コピー完了

記事TOP

楽楽精算×コンカー×MF経費×ジョブカンの口コミを比較 - 機能・料金は?

最終更新日:
代表的なクラウド経費精算システム4つの評判を解説!「マネーフォワード クラウド経費(MFクラウド経費)」「楽楽精算」「Concur Expense(コンカー)」「ジョブカン経費精算」について、各サービスのシェア・機能・価格・口コミ評判などの情報をもとに紹介します。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

クラウド経費精算システムの代表サービス4製品、楽楽精算、コンカー、マネーフォワード クラウド経費(MF経費)、ジョブカン経費精算を、シェア・評判・機能・料金の観点で徹底解説します。

クラウド経費精算システム4サービスを徹底解説!

月末・月初は「申請する側(従業員)」も「申請される側(経理)」も業務が多くなりがち。次のような課題感を抱えている企業も多いでしょう。

  • 取引先の入金や振込などの請求処理が大変
  • 紙やエクセルでの管理が煩雑
  • 交通費の手入力、チェックが面倒
  • 経理、会計ソフトへの入力に時間がかかる
  • 経費申請、承認作業(ワークフロー)を自動化したい

経費精算システムを導入し、これらの面倒な経費申請・管理を効率化しましょう。

この記事では4つのクラウド経費精算システムに絞って紹介しています。他社製品を含めて検討する際には次の記事もあわせてご覧ください。

【厳選】おすすめ経費精算システムをまとめてチェック!

経費精算システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。従業員の領収書電子化、交通費のICカードからの読み取りなど、従業員の経費精算のスピード向上のために導入される経費精算システムの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

まずは、マネーフォワードクラウド経費、楽楽精算、コンカーエクスペンス、ジョブカン経費精算の概要を紹介します。

マネーフォワード クラウド経費 - 株式会社マネーフォワード

マネーフォワード クラウド経費 - 株式会社マネーフォワード 画像出典:マネーフォワード クラウド経費公式サイト

経費精算業務を“1/10”にできる経費精算システム

  • マネーフォワード クラウド会計との連携に強み
  • 直感的に使えるシンプルな操作感
  • ダッシュボード・レポート機能で経営を見える化

マネーフォワード クラウド経費 は、会計ソフトでおなじみのマネーフォワードが提供するクラウド経費精算システムです。申請する現場の従業員の使い勝手に強みを持ち、根本的な経費精算フロー改善で生産性を向上したい企業におすすめです。スマートフォンアプリが充実しており、申請も承認もアプリで完結。

初期費用、月額固定費は無料。アクティブユーザーのみを対象とした従量課金制なので、利用人数の変動がある企業におすすめ。また会計、請求書発行・管理、給与計算などをまとめて利用できるパッケージプラン(月額2,980円〜)があり、個別にサービスを契約するよりお得に利用できます。

MFクラウド 経費の使い方・便利なスマホアプリの特徴

楽楽精算 - 株式会社ラクス

楽楽精算 - 株式会社ラクス 画像出典:楽楽精算公式サイト

国内導入社数No.1(※)、国内で5,000社以上が利用

  • 国内導入実績No.1経費精算システム
  • 豊富な機能で面倒な経費精算作業を削減
  • 導入時から運用後までしっかりサポート

楽楽精算は、経費精算業務における一連のプロセスをすべて電子化し、一元管理できるクラウド型経費精算システムです。交通系ICカード取り込みによる交通費精算や領収書読み取り機能で申請内容の作成が簡単にできます。さらに自動仕訳や会計システムへの連携機能で経理業務の効率化を実現します。従業員規模10人から1,000人以上の企業まで幅広く利用されており、実績も豊富です。

(※)出典:ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2019」SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング(初期出荷から2018年12月末までの累計導入社数)

楽楽精算の導入事例や機能詳細・使い方はこちら

Concur Expense(コンカーエクスペンス) - 株式会社コンカー

Concur Expense(コンカーエクスペンス) - 株式会社コンカー 画像出典:Concur Expense(コンカーエクスペンス)公式サイト

グローバルで豊富な導入実績、経費精算の世界標準

  • 世界でも導入実績豊富、国内の売上シェアNo.1(※)
  • 電子帳簿保存法に対応 日本でも他社にない事例あり
  • 中小企業から大手グローバル企業まで会社規模問わず導入

Concur Expense(コンカーエクスペンス)は、世界6,600万人が利用し、多言語、多通貨にも対応した世界標準の経費精算クラウドサービスです。出張手配システムの「Concur Travel」や請求書管理「Concur Invoice」と連携することで、間接費全体の管理を最適化できます。

