コピー完了

記事TOP

アプリ対応のおすすめ営業支援システム(SFA)・モバイル対応で業務を効率化

最終更新日時:
記事の情報は2021-08-18時点のものです。
SFAは「Sales Force Automation(営業活動自動化)」の略称で、営業活動を支援してくれるシステムを意味します。本記事ではアプリ対応しているおすすめSFAの機能や特徴を紹介します。

【厳選】SFAツールの無料資料&比較表!
SFAツールの比較表
\【特典】SFAの機能・価格比較表つき/

おすすめSFAツールの製品資料や機能比較表を無料でダウンロード可能です。案件管理、営業プロセス管理、商談フロー管理などさまざまな目的で導入されるSFAの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

SFA(営業支援システム)とは?

SFAとは、Sales Force Automaticonの略称で、営業支援ツールのことを指します。SFAを利用することで、目標数値や顧客情報を一元管理できるだけでなく、事務作業の自動化による生産性の向上を図れます。

また、SFAを利用することで営業に役立つナレッジも蓄積できます。

SFAツールで利用できる機能

一般的なSFAツールでは次のような機能を利用できます。

  • 営業活動の管理
  • 顧客データの管理
  • 案件管理
  • レポート作成
  • 見積書や請求書の作成
  • 売上管理

営業支援システムの導入によって、営業プロセスや案件進捗を可視化し会社全体の資産として活用できます。また、メールや請求書のテンプレートを利用すれば、作成の手間を削減し成約率を高められます。

SFAの選び方

システムの導入には、金銭的コストはもちろん、人的コストも発生します。また、システムの変更は社員を疲弊させてしまうため、最小限の試行回数で最適なシステムを選ぶことが大切です。

そのためSFAアプリを選ぶときは、次の4つのポイントを意識しましょう。

  • アプリ対応しているか
  • 必要な機能は搭載されているか
  • コストは見合っているか
  • ツールの扱いやすさ

アプリ対応しているか

SFAには、モバイルアプリやスマートフォンのブラウザから利用できるサービスもあります。外出先でデータ閲覧やレポート作成をしたい方は、アプリ対応のツールがおすすめです。外出機会が多い営業担当者でも、会社にいるときと同じように入力できます。モバイルアプリで利用できれば、電車移動の際にパソコンを開く必要もなく、効率的に業務を進められるでしょう。

マルチデバイス対応しているかも重要です。最近のSFAアプリの多くは、マルチデバイスに対応しています。しかし、セキュリティが甘いと情報流出のリスクにさらされます。

そのため、IPアドレス制限や端末制限など、セキュリティ対策ができるシステムを選ぶようにしましょう。

必要な機能は搭載されているか

SFAアプリに必要な機能が搭載されているか確認しましょう。ただし、機能だけでシステムを選んではいけません。

まずはSFAアプリ導入の目的を定義し、そのために必要な機能を洗い出しましょう。その際、機能の優先順位を決めておくことも大切です。

コストは見合っているか

SFAツールによって、料金形態は異なります。SFAの導入で発生する次のコスト詳細も必ず確認しておきましょう。

  • 初期費用
  • 月額費用
  • オプション料金

サービス会社によって、「サービス内容によって料金が変化するサービス」や、「利用人数によって料金が変化するサービス」があります。企業規模によってコストパフォーマンスの良いサービスは異なるため、自社にあった料金で利用できるサービスを選びましょう。

ツールの扱いやすさ

SFAツールは日常的に利用するサービスです。そのため、使いやすさも重要な比較ポイントです。分析機能が優れていても、従業員が使いにくければ浸透しません。また、浸透したとしてもツールの使用によって、業務が倍増してしまっては本末転倒です。

そのため、マネージャーだけでなく一人ひとりの従業員が使いやすいことも大切です。可能であれば無料トライアルや無料プランで従業員に利用してもらい、使いやすさを確認のうえで本格導入を検討してください。

【無料あり】アプリ対応しているおすすめSFAツール8選比較

数あるSFAツールの中からアプリ対応しているおすすめのサービスを厳選しました。各サービスの特徴や機能についてまとめているので、サービスを比較する際の参考にしてください。

サービス名料金無料トライアル満足度
--
1,680
円/ユーザー〜
50,000
円/月〜
--
--
1,500
円/月〜
1,800
円/月〜
\ 気になるサービスの特徴を資料でチェック! /

Salesforce Sales Cloud - 株式会社セールスフォース・ジャパン

Salesforce Sales Cloud
BOXIL SaaS AWARD 2022 Marketing & Sales大賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • スマートフォンアプリで使用可能
  • 幅広い企業にマッチする分析・レポート機能
  • 高いセキュリティ

Salesforce Sales Cloudは、ニーズに合わせてカスタマイズできるSFAです。世界的に導入されている実績があり、日本でも多くの企業が利用しています。売上の分析や予測、営業の進捗状況など営業活動を詳細までレポーティングできます。またストア「AppExchange」を利用すれば他社のシステムとスムーズに連携可能。データの活用をさらに推し進められます。

電話やチャットのほか、有償でのサポートも利用可能。導入状況や運用コストについて相談したいときに、オプション機能として利用するのも良いでしょう。Essentialsは1ユーザー月額3,000円※1からと低価格で利用できます。

