コピー完了

記事TOP

Slack vs Microsoft Teams比較 | 注目ビジネスチャットツールの機能・価格比較表

最終更新日時:
記事の情報は2021-07-12時点のものです。
SlackとMicrosoft Teamsは、どちらも優秀なビジネスチャットツールです。しかし、「同じようなサービス」という言い方では語れない特徴やメリットの違いがあります。そこで、両者の機能や価格を徹底的に比較しそれぞれの特徴の違いまでを解説します。

ビジネスチャット導入が進んでいる背景

LINEをはじめとしたチャットツールは、気軽にコミュニケーションを取れる便利なツールとして広く普及しています。ビジネスシーンでも、リアルタイムなコミュニケーションが必要とされるため、チャットツールを導入する企業が増えています。

チャットツールをビジネス向けに改良し、セキュリティやタスク管理などの機能を備えているのがビジネスチャットツールです。

ビジネスチャットツールは、メールや電話に比べて連絡と意思決定がスピーディーなこと、グループごとに情報を共有しやすいこと、ノウハウの蓄積に役立つことなどが特徴です。また、リモートワークやテレワークなど働き方改革につながる情報共有ツールとしても注目されています。

今回はそうしたチャットツールのなかでも、世界で8.5万社以上が有料プランを導入している「Slack」(2019年2月時点)と、50万企業以上で利用されているOffice 365付随のサービス「Microsoft Teams」(2019年3月時点)とを比較しながら紹介していきます。

Microsoft TeamsとLINE WORKSの選び方
カスタマイズ性や連携など機能性を重視するなら「Slack」がおすすめ
豊富なアプリやOfficeと連携するなら「Microsoft Teams」がおすすめ

>>SlackとMicrosoft Teams以外のチャットツールを比較したい方はこちら
>>Slackとチャットワークを比較したい方はこちら

SlackとMicrosoft Teamsの基本情報

種類としては同じチャットツールをリリースする両者ですが、ツールへの考え方は異なっています。それぞれの概要とともに、両者を簡単に比較してみましょう。

Slackとは

会社名:Slack創業:2013年
本拠地:アメリカ(サンフランシスコ)

Slackは、アメリカサンフランシスコに拠点を置くSlack Technologies, Incが提供しているチャットツールです。2014年のサービスローンチ以降、100か国以上の企業で活用され、週間アクティブユーザー900万人という急成長を遂げています。

創業者は写真共有サービスであるflickr(フリッカー)を創業したButterfield氏です。Slackは後発・新興にも関わらず、使いやすいインターフェースや遊び心の効いた仕様、多様なツールとの連携により、エンジニアを中心に人気があります。今では、SaaSを代表するサービスとなっています。

2017年11月17日には日本語版もローンチされ、国内でも利用企業が増加しています。

Slackの使い方や事例も知りたい方は、次の解説記事をご覧ください。

Slackの使い方 - 設定 | 名前変更やチャンネル作成、メッセージ編集
Slackの使い方を初心者向けに解説します。氏名や表示名の変更やチャンネルの作成など、一からはじめる方でもわかるよ...
詳細を見る

Microsoft Teamsとは

会社名:マイクロソフト コーポレーション法人設立:1981年6月25日(創業1975年)
本拠地:アメリカ(ワシントン州)

マイクロソフトコーポレーションは、世界でもっとも利用されているOS「Windows」の開発を行っているほか、古くからMicrosoft Officeなどのビジネスアプリケーションもリリースしています。近年ではAzureやSkypeとなどのクラウドプラットフォームにも注力しつつ、Office 365による統合的なビジネスソリューション戦略を展開しています。

Microsoft Teams」は、その戦略を一歩推し進めました。ビジネスコミュニケーションをさらに円滑にするチャットツールとして、2016年11月よりサービスを開始しました。

Skype for Business Onlineを統合した、Microsoft Teamsの豊富なコミュニケーション機能は、すべての法人向けOffice 365ユーザーに無償提供されるほか、 サブスクリプション(定期期間の利用権利を購入する料金形態)での利用も可能です。

