コピー完了

記事TOP

不動産業界におけるグループウェアの有用性 | 導入のメリットや役立つ機能、おすすめサービス

最終更新日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
不動産業界におすすめのグループウェアを紹介するとともに、グループウェアについての基本的な説明や、代表的な機能も解説していきます。

さまざまな業界でビジネスの規模を問わず導入されるようになってきたグループウェア。その影響は日々大量の顧客情報を扱う不動産業界も例外ではありません。

しかし一方で、グループウェアの活用についてよく検討しないまま導入してしまうケースもみられるようです。そこで、グループウェアとはどういうものか、基本的なところから解説するとともに、特に不動産業界におすすめのシステムを紹介していきます。

グループウェアとは

まず、グループウェアとはどういうものか、その概要から説明します。

グループウェアの概要

グループウェアとは、社内のスタッフ同士が情報共有をしたり、コミュニケーションを円滑に進めたりするために開発されたソフトウェアで、業務効率を向上させるさまざまな機能を備えています。

社内ネットワークを活用してコミュニケーションを行うことで、仕事の効率を上げるためのツールの総称と捉えると良いでしょう。たとえば、メール機能やスケジュール機能、文書管理機能、掲示板など、日々の業務をサポートするための多くの機能があります。

グループウェアの概念自体は1960年代に登場していたと言われ、90年代後半にIBMがLotas Notes4.0をリリースしたことで広まったとされています。

また、以下の記事ではグループウェアの概要について事例を交えて解説しています。こちらもぜひご覧ください。

グループウェア導入の3つのメリット

グループウェアを導入するメリットとしては、主に以下の3つが挙げられるでしょう。

情報共有のためのインフラ構築

グループウェアの導入により、業務情報や社内における知識の効率なデータ化ができるようになります。いわば業務に関する情報インフラを構築でき、従来は紙媒体の書類を探す必要があった情報でもパソコンによる検索で即時に入手できるようになります。

たとえば、グループウェアの代表的機能である掲示板の活用でグループ内に連絡を通達したり、機能マニュアルを配置することでスタッフがいつでも閲覧できるようになったりします。

情報共有・情報活用の効率化

グループウェアを導入する企業が最も活用している機能は、チャットやファイル管理などの情報共有機能であるといわれています。必要データをグループ内で共有して活用したり、メンバー間で進捗状況を管理したりすることによって、相互のコミュニケーション上の無駄を省き、業務効率を向上させることが可能です。

オフィス業務の効率化・削減

スタッフ同士のやりとりの効率化のみならず、必要書類の申請や承認といった仕事の短縮や、会議室などの予約といった業務上必要な雑務を簡略化できます

こういった細かい作業は意外に時間が取られるので、グループウェアによる自動化でオフィス業務の効率化を実現できます。

デメリットはあるか?

導入にあたってデメリットとなる要素はあるのでしょうか?

結論をいえば、導入および運用に若干のコストがかかるのみで、それ以外に起こるデメリットは、ほぼないでしょう。

さまざまな機能があるため、自社環境に合ったものを適切に選び、どの機能を活用するかを吟味して運用することで、ほぼ確実に業務の生産性を向上させられるでしょう。

ただし、自社環境に適さないものを選択してしまうと、逆に運用に手間が掛かる可能性もあるので、システムの選択には注意が必要です。

また、以下の記事ではグループウェア導入のメリット・デメリットについてより詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

グループウェアの一般的な機能紹介

グループウェアの有する一般的な機能を紹介します。以下は代表的なものですが、それ以外にも開発企業によってさまざまな機能が付加されています。

メール

ビジネスでは欠かすことのできないメールのやりとりですが、グループウェアでも独自のアドレスを取得し、メールの送受信を行うことが可能です。

アドレス帳

スタッフやクライアントなど、企業や個人の連絡先を共有できます。スケジュール機能などと連動することで顧客情報を一元管理できるものもあり、継続的な顧客サポートを支援してくれます。

メッセージ(タイムライン)

チーム内のメンバーや他部署のスタッフとメッセージのやり取りができます。Eメールのように一方通行ではなく双方向のコミュニケーションが可能になるため、相手とのやり取りによって得た情報が埋もれるのを避けられます

ToDoリスト

その日にこなさなければならない重要な仕事など、スタッフ一人ひとりのToDoを管理できます。トップページなどにToDoの締切りが表示されるものも多く、重要な仕事を忘れたり、見落としたりするのを防ぐことができます。

