{{ message }}
Article square balloon green
2016-01-25

【勤怠管理システム】オンプレミス型か?クラウド型か?メリットデメリットを表で徹底比較

はじめにこれから勤怠管理システムの導入を考えている企業、または担当者の皆さん。導入するシステムはオンプレミス型とクラウド型のどちらで考えていますか?おそらく半分以上の企業がクラウド型での導入を検討していることかと思います。「導入コストが低い」「導入
Large

これから勤怠管理システムの導入を考えている企業、または担当者の皆さん。
導入するシステムはオンプレミス型とクラウド型のどちらで考えていますか?

おそらく半分以上の企業がクラウド型での導入を検討していることかと思います。
「導入コストが低い」「導入が簡単」「ユーザー毎の課金が可能」など、様々なメリットあるのでクラウド型を導入したくなる気持ちもわかります。

しかし自社にマッチする勤怠管理システムの形態は果たして本当にクラウド型か?
クラウドサービスが爆発的に普及していることで周囲に感化されていないか?
導入を進める前に改めてオンプレミス型とクラウド型の検討をするために、両者のメリットデメリットを徹底比較しました。

こちらの記事ではクラウド型の勤怠管理システムのサービスを紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

勤怠管理システム徹底比較66選|機能・価格・連携【2017年完全版】 | ボクシルマガジン
勤怠管理システム66個をクラウドから製品まで徹底比較しました!打刻方法・機能・料金・連携サービスまでカテゴリー別に...
【無料お試し】勤怠管理システム比較24選|クラウド・連携・価格 | ボクシルマガジン
無料プランのある勤怠管理システム、無料お試し期間のあるクラウド勤怠管理システムをご紹介します。連携サービスや価格、...
勤怠管理システム比較44選|基礎知識|クラウド|価格 | ボクシルマガジン
勤怠管理システムの特徴・機能・価格を徹底分析!計44サービスをカテゴリー別にまとめました。導入が初めての方に向けて...

クラウド型 × オンプレミス型

勤怠管理システム オンプレミス型×クラウド型 
オンプレミス型 クラウド型
初期費用 オンプレミス型では自社でシステム環境を構築するため、導入費がクラウド型と比較して非常に高額です。 サーバなどのシステム環境を自社で構築してなくていい分、導入費がオンプレミス型に比べて格段に安く済みます。
サーバの購入、システムをサーバへインストールなど様々なステップがあり導入までの期間も最低でも3ヵ月程度必要です。 サービスによってはいくらかの初期費用がかかりますが、それも数万円程度のもの。
初期費用まで無料のサービスもあります。
ランニングコスト サーバやシステムを自社で保有していることから、それに伴う運用費が発生します。 一般的にユーザーごとの課金制となり、低価格なサービスでは1ユーザーあたり数十円から利用できます。
システム部門の人件費、法改正への対応、サーバ買換え費、電気代など意外と多くの費用が関連してきます。 法改正への対応に関しても無償アップグレードで提供しているサービスが多いので、ランニングコストとしては月額利用料のみとなります。
推奨導入規模 社員数1,000人~ 社員数2~1,000人
拡張性 クラウド型と比較すると拡張性は格段と優れています。 クラウド型の仕様や機能は事業者に依存する傾向が強く、拡張性は低いと言えます。
やはり自社でシステム環境を保有している分、好きなようにカスタマイズできます。 オプション等を利用することで完全ではないにしろ自社に合ったシステムを構築することができますが、反面コストが増大するデメリットもあります。
就業規則などは企業により異なるので、完全に自社にマッチしたシステムを構築できます。
セキュリティ カスタマイズの容易さから企業毎のセキュリティポリシーに合わせることができます。 サービス事業者に完全依存するため、セキュリティ要件をしっかりと確認しておく必要があります。
さらにサーバを保有していること強固なセキュリティ環境を構築することが可能です。 特に最近ではクラウドサービスを狙った標的型サイバー攻撃も多発してるので十分な注意が必要です。
またサービスによってはデータセンターが国内にない場合もあるので、企業情報を海外へ持ち出すことと同義です。
導入成功率 システム環境を自社で構築するとうことは、「トライアルが出来ない」ということ。 ほとんどのサービスで無料トライアルや、ユーザー制限をかけた無料プランが容易されているので簡単に導入検討ができます。
そのため長い期間をかけて企業現状をリサーチし、失敗しないための入念な準備が必要です。 やはり実際に使用してみる場合の導入率は高いようです。
成功率は低いですが、型にはまればクラウド型より遥かに利便性の高いシステムが構築できます。 一方、導入のしやすさから検討を疎かにし失敗するケースもあるので注意。
サポート サービスによっては契約することによりサポートを得られますが、あくまでシステムのサポートとなります。 サーバの運用やシステムの構築は全てサービス事業者が行っているため、法改正によるシステム変更もバージョンアップのみで対応できます。
法改正などによりシステム変更のサポートはありません。
他システムとの連携 自由にカスタマイズできることから他システムとの連携には強い。 自由にカスタマイズはできませんが、最近では他システムとの連携に優れたサービスが多数。
しかし自社で新たにシステムを構築する必要があります。 検討の際は他システムのとの連携をしっかりと視野に入れておきましょう。
サービスの選定 重視すべき点はサポートと担当者の熟練度。 基本的には自社に合った機能と持ち合わせているか、そして低コストかが重要になります。
オンプレミス型では、スムーズな導入や自社に合った導入はほぼ担当者に依存すると考えていいでしょう。 やはりクラウド型最大のメリットはコストメリットなので、できるだけ高機能&低コストなサービスを選定することが重要です。
担当者が社内でどれだけの地位があるか、また経験豊富かをまず見極める必要があります。 しかし高機能だけで自社にマッチしていないものはNG。
導入後はシステムの不具合が発生することを想定し、サポートが徹底しているサービスに着目したいところです。
メリットまとめ ●システム環境を自社で保有するため自由にカスタマイズできる ●自社でシステムを構築する必要がないことから初期費用が格安
●高度なセキュリティ環境が構築できる ●コストメリットが高い
●社員数1,000人~規模ではコストメリットがクラウド型を凌ぐことも ●無償アップデートなどサポート体制が優れている
●無料トライアルで導入検討ができる
デメリットまとめ ●サーバの購入やシステム構築により初期費用がかなりかかる ●セキュリティの脆弱性が高い
●トライアルができない ●自由にカスタマイズできない
●技術の高いシステム部門の社員が必要 ●大規模環境には不向き
●法改正などは自社で全て対応

結論

オンプレミス型

自社でガンガンカスタマイズしたい、現在社員数が1,000人以上またはこれから拡大する予定があるのならばオンプレミス型にメリットが感じられます。
自社に優秀な技術社がいれば尚更オンプレミス型で世界に一つの勤怠管理システムを構築したいところですね。

クラウド型

社員数2~1,000人規模。コストを出来る限り抑えたい、すぐに導入したいという企業はやはりクラウド型でしょう。
しかしいくら導入が簡単だからといって安易な導入はせず、しっかりと比較検討したうえでサービスを選定しましょう。

まとめ

いかがでしょうか?勤怠管理システムのオンプレミス型とクラウド型比較。
この記事が皆さんのよりよいシステム導入に貢献できれば幸いです。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
勤怠管理システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社Donuts、株式会社ネオキャリア
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