SlackとMicrosoft Teamsの比較・違い

SlackとMicrosoft Teamsは、どちらも連携機能に強みがあります。Slackは、コミュニケーションツールに特化しつつ、数多くのアプリと連携して多様な使い方ができます。一方で、Microsoft Teamsも多様なアプリ連携が可能でありながら、Office 365のサービスとも連携でき、Office製品を使う企業と相性が良いのが特徴です。

SlackとMicrosoft Teamsの機能や料金の違いは次のとおりです。

SlackとMicrosoft Teams 機能比較表

タスク機能は、連携すればSlackでも実現できます。しかし、Microsoft Teamsになら始めから搭載されているので、簡単に利用開始できます。

Microsoft Teams Slack
タスク機能
社外コミュニケーション ×
メール連携
ファイル添付
既読・未読 × ×
検索
メンション

SlackとMicrosoft Teamsの連携サービスについて紹介します。

Slackの連携サービス

Slackの連携サービス

Slackは、プロジェクト管理ツールの「Asana」やオンラインストレージの「Dropbox」などと連携できます。

また、上記以外にもWeb会議システムの「Zoom」や勤怠管理システムの「ジョブカン勤怠管理」など、2,200を超える外部サービス・アプリと連携が可能です。

Microsoft Teamsの連携サービス

Microsoft Teamsの連携サービス

Microsoft Teamsは、プロジェクト管理ツールの「Asana」や電子契約システムの「Adobe Sign」などと連携できます。

SlackとMicrosoft Teams価格比較表

Microsoft Teamsは、540円〜でOneDriveやSkype、Office365の基本機能も併用できます。それに対してSlackは多彩な連携機能を備えており、その連携アプリ数は300種以上を超えているためビジネスチャットだけにとどまらない活用が可能です。そのため、どちらもコストパフォーマンスに優れたツールだといえます。

また、無料トライアルや無料プランを利用することで、どちらが便利か検証していくのも良いでしょう。

Microsoft Teams Slack
サービス内容 ビジネスチャット他、オンラインストレージや通話機能つき ビジネスチャット、300種以上のアプリ連携
初期費用 - -
利用料 - -
月額/ユーザー 540円〜(年間契約時) 850円/ユーザー(スタンダード)
無料トライアル ×
無料プラン ×

SlackとMicrosoft Teamsの詳しい特徴

SlackとMicrosoft Teamsの共通点を含め、もう少し両者の違いを掘り下げてみましょう。

SlackとMicrosoft Teamsに共通する特徴

SlackとMicrosoft Teamsに共通している特徴を挙げると、次のようになります。

  • メール連携
  • ファイル添付
  • 検索
  • メンション

ファイル添付に関しては、Microsoft TeamsでSharePointやOneDriveの大容量ワークスペースが活用できるのが魅力です。他方、Slackならスタンダードプランで、ユーザーごとに10GB以上のワークスペースが利用できます。(無料プランはチームで5GB)

Slack - Slack Japan 株式会社

Slack
BOXIL SaaS AWARD 2021 Autumn コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Slackは、元々、オンラインゲーム開発時に使うコミュニケーションツールとして作ったものでした。それもあって、エンジニアの多いIT系の企業やスタートアップでは特に人気があります。

アプリでの利用が一般的ですが、ブラウザでの利用も可能です。これにより多くの場所でSlackを確認できます。また、ファイル共有の簡単にできたり、独自の絵文字を作成できたりします。

オリジナルのカスタマイズが豊富

独自の絵文字作成も可能ですが、SlackではオープンAPIを利用することで、独自のbotを開発、カスタマイズするのも可能です。

連携アプリの数は280以上。「Trello」や「@MUST-READ」との連携により、Slackだけでは不可能な「タスク管理」も行えます。

エンジニアライクなこと

IT企業やスタートアップで活用されやすいSlackでは、snippetという「プログラミング言語を投稿できる」機能があります。使いやすいシンプルなインターフェースを備えながら、エンジニア間のコミュニケーションも円滑にできるという特徴を備えています。

こうしたエンジニアライクな特徴はファイル共有の容易さにも表れています。また、Slack内でファイル共有するときは、サムネイル表示されます。

さらにSlackについて知りたい方は、下から資料をDLするとより深く調べられます。ぜひご利用ください。

Microsoft Teams

Microsoft Teams
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Microsoft Teamsは、Office 365を利用する企業が、チームワークを向上できるように開発されました。