ワークフロー管理

経費や稟議に関する申請業務を電子化することで担当者が進捗状況をすぐに確認できます。スマホなどを使って外出先から決済できるものもあり、スムーズな経費精算が可能です。

出退勤管理

スタッフの出退勤の管理も可能です。グループウェアにログインしたタイミングでタイムカードに自動的に打刻できるものが多く、スタッフの打刻忘れを防ぐことができ、出勤時間や残業時間などをしっかりと管理できます。

不動産業界で役立つグループウェアの機能紹介

続いて、特に不動産業界で役立つグループウェアが有する機能について紹介しておきます。

賃貸物件契約管理

不動産業界に特化したグループウェアでは、物件の契約状況を一覧で確認できるものがあります。一般的なグループウェアでも顧客管理アプリを独自にカスタマイズすることによって自社に最適な契約管理アプリを作成でき、物件の絞込みや更新の確認作業などを効率化できます。

物件情報管理

各物件の情報を簡単に確認でき、他の店舗と情報の共有が可能です。こちらも一般的なグループウェアを独自にカスタマイズすることで実装しても良いでしょう。

契約書類作成

契約書などの重要書類の作成や業務データの管理ができ、社内で共有可能です。ファイル数が増えても簡単に検索できるため、目的の情報を素早く見つけられます。

スケジュール管理

物件紹介の日時や会議などの日程調整ができ、チーム内で共有可能です。上述の物件管理と連動させるで、スムーズな顧客対応が可能になるでしょう。

代表的グループウェア6選

グループウェアの代表的機能について説明したところで、最後に不動産業界におすすめの代表的なグループウェアを紹介しておきましょう。

また、本記事で紹介するグループウェアのさらなる詳細や、紹介しきれなかったサービスについては以下から詳細をご覧になれます。

Office 365 with KDDI

  • マイクロソフトのサブスクリプションサービス
  • クラウドタイプのため簡単に導入可能
  • 使い慣れたOffice製品が利用できる

Office 365 with KDDIは、マイクロソフト社の製品(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、OneDriveなど)をクラウド環境で利用できるものです。いわばマイクロソフトの製品ツール郡なので、自社に合った環境で運用するにはある程度のカスタマイズが必要となります。しかし、多くの企業にとってなじみのあるツールばかりなので自在にカスタマイズして活用したいのであれば、グループウェアとして導入するのも有効でしょう。

desknet's NEO(デスクネッツ ネオ) - 株式会社ネオジャパン

desknet's NEO(デスクネッツ ネオ) - 株式会社ネオジャパン 画像出典:desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)公式サイト

  • 国内最大級の導入実績
  • 直感的でわかりやすいインターフェース
  • 先進技術や流行機能を積極実装

desknet’s NEO(デスクネッツ ネオ)は、デスクネッツ・ネオとは国内最大級の導入実績を誇るWEBベースのグループウェアです。直感的でわかりやすいインターフェースと、どんな業界でも活用できる豊富な機能を標準搭載している点が特徴です。ユーザー数も300万人以上ともいわれており、顧客満足度調査においては毎年高い評価を得ています。グループウェアの導入に迷ったらこれを選択しておけば間違いないでしょう。

サイボウズOffice

  • 10年連続国内シェアナンバーワン
  • 日本特有のビジネスニーズを反映
  • 安心のフォロー体制

サイボウズOfficeは、10年連続国内シェアナンバーワンを誇る代表的なグループウェアです。10,000社以上の顧客の要望を反映することにより、不動産業界を含めた多くの業界が本当に必要とする機能を集約しています。導入形態はパッケージ版とクラウド版があり、自社に適したプランを選択できます。

ESいい物件One

  • 不動産業に特化したデータベースシステム
  • すべての情報をクラウド環境で一元管理
  • 業態に左右されずに情報提供が可能

ESいい物件Oneは、不動産業に特化したクラウドで提供するデータベースシステムです。物件情報をはじめ、顧客情報、契約情報など、不動産業者が取り扱う情報を業態に左右されることなく一元管理可能です。賃貸でも売買でも、すべての情報を1つのデータベースに集約するため、店舗間で情報の落差をなくし顧客に対して常に最新の情報を提供できるようになります。

