コピー完了

記事TOP

【勤怠管理システム】オンプレミス型か?クラウド型か?メリットデメリットを表で徹底比較

最終更新日時:
記事の情報は2020-09-18時点のものです。
これから勤怠管理システムの導入を考えている企業、または担当者の方。オンプレミス型とクラウド型のどちらで考えていますか?おそらく半分以上の企業がクラウド型での導入を検討していることかと思います。両者のメリットデメリットを徹底比較してみました。

こちらの記事ではクラウド型の勤怠管理システムのサービスを紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

【2022年】勤怠管理システムを徹底比較!機能・選び方を解説
従業員の出退勤や休暇などの記録を管理する「勤怠管理システム」。勤怠管理システムを活用すれば、自社の労務管理体制を強...
詳細を見る

オンプレミス型とクラウド型の違い

クラウド型の勤怠管理システムとオンプレミス型の勤怠管理システムの違いを表にまとめました。

項目 オンプレミス型 クラウド型
初期費用 非常に高額 比較的安価
導入までの期間 サーバの購入、システムをサーバへインストールなどが必要なので、最低でも3ヵ月程度必要 サービスによるが、登録からすぐ利用できるものも多い
ランニングコスト 自社保有のサーバやシステムの運用費 一般的にユーザーごとの課金制。低価格なサービスでは1ユーザーあたり数十円から利用できるものもある。
追加費用 システム部門の人件費、法改正への対応、サーバ買換え費、電気代など意外と多くの費用がかかる 法改正への対応に関しても無償アップグレードで提供しているサービスが多い
推奨導入規模 社員数1,000人~ 社員数2~1,000人
拡張性 企業環境にあわせたカスタマイズが可能 事業者に依存する傾向が強く、拡張性は低い
セキュリティ 企業ごとのセキュリティポリシーにカスタマイズ可能。さらにサーバを保有していること強固なセキュリティ環境を構築することもできる。 サービス事業者に完全依存するため、セキュリティ要件をしっかりと確認しておく必要がある 。クラウドサービスを狙った標的型サイバー攻撃も多発してるので十分な注意が必要。
導入成功率 トライアルができないので、成功率は低い。ただ型にはまればクラウド型より遥かに利便性の高いシステムが構築できる。 ほとんどのサービスで無料トライアルや、ユーザー制限をかけた無料プランが容易されているので簡単に導入検討がき、導入成功率も高い。
サポート サービスによっては契約することによりサポートを得られますが、あくまでシステムのサポートのみ。法改正などによりシステム変更のサポートはなし サーバの運用やシステムの構築は全てサービス事業者が行っているため、法改正によるシステム変更もバージョンアップのみで対応
他システムとの連携 自由にカスタマイズできることから他システムとの連携には強い。 自由にカスタマイズはできませんが、最近では他システムとの連携に優れたサービスが多数。
サービスの選定 重視すべき点はサポートと担当者の熟練度。導入後はシステムの不具合が発生することを想定し、サポートが徹底しているサービスに着目。 基本的には自社に合った機能と持ち合わせているか、そして低コストかが重要

メリット・デメリットの比較

【メリット】

オンプレミス型 クラウド型
●システム環境を自社で保有するため自由にカスタマイズできる ●自社でシステムを構築する必要がないことから初期費用が格安
●高度なセキュリティ環境が構築できる ●コストメリットが高い
●社員数1,000人~規模ではコストメリットがクラウド型を凌ぐことも ●無償アップデートなどサポート体制が優れている
●無料トライアルで導入検討ができる

【デメリット】

オンプレミス型 クラウド型
●サーバの購入やシステム構築により初期費用がかなりかかる ●セキュリティの脆弱性が高い
●トライアルができない ●自由にカスタマイズできない
●技術の高いシステム部門の社員が必要 ●大規模環境には不向き
●法改正などは自社で全て対応 -

結論:自社に適したタイプを選ぶ

比較した結果、次を基準に勤怠管理システムのタイプを選ぶとよいでしょう。

  • オンプレミス型:自社でカスタマイズしたい中堅企業・大企業
  • クラウド型:コストを抑えつつ自社に適したシステムを導入したい:中小企業・大企業

オンプレミス型

自社でカスタマイズしたい、現在社員数が1,000人以上またはこれから拡大する予定があるのならばオンプレミス型にメリットが感じられます。

自社に優秀な技術社がいれば尚更オンプレミス型で世界に一つの勤怠管理システムを構築したいところですね。

クラウド型

社員数2~1,000人規模。コストを出来る限り抑えたい、すぐに導入したいという企業はやはりクラウド型でしょう。

しかしいくら導入が簡単だからといって安易な導入はせず、しっかりと比較検討したうえでサービスを選定しましょう。

関連記事

【2022年】勤怠管理システムを徹底比較!機能・選び方を解説
従業員の出退勤や休暇などの記録を管理する「勤怠管理システム」。勤怠管理システムを活用すれば、自社の労務管理体制を強...
詳細を見る
勤怠管理表Excel(エクセル)テンプレート5選!無料ダウンロード可能な使える出勤表
Excel(エクセル)の勤怠管理表テンプレートを無料でダウンロードできるサイトを厳選して紹介します。使えてはかどる...
詳細を見る
出勤簿のエクセルテンプレート無料ダウンロード|簡単にできる勤怠管理表の作り方
勤怠管理表や出勤簿をエクセルで作成することによって煩雑なシフト管理を簡単に行えます。記入すべき項目や記入例も解説。...
詳細を見る
勤怠とは - 出勤と退勤、出社と退社の違いは?知っておきたい基礎知識
勤怠管理を行ううえで、人事労務担当者がきちんと理解しておきたい「勤怠」の意味。混同されがちな「出勤と退勤」「出社と...
詳細を見る
【2022年】無料で使える勤怠管理システム・ソフト6選!おすすめサービスやテンプレート
永年無料で使えるおすすめの勤怠管理システム・フリーソフトを選定しました。いきなりの有料版導入には抵抗がある方や、小...
詳細を見る
直行直帰のメリット・デメリットとは?労働時間・ルール、システム化で業務を効率化しよう
直行直帰のメリットとデメリットを解説し、直行直帰にありがちな労働時間の問題を解説します。また、直行直帰を管理可能な...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

勤怠管理システム選び方ガイド
勤怠管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
勤怠管理システムの最近更新された記事
おすすめ勤怠管理アプリ比較12選!スマホ打刻でタイムカード不要
【2022年】無料で使える勤怠管理システム・ソフト6選!おすすめサービスやテンプレート
勤怠管理表Excel(エクセル)テンプレート5選!無料ダウンロード可能な使える出勤表
勤怠管理システムを導入するメリット・デメリット | 導入する目的とは?
打刻機とは?特徴・種類 | タイムカード・IC・指紋認証あり・クラウド型勤怠管理システム比較
小規模企業向けおすすめ勤怠管理システム比較6選!クラウドサービスで低コスト運用
英語対応の勤怠管理システムおすすめ6選!サービスの比較ポイントや導入メリット
給与計算システムと連携できる勤怠管理システム9選!簡単連携で業務を効率化
勤怠管理システムの導入事例|抱えていた課題と導入後の効果まとめ
勤怠管理をICカードで!システム・サービス17選の特徴・仕組み