Article square balloon green
2018-05-30

知らないと損!ビジネス用ドロップボックスアカウントのメリットをまとめてみた【導入検討中の方へ】

オンラインストレージの代表的存在であるドロップボックスはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットとも同期できます。ここでは知らないと損をするビジネス用のドロップボックスのメリットを徹底解説します。※初回公開日:2015/10/16
社内コミュニケーションオンラインストレージ
Large

本記事で紹介しているDropbox以外で、紹介しきれなかったオンラインストレージの機能・価格をもっと詳しく比較したい方はこちらからご覧になれます。ぜひツール選定の参考にしてみてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
オンラインストレージの資料を無料DL

ドロップボックスビジネス版導入業務効率化を!

オンラインストレージの代表的存在であるドロップボックス。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットとも同期でき、無料でのかなりの容量を活用できるため、プライベートで利用している人も少なくないのではないでしょうか。

無料で使うだけでも便利ですが、ドロップボックスには、個人用の有料アカウントと法人用の有料アカウントがあり、この法人用の有料アカウント(ビジネスアカウント)がかなり業務効率化に有効なのです。

ビジネス向けドロップボックスの魅力・メリットについて簡単にご紹介します。導入費用はかかりますが、投資の価値が有るかもしれません。

また、本記事の2ページ目に番外編でレンタルサーバーやオンラインストレージに関するボクシルの記事をまとめて紹介しているのでこちらも参考にしてみてください!比較表も掲載しているのでぜひご覧ください。

ドロップボックスビジネス版の費用は?

ドロップボックスは1ユーザー1月1,500円。ユーザー数5名からの申込みです。最初から5人に割り当てる必要はないので、少人数で使い始め、後で追加していくことも出来ます。

ビジネスアカウントは、容量無制限!最初に付与されるのは1ユーザーあたり1TBですが、その後も必要に応じて追加できるので、動画など容量の大きいファイルが多い場合でも安心です!

また、ボリュームディスカウントもあるようですので、大規模な組織で導入する場合は、一度ドロップボックスのセールスチームに確認してしてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Dropbox Businessの資料を無料DL

ちなみに、ドロップボックスの使い方については、以下の記事でも解説しています。合わせてご覧ください。

Dropboxのメリットデメリットからパソコン上で使う方法まで! | ボクシルマガジン
いまやビジネスに欠かせないツールであるオンラインストレージ。その中でも、一番有名とも言えるのが「ドロップボックス」...

ドロップボックスビジネス版のココが凄い!

ファイルの共有が簡単

メールなどで大きいファイルを送るのは、送受信どちらも大変ですよね。ドロップボックスなら、アップロードリンクを送るだけで、ファイル形式やサイズで悩むこと無く共有することが出来ます。

誰とでもファイルを共有し、共同作業を行うことが出来ますし、ビジネスアカウントか個人用アカウントのいずれかを持っていれば、共有フォルダに招待してそのファイルに常にアクセスすることが出来ます

バックアップ機能も充実、もしもの場合も安心

ドロップボックスに保存されたファイルは、自動的にクラウド上に保存されます。パソコン本体が壊れてしまっても、データは無事。すぐに作業を再開することが出来ます。

また、ビジネス向けドロップボックスは、無制限で削除済みファイルの復元が可能です。間違ってファイルを削除してしまったり、上書きしてしまった場合も、数クリックで復元することが出来ます!

これまでなら、間違って消したり上書きしてしまったファイルは、諦めるか、かなりの時間と労力をかけて復活させるしかありませんでしたよね。しかし、このサービスを使えば安心です。

個人用アカウント・ビジネスアカウントを統合できる

会社でビジネスアカウントを利用しようと思っても、個人で利用している社員が多い場合、「アカウントの混同がおき、トラブルになるかも」と心配する人もいるかもしれません。

しかし、複数アカウントを持っている場合も大丈夫。個人用と、ビジネス用のアカウントをリンクする事ができます。デスクトップでも、その他のデバイスでも、簡単に切り替えることが出来ます。

ビジネス用ドロップボックスアカウントを活用しよう

ドロップボックスは、個人利用も便利ですが、ビジネスアカウントとして複数人で利用するとそのメリットを最大限活用することが出来ます。社内で業務効率化を考えているなら、ぜひ提案してみてください。個人アカウントは無料ですし、ビジネスアカウントも無料で体験することが出来ます。悩んでいるなら、まず試してみてください。損はないと思います。

また、次ページではDropboxを含む業務効率化を加速させるツールの裏ワザ・活用事例を集めた記事と、番外編としてこの記事で紹介しきれなかったその他のストレージにまつわる内容や、ストレージに関連してレンタルサーバーやオンラインストレージについての記事を12個まとめて掲載しています。

「まだまだストレージについて知りたい」
「ストレージに関するサービスを見てみたい」

と、思った方はぜひ参考にしてみてください!

注目のオンラインストレージ、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめオンラインストレージをまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

オンラインストレージの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。場所を問わないデータ共有やデータの一元管理、セキュリティなどさまざまな目的で導入されるオンラインストレージの比較にお役立てください。サービス比較はこちら


Article whitepaper bgS3 0
オンラインストレージ
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
日本ワムネット株式会社、ソフトバンク株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事で紹介されたサービス
この記事とあわせて読まれている記事