X-point Cloud

  • 直感的な入力フォーム
  • 1ユーザー月額500円から導入可能
  • 外出先でも承認や申請が可能

X-point Cloudは、低価格で導入可能なクラウド型のワークフローシステムです。1ユーザー月額500円から手軽に導入できるため、不動産業のみならず多くの企業が活用しています。紙帳票をイメージした入力フォームで手書き感覚で申請書を作成、使用でき、スマホやタブレットによって外出先からでも申請や承認が可能です。クラウドサービスのため設備投資が不要な点も魅力です。

ひかりクラウド スマートスタディ

  • 情報配信に掛かる負担の軽減
  • 業務の効率化
  • 場所を選ばないワークスタイル促進

ひかりクラウド スマートスタディは、伝達事項の閲覧履歴をチェックできるサービスです。コンテンツを配信しても「見ていなかった」というケースを想定して、送信相手の閲覧履歴を確認できます。これを利用すれば、確認した/確認していないのいざこざは解消できます。

グループウェアを導入して効率的な物件管理を実現

グループウェアについての基本的な情報から、不動産業界におすすめのものまで紹介しました。現在、業界にはさまざまなグループウェアが存在していますが、それぞれの製品の強みやメリット、選定ポイントなどを知っているだけで導入失敗の可能性は下がります。

導入する際には、事前に必要な機能を洗い出しておき、その部分に強みをもつシステムを選択しましょう。

また、以下の記事では本記事で取り上げたグループウェアよりも多くのシステムを比較しています。こちらもぜひご覧ください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

グループウェア
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
資料請求数ランキング
※この記事で紹介したサービスの資料請求数順
グループウェアの最近更新された記事
desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)の使い方 | 最大級の導入実績を誇るグループウェアの特徴と事例紹介
保険代理店向けグループウェア比較おすすめ5選 | 課題と解決策・導入事例
Microsoft 365(旧Office365)とは | 価格・機能・ライセンス・特長まとめ【比較表あり】
kintone(キントーン)とは | 機能・使い方・事例・評判 - サイボウズのグループウェア
G Suite(旧Google Apps)とは?使い方・基本機能・料金・事例 - 対応アプリ一覧
R-GROUPとは | 完全無料で満足できるグループウェア
グループウェアおすすめ比較23選 | 人気ツールの機能と価格・評判口コミ【2020年最新版】
小売業界向けグループウェア14選 | 導入メリット・事例・活用方法
グループウェアの導入メリット・デメリット完全まとめ | 失敗しない
中堅・中小企業向けグループウェアのシェア・市場規模は?注目サービス比較解説
グループウェアのサービスに興味がありますか?
CLOSE
サイボウズOffice
Diamond Portal
Aipo
desknet's NEO
トラッキングジョブ
Confluence
サイボウズOffice: 企業情報未登録、Diamond Portal: 企業情報未登録、Aipo: TOWN株式会社、desknet's NEO: 株式会社ネオジャパン、トラッキングジョブ: 株式会社インターメッセ、Confluence: 企業情報未登録、WaWaoffice for Workspace Organizer: 株式会社アイアットOEC、Garoon: サイボウズ株式会社、NI Collabo 360: 企業情報未登録、GroupSession byCloud: 日本トータルシステム株式会社、kintone: サイボウズ株式会社、NICE営業物語: 企業情報未登録、FieldPlus: 企業情報未登録、営業日報 MarkⅡ: 企業情報未登録、BeWorks: 株式会社BELLSOFT、J-MOTTOグループウェア: リスモン・ビジネス・ポータル株式会社、ecat CLOUD: 株式会社FabricArts、緊急メール連絡板: 株式会社ネットウエルシステム、Zoho Connect: ゾーホージャパン株式会社、ジョブマネLite: ジョブマネ株式会社、トヨクモ安否確認サービス2: トヨクモ株式会社、Qast: any株式会社、ResourceLook Online: 株式会社ビービーシステム、ビービーシステムのOffice 365 マニュアル提供サービス: 株式会社ビービーシステム、社内報アプリ: ウィズワークス株式会社、CELF: SCSK株式会社、INSUITE: 株式会社ドリーム・アーツ、Happeo: Happeo、G Suite(TM): KDDI株式会社、mitoco: 株式会社テラスカイ、Talknote: Talknote株式会社、ジョブカンApps: 株式会社Donuts、デジタルスフィアA‐R‐S: 株式会社デジタルスフィア、IBLook: 株式会社ビービーシステム、 Webex Teams: シスコシステムズ合同会社、AzureAD活用セキュアテレワーク導入支援: 株式会社システナ、店番長: 株式会社リンコム