(※)出典:ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2020」 国内経費精算市場:ベンダー別売上金額シェアで6年連続1位(2014-2019年度予測)

コンカーエクスペンスの導入事例はこちら。

ジョブカン経費精算 - 株式会社Donuts

ジョブカン経費精算 - 株式会社Donuts 画像出典:ジョブカン経費精算公式サイト

業界最安クラスの経費精算システム

  • 使いやすさにこだわったシンプルなUI
  • 400円/ユーザーで利用可能、初期&月額固定費用なし
  • ジョブカン他サービスとの連携でさらに便利に

ジョブカン経費精算は、1ユーザー400円と業界最安クラスで利用できる経費精算システムです。使いやすいUIにこだわっており、直感的に画面操作が可能です。勤怠管理やワークフローなど、ジョブカンシリーズのSaaSと組み合わせることでより便利になります。

ジョブカン経費精算の導入事例、機能、使い方はこちら

経費精算システムの評判(口コミ)

導入検討の際には、実際に使っている利用者の声を聞くのも重要です。各サービスの口コミ評判をまとめました。

クラウド経費精算システムの比較表はこちら

マネーフォワード クラウド経費の評判(口コミ)

マネーフォワード クラウド経費に関する評判・口コミをピックアップして紹介します。

マネーフォワード クラウド経費の口コミ ボクシル「MFクラウド経費」の口コミページより

良い点:アプリの使い勝手、マネーフォワード他製品との連携

モバイルアプリの操作性や「マネーフォワード クラウド給与」「マネーフォワード クラウド会計」といったマネーフォワード社製品とのデータ連携のしやすさが評価されています。

改善点:ワークフロー機能に課題もプロダクト改善により解消

2016年10月時点では「ワークフローの機能が乏しく、役職ごとにフローを変えたり、多段階で部署ごとのワークフローを構築したりできない」という口コミがありました。

しかしマネーフォワードでは2017年、負担部門やプロジェクト、申請金額によって承認ルートが自動で分岐する機能をはじめとするワークフロー系機能をリリースし、この課題を解消しました。

同社は開発力とスピードに強みを持っており、新機能やサービス向上のリリースサイクルが早いという柔軟性がポイント。今後のプロダクト改善にも期待できるでしょう。

マネーフォワードクラウド経費の口コミをもっと見る

楽楽精算の評判(口コミ)

楽楽精算に関する評判・口コミをピックアップして紹介します。

楽楽精算の口コミ ボクシル「楽楽精算」の口コミページより

良い点:操作しやすさ、会計ソフトとの連携実績を評価

「ほとんど設定においてマニュアルを読まず感覚的に操作できる」「会計ソフトとの連携実績が豊富」という評価の声がみられました。

改善点:コストの高さ、CSVのデータ連携に課題

初期費用が10万円、月額費用が3万円〜という価格面を指摘する口コミがありました。中堅中小企業をはじめコストを抑えたい企業にとっては気になる金額のようです。

そのほか、2016年3月の口コミでは「社員マスタなどの基礎データベース更新は手作業で行うしかない」というユーザーのコメントもありました。

しかし、2017年11月、楽楽精算にAPIによるマスタ連携機能が追加。別システムのマスタ情報をAPIを使って自動連携できるようになっています。

楽楽精算の口コミをもっと見る

Concur Expenseの評判(口コミ)

Concur Expenseに関する評判・口コミをピックアップして紹介します。

Concur Expenseの口コミ ボクシル「Concur Expense」の口コミページより

良い点:多言語・多通貨対応で海外出張の多い企業から評価

グローバルで豊富な導入実績を誇るConcur Expenseは、多言語対応かつ多通貨対応している点が評価されています。

日付と通貨を選択すれば瞬時にレート換算する機能をはじめ、海外出張が多い企業にとっては非常にメリットが大きいでしょう。

改善点:コストは他社と大差なし、画面操作に慣れが必要

月額3万円〜という金額感なので、コスト感は楽楽精算に近いです。大企業への導入実績が多い印象を持つユーザーもいるため、口コミでは「思ったよりも高くない」という声もみられました。「画面操作(UI)が独特で慣れが必要」という口コミも。

Concur Expenseの口コミをもっと見る

ジョブカン経費精算の評判(口コミ)