月額540円からのBusiness Essentialsから利用可能です。Business、Business Puremiumであればデスクトップ版のOfficeも付属され、ローカル環境でも利用できます。これらはMicrosoftのサイトにて購入できます。

Windows PCもしくはMacの5デバイス、スマートフォンの5デバイス、タブレットの5デバイス、1ライセンスで計15台までのデバイスにインストールできます。

Office 365のアカウントで利用可能

デスクトップ版のOffice 365が付属しない、クラウド版のBusiness Essentialsでも「クラウド版Officeが利用」できます。つまり、法人向けのOffice 365を活用している企業は、無料でTeamsを使えます。

プランによっては、Skype for Business Onlineによる「HD画面での大規模会議」や、強固なセキュリティ環境も実現可能です。ただし、家庭版Office 365では「Teams」を利用できません。

タスク管理機能

すでに解説したように、Microsoft Teamsでのタスク管理機能はOutlookやPlanner、Slackでも利用可能なTrelloなどとの連携で実現されています。

しかし、その使い勝手の良さはSlackを上回るでしょう。Microsoft Teamsでは、アプリ内で利用しているような感覚になれるため、メリットは大きいでしょう。

また、Microsoft Teamsにも、ワークスペースを拡張する、開発者用プラットフォームがあります。これにより、独自のボットを組み込んだ業務自動化、200以上のクラウドサービス連携などが可能です。

さらに詳しく知りたい方は下のリンクから、公式サイトへ飛べます。

SlackとMicrosoft Teamsの使い分け

どちらも多機能で利用者の多いSlackとMicrosoft Teamsですが、どちらをどのように使うべきでしょうか。

多人数のビデオ会議利用が多いなら、Microsoft Teams

多人数でのビデオ会議が多いなら、Microsoft Teamsがおすすめです。Slackは最大15人ですが、Microsoft Teamsの場合は250人まで参加可能です。大企業などで多人数でのビデオ会議開催の機会が多いなら、Microsoft Teamsをメインにしておくとよいでしょう。

テキストコミュニケーション重視なら、Slack

文字ベースのコミュニケーションを使うことが多いなら、Slackがおすすめです。Slackはカスタム絵文字をはじめとして、遊び心のあるコミュニケーションツールが揃っています。

とくにテレワークメインの業務なら、ちょっとした絵文字でのコミュニケーションも社員同士の交流につながります。社内SNSとして利用するのもおすすめですよ。

SlackとMicrosoft Teamsの評判・口コミを比較

SlackとMicrosoft Teamsの評判・口コミをそれぞれ紹介します。

Slackの評判・口コミ

ボクシルでの評判
5/5
・他のSaaSツールとの連携ができるところが便利。 例)ジョブカン・マネーフォワードクラウド経費、など ・アンケート機能もありアンケート取りたい時活用できる ・スレッド機能がありなおかつチャンネルにも投稿できるので必要なメッセージがそこまで流れてしまわない
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/30
利用アカウント数 : 101件〜200件
業界 : IT/通信/インターネット系
5/5
まずUIが非常に良いと感じます。初めて利用したときも非常にわかりやすく使いやすいチャットツールだと感じました。 またスタンプ機能などが豊富で、オリジナルのスタンプなども作ることができるので遊び心を持って使うこともできるのも魅力です。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/28
利用アカウント数 : 501件〜1000件
業界 : IT/通信/インターネット系
4/5
組織内の情報伝達システムにおいて、これほど良いものはないが、まだ改善して欲しい点があるため4点とした。具体的にはタスク管理をやりやくする更なる高次の機能が欲しい。また使い方がはじめはわかりにくいので、説明するでもをもっと充実させたりいつでも見返せるようにして欲しい。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/30
利用アカウント数 : 31件〜50件
業界 : マスコミ/広告/デザイン/ゲーム/エンターテイメント系
4/5
ほかのチャットサービスも利用していますが、スレッド機能、投稿へのリアクション機能と、連携できるサービスの多さやカスタマイズの多様性から、もっとも便利なビジネスチャットだと感じています。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/24
利用アカウント数 : 101件〜200件
業界 : IT/通信/インターネット系
3/5
まずは物は試しということで、一度導入を致しました。 チーム間連携における操作のしやすさはSaas内でのトップクラスかと思いました。 ただやはり、TeamsやZoomに比べるとまだ導入している社外の方が少ない様に感じるので、導入を一度しましたが取りやめました。、
投稿者プロフィール
利用状況 : 現在は利用していない
投稿日 : 2020/11/26
利用アカウント数 : 1件
業界 : 不動産/建設/設備系

