

LINEで採用管理効率化!連携可能なおすすめシステム比較【新卒・学生】 | ボクシルマガジン
新卒採用を中心にLINEの活用が進んでいます。採用管理システムもLINEと連携可能なサービスが増えており、応募者...

さらに採用システムでは、応募者情報を一元管理し、選考ステータスに応じた自動メッセージ送信機能などを利用できます。コア業務以外の行程を効率化できるためスピーディーな選考に結びつくのです。

内定辞退防止に役立つ採用管理システム

新卒採用の場合は、特定の時期に多くの学生に対応しなくてはならないため、より的確な管理が必要。さらに、学生との接点を増やしたり、LINEなどを活用しながら学生にあわせたコミュニケーションを取ったりといった工夫も求められます。

コミュニケーション関連機能が充実したツールの多くは内定者フォローにも長けています。さらに、選考のスピードアップにも寄与。内定辞退を防ぐ手段としておすすめの新卒向け採用管理システムを紹介します。

Catch bowl

Catch bowl

特徴 | LINEを活用した応募者に合わせたシステム

  • 3,000社以上の採用コンサル実績を持つ企業がサポート
  • 辞退理由のアンケート機能で課題抽出や改善につながる
  • 自社開発の採用サイト作成ツールと連携し応募者管理がスムーズ

Catch bowlは、コミュニケーションロスによる内定辞退防止をうたう採用管理システム。応募を辞退した学生に辞退理由のアンケートを取ることで採用活動の課題を明確化し、改善計画の立案につなげられます。

機能

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化
- -

価格

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円〜 50,000円〜 14日間

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Catch bowlの資料を無料DL

>>Catch bowlの価格・評判・口コミはこちら

エアリーフレッシャーズクラウド

エアリーフレッシャーズクラウド

特徴 | 「エンゲージメントを高める新卒採用」を実現

  • 内定者フォローと新入社員研修に特化したシステム
  • 内定辞退予備軍の発見機能
  • グループワーク・イベント管理機能

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円〜 150,000円〜 有り

>>エアリーフレッシャーズクラウドの価格・評判・口コミはこちら

採用一括かんりくん

採用一括かんりくん

特徴 | 学生とのやり取りに必須のLINEを簡単・便利に

  • 応募者をまとめて管理
  • LINE@アカウントを利用可能
  • 機能が充実していながら低価格

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
都度お問い合わせ 都度お問い合わせ 有り

>>採用一括かんりくんの価格・評判・口コミはこちら

TARGET

TARGET

特徴 | 面接と選考以外の採用業務をすべて丸投げ

  • すべての採用メディアや採用ツールに対応可能
  • 求人情報の変更/更新は何回でもOK
  • 専属の採用マーケターと定例ミーティングを実施

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 100,000円〜 有り

>>TARGETの価格・評判・口コミはこちら

LePMOS(レプモス)

LePMOS(レプモス)

  • 動画とデータで学生との出会いを仕組み化するサービス
  • 説明会動画の視聴率・回数を応募者ごとに管理し、志望度を測れる
  • 採用計画(期間)に応じた料金プラン

LePMOSは「今までの「ニホン式就活」を少しだけ賢くするツール」というコンセプトのもと、動画とデータで学生との出会いを仕組み化しているサービスです。エントリーしている学生の中から、志望度の高い学生を探しだす指標として、説明会の動画を用いています。動画をどれだけ見ているのか、何回見ているのかなどのデータをエントリー者ごとに管理し、そのデータを用いて学生の志望度を測ることで、より効率的な採用活動を行えます。採用活動をどのくらいの期間行うかによって料金が変わるプランが用意されています。

ACCESS ON LINE - マイナビ

ACCESS ON LINE(アクセスオンライン)

  • ナビサイト登録データやイベント出席者リストまで一元管理可能
  • 新卒向け就活ナビサイトのマイナビとのシームレス連携
  • 内定者の管理・教育も可能

ACCESS ON LINE(アクセスオンライン)は、マイナビが提供している採用管理システムです。ナビサイトの登録データや、マイナビイベントへの参加状況などさまざまなデータを一元管理可能です。またマイナビとの連携が強みで、マイナビのID・パスワードを引き継いだ学生マイページを作れるので、マイページ作成において学生の応募機会損失を防げます。内定者向けにページを作ったり、eラーニングを利用してビジネスマナーや語学、資格取得支援などさまざまなプログラムを学生に提供したりできます。

e2R(イーツーアール)

e2R(イーツーアール)

  • 学生に採用・応募管理に特化している
  • 大手金融機関や官公庁も利用しておりセキュリティ対策に強みがある
  • 大学・選考などピンポイントな属性にマッチした情報提供

e2R(イーツーアール)は、学生の採用・応募管理に特化したサービスです。大手金融機関や官公庁で利用されてきており、セキュリティの対策には強みを持っています。近年ではセキュリティは非常に注目されていますし、安心して利用できます。

また学生によって大学・専攻・イベント参加状況など、さまざまな属性を持っています。そのさまざまな属性を持つ学生にマッチした情報を提供することもできます。またホームページやマイページの作成・公開も行えます。

Smart Shuttle(スマートシャトル)

Smart Shuttle(スマートシャトル)新卒採用管理システム

  • 大卒者採用に特化した応募者管理ツール
  • 自社採用サイトに専用応募フォームを設置
  • 複数のナビサイトの応募者を同時に管理することも可能

Smart Shuttle(スマートシャトル)Type-C 新卒採用管理システムは大卒者採用に特化した応募者管理ツールで、自社サイトに採用コンテンツをアップし、専用エントリーフォームから直接エントリーを可能にします。またエントリーから説明会、選考、内定管理までの一連の応募者管理が可能です。他の求人サイトやナビサイトからの応募者も同時に統合管理可能です。

ReBOT

ReBOT

  • 新卒採用の付帯業務を自動化
  • 学生とのコミュニケーションを厚くし見極め時間を増やす

ReBOTは、新卒採用業務の一部をロボットに代替させ、非コア業務を自動化するツールです。各求人媒体から最新の応募者データを取り込んだり、書類選考エントリー者のスクリーニング作業を自動化したり、説明会やセミナーなどのイベント設定を自動化したりといった付帯業務を自動化し、採用担当者が面接などのコア業務に専念できる体制づくりをサポートします。

ツールを活用し内定辞退防止へ

内定辞退をゼロにするということは、相手側の問題であるケースも少なくないため、仕方がないこともあります。しかし、企業側の問題による内定辞退は、採用管理がきちんと行われていれば、ある程度防止できます。そのため、ぜひこれを機会に採用管理システムを有効活用し、内定辞退の防止に努めましょう。

以下のボタンから、今回紹介しきれなかったものも含む、採用管理システムの資料を無料で一括ダウンロードできます。ぜひご利用ください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
採用管理システムの資料を無料一括DL

新卒以外の採用にも課題を持っている方は、より多くの採用管理システムをまとめて比較した次の記事をご確認ください。

採用管理システムおすすめ46選徹底比較 - 価格・機能まとめ【2019年版】 | ボクシルマガジン
おすすめの採用管理システム(ATS)は、新卒、中途・リファラル(社員紹介)、アルバイト・パートなど、目的によって異...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

採用管理システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ビズリーチ、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社、Sansan株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事