ジョブカン経費精算に関する評判・口コミをピックアップして紹介します。

ジョブカン経費精算の口コミ ボクシル「ジョブカン経費精算」の口コミページより

良い点:コストの安さ、プロダクトの継続的改善が評価

「400円/1ユーザーという料金の安さが大きな魅力」「新機能リリースのたびに便利になる」など、価格面やプロダクト改善の姿勢を評価する声がみられました。

改善点:申請側の画面やUIの改善が必要

ボクシルの口コミには「申請者側の入力の手間が多く改善が必要」という声がみられました。そのほかネットユーザーからは「過去の申請履歴を確認しづらく、UI改善の余地あり」というコメントもありました。

ジョブカン経費精算の口コミをもっと見る

経費精算システムのシェア・機能・料金

各サービスを、シェア・機能・料金軸で解説します。口コミ・比較サイト「ボクシル」の情報とあわせて参考にしてください。

経費精算システムのシェア

経費精算システムの検討、導入において、「導入社数」や「売上シェア」といったデータは重要な検討材料のひとつです。

日本国内シェアなら「楽楽精算」

国内での導入実績が豊富な経費精算システムを選びたい企業には、ラクスの楽楽精算がおすすめです。楽楽精算はSaaS型経費精算市場における累計導入社数で長らく1位(※)をキープしています。

(※)出典:ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2018」

海外シェアなら「Concur Expense」

海外出張が多い、あるいは海外支社が多い企業には、米国SAP Concur(コンカー)社のConcur Expense(コンカーエクスペンス)がおすすめです。

全世界で6,600万人以上に利用されており、米国フォーチュン誌「Fortune 500」に含まれる企業の7割以上が導入しています。

複数言語で経費精算書を作れるほか、各国の付加価値税もサポート。多国籍企業のニーズに合った法的慣習や税慣習対応、グローバル管理機能が備えられている点が大きな魅力です。

経費精算システムの料金・推奨人数

各サービスの料金体系や推奨人数をまとめました。初期費用や月額利用料に加えてかかる、従量課金分がどの単位かがポイントです。

料金早見表

サービス名 初期費用 月額固定費 ユーザー単価 無料トライアル
MFクラウド経費 無料 無料 500円〜(※1) 30日間
楽楽精算 10万円〜 無料 〜600円(※2)
Concur Expense 無料 29,000円〜 50名まで不要(※3) ×(デモ動画有)
ジョブカン経費精算 無料 無料 400円 30日間

※1 アクティブユーザーのみ対象
※2 50人までで月額3万円。以後、50ユーザーごとに1万円追加
※3 中小企業向けスタンダードプランの料金。51名以上は都度見積もり。大企業向けプロフェッショナルプランはレポート枚数に応じて課金

推奨人数・企業規模

100人程度までの小規模企業なら、「マネーフォワードクラウド経費」か「ジョブカン経費精算」がおすすめ。初期費用がかからないため導入しやすく、アカウント数による従量課金制なので柔軟に運用できます。

100人以上の企業で導入するなら「楽楽精算」がおすすめです。初期費用が必要な分カスタマイズ性が高く、複雑なワークフローにも対応可能。紙を電子データにおきかえるイメージで運用できるため、フロー変更の負荷を軽減できます。かつ海外出張対応や外貨精算も必要なら「Concur Expense」がおすすめです。

月額利用料だけを見るとジョブカン経費精算がもっとも安価ですが、楽楽精算はユーザー数が増えるほど1人あたりのコストが下がります。

経費精算システムの機能

会計システムとの連携やワークフロー、モバイル対応やICカード入力機能など、どのサービスにも基本的な機能は備わっています。

機能で比べる際には、画面・UIの使いやすさ、SaaSや外部システムとのAPI自動連携などの観点を押さえておきましょう。

会計システム連携早見表

サービス名 会計システム連携 連携ツール
MFクラウド経費 勘定奉行,MF会計,OBIC7,PCAなど
楽楽精算 勘定奉行シリーズ,弥生会計,OBIC7,PCAシリーズなど
Concur Expense 各種会計ソフト(詳細はお問い合わせ)
ジョブカン経費精算 各種会計ソフト(詳細はお問い合わせ)

注目の経費精算システム、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめ経費精算システムをまとめてチェック!