Microsoft Teamsの評判・口コミ

ボクシルでの評判
5/5
ビジネスチャットもビデオ会議システム機能も備わっているので、リモートワークの際に便利です。 特にコロナ禍で、クライアントとの対面での会議ができなくても、Microsoft Teamsはストレスなく会議することができました。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/30
利用アカウント数 : 1件
業界 : IT/通信/インターネット系
5/5
office365との親和性が良いのはもちろんのこと、使いやすいUIです。コロナ禍で、ソーシャルディスタンスや、移動制限がかかるなか、取締役会などの開催時に大変役に立ちました。会議にも使えるし、外部の方も会議に招待できるし大変便利です。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/28
利用アカウント数 : 51件〜100件
業界 : メーカー/製造系
4/5
WEB会議の際には基本zoomを使用しておりますが、お客様によっては「Teamsで!!」という方が多くいらっしゃいます。Outlookとの相性がいいことからも、スケジュール共有において非常に便利です。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/28
利用アカウント数 : 1件
業界 : IT/通信/インターネット系
4/5
社内のデスクトップPCはWINDOWSなので、クライアントとOUTLOOKを使用してメールでやり取りをしている中メールから連動させてWEB商談の日程を予定することができる。いちいちカレンダーを立ち上げる必要がなくなった。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/24
利用アカウント数 : 1件
業界 : コンサルティング・専門サービス
3/5
他社ユーザーともファイル共有をフォルダでできることはとても便利であるが、いくつか不便な点あり。•複数ダウンロードした際に、エクスプローラ経由でないと、正しく解凍できない。 •ファイルの移動を行いたい際、移動対象を複数指定できない。 •一度ダウンロードしないと、ファイルの修正がしにくい。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/21
利用アカウント数 : 1件
業界 : IT/通信/インターネット系

ITライクなSlack、ビジネスライクなMicrosoft Teams

どちらもビジネスチャットの基本機能を兼ね備えながら、多数アプリとの連携が可能です。さらに、柔軟なカスタマイズや独自のアプリ開発もできるので、ビジネスコミュニケーションの中核として活用できるでしょう。

ITリテラシーの高いスタートアップやエンジニアに絶大な人気を誇るのがSlack。一般的なビジネスアプリとして、またOffice 365の連携アプリとして、幅広い企業に活用されそうなのがMicrosoft Teamsです。場合によっては使い分けてみるのもおすすめです。

無料プランやトライアルで試して、自社で実現したいコミュニケーションに即したビジネスチャットツールを導入しましょう。

Microsoft TeamsとLINE WORKSの選び方
カスタマイズ性や連携など機能性を重視するなら「Slack」がおすすめ
豊富なアプリやOfficeと連携するなら「Microsoft Teams」がおすすめ

次の記事では、Slack、Microsoft Teamsも含む20以上のチャットツールを紹介しています。

>>【社内用】グループチャット・ビジネスチャットツール比較はこちら

SlackとMicrosoft Teams以外のおすすめツール

SlackやMicrosoft Teamsを含む、おすすめのチャットツールをまとめて比較したい方は次の比較表をご覧ください。さらに詳しく比較したい方は、各サービスの料金や機能、特徴がまとまった一括資料請求がおすすめです。

サービス名料金無料プラン満足度連携システム・サービス対応言語音声通話ビデオ通話画面共有ファイルの保存・共有社外関係者の招待タスク管理スタンプ・リアクション機能検索機能オンライン表示メンション機能既読・未読日報安否確認API連携
850
円/月〜
box
Zendesk
GitHub
Skype
Asana
Trello
Eight Team
Google ドライブ
IFTTT
Twitter
RSS
Hubot
Slaask
英語
中国語
韓国語
スペイン語
ドイツ語
フランス語
イタリア語
ポルトガル語
日本語
300
円/月〜
×
Google Workspace
KING OF TIME
英語
中国語
日本語
ほか多数の言語
--
×
box
ジョブカンワークフロー
SmartHR
ジョブカン経費精算
Gmail
Googleカレンダー
Twitter
英語
ベトナム語
タイ語
スペイン語
日本語
ほか多数の言語
--
RECEPTIONIST
KING OF TIME
hachidori assistant
Joboco
SPALO
安否確認
SSO
MDM
ダイレクトコネクト for LINE WORKS
英語
中国語
韓国語
日本語
フランス語
ベトナム語
ノートにて対応可能
--
×
--
--
投稿テンプレートにて対応可能
1,200
円/月〜
×
Salesforce Sales Cloud
Dropbox Business
box
Slack
--
0
円/月〜
Dropbox Business
MotionBoard Cloud
Garoon
kintone
SPIDERPLUS
ConMas i-Reporter
IFRO
DiscoveryBrain
英語
日本語
ノート機能にて対応可能
direct bot RENTALにて導入可能
\ 気になるサービスの特徴を資料でチェック! /
ビジネスチャット選びに迷ったときは!
従業員のITリテラシーが高くなくシンプルな操作性と機能を重視したい
→操作性と機能のバランスが取れた「ChatWork」がおすすめ

エンジニアのこだわりが強く外部アプリの連携やカスタマイズを重視したい
→連携ツールの種類が圧倒的でカスタマイズ性が高い「Slack」がおすすめ

従業員の年齢層が幅広く使いやすさを重視したい
→LINEと同じ操作感で扱えて導入ハードルが低い「LINE WORKS」がおすすめ

大手企業でも利用できて海外とのやりとりを重視したい
→Office365の機能で利用できて対応言語が豊富な「Microsoft Teams」がおすすめ

コストが安く抑えたいけど基本機能と管理機能は重視したい
→主要サービスと比べて料金が安く管理機能が充実した「WowTalk」がおすすめ

建設業で現場での使いやすさを重視したい
→建設業界から圧倒的な支持を誇る「direct」がおすすめ

その他のチャットツールや社内SNS、社内コミュニケーションツールについてはこちらで解説・紹介しています。ぜひご参照ください。

社内SNSおすすめ比較33選!メリット・事例・失敗しないツール導入【無料あり】
社内SNSとは社内でコミュニケーションや情報交換ができる便利なツールです。メールのような面倒な決まり文句を使う必要...
詳細を見る
社内情報共有ツールおすすめ比較 - チャット・Wiki・ファイル共有【無料あり】
社内の人間関係を円滑にし、コミュニケーションを活性化させる社内情報共有・コミュニケーションツール・アプリのおすすめ...
詳細を見る
ビジネスチャットツール比較13選!導入メリットや失敗しない選び方
おすすめビジネスチャットツールの価格や機能、口コミ評判を徹底比較。各サービスの無料プランの有無や特徴、推奨社員規模...
詳細を見る
チャットワークとSlackどちらを採用すべき?2大チャットツールを徹底比較!
ビジネスチャットといえば「チャットワーク」「Slack」が有名ですが、どちらを採用すべき? 機能、価格、特徴を徹底...
詳細を見る

注目のチャットツール、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめチャットツールをまとめてチェック!

チャットツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。効率的な情報共有、タスク管理、リモートワークなどさまざまな目的で導入されるチャットツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

SlackとMicrosoft Teams以外のビジネスチャットツールについてより詳しく知りたい方は、「ビジネスチャット市場のシェアや市場規模」を解説した記事もご覧ください。

ビジネスチャットのシェアと市場規模は?大手企業のチャット導入状況・注目サービス解説
大企業ではビジネスチャットの導入が徐々に増加してきています。そんなビジネスチャットツールですが、社内SNSとの違い...
詳細を見る

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

選び方ガイド
ビジネスチャット
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
ビジネスチャットの最近更新された記事