経費精算システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。従業員の領収書電子化、交通費のICカードからの読み取りなど、従業員の経費精算のスピード向上のために導入される経費精算システムの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

この記事では、代表的な経費精算システム4サービスとして、マネーフォワードクラウド経費、楽楽精算、コンカーエクスペンス、ジョブカン経費精算を詳しく紹介しました。

いずれも電子帳簿保存法に対応しており、領収書画像や請求書PCFを公的なデータとして扱えるので安心です。自社にぴったりの経費精算システムを選び、紙やエクセルで行っていた管理工数を減らすことで、業務効率化につなげましょう。

上記4サービス以外の話も聞いてみたい方はこちら。

その他クラウド経費精算システムとの機能比較表・価格比較表

今回紹介した4サービス以外にも経費精算・交通費精算システムは数多く存在します。その他サービスも含めて機能や価格を比べたい方向けに表を作成しました。

その他経費精算システムとの機能比較表

交通費精算 仕訳自動入力 明細読込 経費申請 稟議書作成 スマートフォン対応
MFクラウド経費
楽楽精算
ジョブカン経費精算
Concur Expense -
nakao-san(ナカオさん) - - - - - -
駅すぱあと旅費交通費精算Web × × ×
ハイ!経費
Workcloud - × - -
経費精算freee
らくらく旅費経費.net - -
Dr.経費精算
EnCollabo(エンコラボ) 交通費精算 - - - -
皆伝!経費精算 - - -
Merrybiz - - - - -
ネクストICカ-ド - - -
MajorFlowクラウド -
ECOAS経費・旅費精算
eKeihi - -
経費Bank
TravelersWAN - - -
経費精算ソリュ-ション Systemaflow® - - -
kincone(キンコン) - - - -
rakumo(ラクモ)ケイヒ - - - -
駅すぱあと通勤費管理Web - - - -
Business Navitime 交通費パッケージ -
らくらく定期.net - - - - -
iS-Trip - - - -
Staple(ステイプル) - -
Streamed - - -
KDDI スマ-ト経費精算 - - -
経費支払デザイナー - - - -
ExchangeUSE 旅費・経費精算ワークフロー - -
WAVE225 - -
Bofi:経費精算 - - - -
DirectInputSystem - - - -
TeamSpirit
MJSLINK NX-I ワークフロー - -
desknet’s NEO - - -
クラウドERP ツバイソ -
経費精算ワークフロー - -

その他経費精算システムとの価格比較表

初期費用 利用料 月額/ユ-ザ- 無料お試し期間あり 無料プランあり
MFクラウド経費 - - 300円 - -
楽楽精算 100,000円 30,000円~ - - -
Concur Expense - 30,000円~ - - -
ジョブカン経費精算 無料 - 300円 ×
nakao-san(ナカオさん) - 0円~ -
駅すぱあと旅費交通費精算Web 0円 - 2,592円(税込)
ハイ!経費 1,000円 - 300円
アカウント追加には追加費用が1,500円必要
- -
Workcloud
経費精算freee - 1,980円~ - ×
らくらく旅費経費.net - - - -
Dr.経費精算 - 29,400円~
30人まで以降1人あたり980円~必要
- ×
EnCollabo(エンコラボ) 交通費精算 - - 300円~
100人以上で200円~
×
皆伝!経費精算 - 1,000,000円~ - - -
Merrybiz - 2,980円~ - × ×
ネクストICカ-ド 無料 10,000円~ 400円 ×
MajorFlowクラウド 無料 - 350円~ - -
ECOAS経費・旅費精算 1,500,000円 - 利用環境により変動 - -
eKeihi 100,000円(税抜) 20,000円(税抜) - - -
経費Bank 180,000円(税抜) 25,000円(1~50人まで)
以降50人単位で10,000円必要
- - -
TravelersWAN - - - - -
経費精算ソリュ-ション Systemaflow® - - - - -
kincone(キンコン) - - 200円~ ×
rakumo(ラクモ)ケイヒ 無料 - 300円~ - -
駅すぱあと通勤費管理Web - - - ×
Business Navitime 交通費パッケ-ジ 250,000円 10,000円~ - - -
らくらく定期.net - - - ×
iS-Trip - - - - -
Staple(ステイプル) 無料 - 600円
創業5年未満は5ユーザーまで無料
×
Streamed - - 300円~ ×
KDDI スマート経費精算 - - 191円 - -
経費支払デザイナー - - - - -
ExchangeUSE 旅費・経費精算ワークフロー - 700,000円~ - - -
WAVE225 - - - - -
Bofi:経費精算 - - - - -
DirectInputSystem - - - - -
TeamSpirit 150,000円 30,000円 - ×
MJSLINK NX-I ワークフロー - - - - -
desknet’s NEO 無料 - 400円 ×
クラウドERP ツバイソ - - 300円~ - -

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

経費精算システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
経費精算システムの最近更新された記事