機能 詳細
メール・テンプレート
売上予想・売上管理
メール一括配信
エクスポート機能
Office365連携
無料トライアル利用 30日間※2

※1 出典:「Sales Cloudの価格」(2022年1月6日閲覧)
※2 出典:「30日間無料トライアル」(2022年1月6日閲覧)

Sales Force Assistant - 株式会社NIコンサルティング

Sales Force Assistant
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 顧客情報と営業活動を一元管理
  • AI秘書が商談データを解析し、営業活動をアシスト
  • ゲーム要素で自発的な営業活動を支援するゲーミフィケーション機能

Sales Force Assistantは、訪問管理や商談進捗、案件管理まで顧客情報と紐づけて管理できるSFAシステムです。営業活動に応じたコインの付与や、ビンゴゲーム形式の目標達成シートなど、ゲームの要素を取り入れた営業支援が可能です。

商談の成功事例から、担当案件と類似する事例を抽出してくれるため、受注ポイントやプロセスを参考にできます。AIが商談情報を解析し、登録情報の抜け漏れをアラートしたり、クロージングのタイミングをアドバイスしたりしてくれます。

機能 詳細
メール・テンプレート -
売上予想・売上管理
メール一括配信 -
エクスポート機能
Office365連携 -
無料トライアル利用 30日間

Zoho CRM - ゾーホージャパン株式会社

Zoho CRM
BOXIL SaaS AWARD 2022 Autumn Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • SFA機能搭載のCRMサービス
  • 世界25万社以上が利用
  • 15日間の無料お試しも可能

Zoho CRMは、顧客管理に役立つCRMおよびSFAサービスです。CRMなので成約後の案件管理に強く、タスク管理や単純作業の自動化、分析などの機能が充実しています。またSFAに関する機能では、CRMに蓄積したデータを元に、営業活動を支援してくれます。

顧客管理を主軸とした営業支援ツールを探している方は、Zoho CRMを試してみると良いでしょう。

Zoho CRM公式サイトより(2022年6月16日閲覧)

機能 詳細
メール・テンプレート
売上予想・売上管理
メール一括配信
エクスポート機能
Office365連携
無料トライアル利用 15日間

intra-mart DPS for Sales - 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

intra-mart DPS for Sales
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • Excelをもとにオリジナルの帳票を作成可能
  • 名刺をもとに顧客情報を一元管理
  • 商談情報を戦略的に活用

intra-mart DPS for Salesは、顧客や案件、活動、名刺、レポートを軸に設計されたSFAです。イントラマート独自開発のグループウェアにより、SFAの基本機能はもちろん多くの機能を同システムにて利用できます。

intra- mart DPS for Salesを導入する前に活用していたExcelを取り込めば、ノンプログラミングでオリジナルの帳票を作れます。また、スマートフォンのカメラで撮影すれば名刺情報をデータとして登録可能。名刺情報と営業活動を紐づけることで、営業活動をスムーズに確認できます。

機能 詳細
メール・テンプレート
売上予想・売上管理
メール一括配信
エクスポート機能
Office365連携
無料トライアル利用 5日間

※出典:エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート「だから活用されるNTTデータ イントラマートのSFA」(2022年1月6日閲覧)

JUST.SFA - 株式会社ジャストシステム

JUST.SFA
BOXIL SaaS AWARD 2022 営業・顧客管理部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 使いやすく定着しやすいSFA
  • 専門知識なしでカスタマイズ可能
  • 幅広い用途で活用可能

JUST.SFA(ジャストSFA)は、ソフトウェア開発の実績豊富なジャストシステムが運営するSFAアプリです。モバイルデバイスからもアクセスできるため、外出の多い営業担当者でも安心して利用可能。

ダッシュボードにて営業活動に必要なデータを集約。ドラッグ&ドロップによる編集で、業務に最適な画面を構築できます。プログラミングの知識がなくてもカスタマイズでき、使いやすく定着しやすいのが特徴。契約書や見積書のワークフロー機能も便利で、幅広い用途でSFAを活用できます。

機能 詳細
メール・テンプレート
売上予想・売上管理
メール一括配信
エクスポート機能
Office365連携
無料トライアル利用 あり

NICE営業物語Smart2

NICE営業物語Smart2
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 選択方式で日報やレポートを作成
  • 手書きと音声でメモを作れる
  • スケジュール管理ができる

NICE営業物語Smart2は、スケジュール管理や営業報告を効率化する営業サポートアプリです。営業報告は商談予定から作成可能。作成した報告は、EvernoteやLINE、メールなどに送信できます。

その他、GoogleカレンダーやiCouldカレンダーと連携可能。また、Apple Watchと連携させることで、Apple Watchを使った簡易報告書の作成もできます。

機能 詳細
メール・テンプレート -
売上予想・売上管理 -
メール一括配信
エクスポート機能
Office365連携 -
無料トライアル利用 -

Freshsales Suite - OrangeOne株式会社

Freshsales Suite
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 営業プロセスで必要な情報がひとつに
  • 初心者でも使いやすく導入しやすい
  • 詳細なレポートによる営業内容の分析と予測

Freshsales Suiteは、営業からマーケティングまで、多くの業務に役立てられるクラウドシステム。CRMやSFA、MA、チャットツールなどの機能を搭載しています。時間をかけずに導入でき使いやすいのが強みです。

レポート作成や分析予測機能により課題を可視化すれば戦略設計に役立てられます。スマートフォンアプリが実装されているため、外出先や移動時間にデータを閲覧したりレポートを作成したり、スキマ時間の活用にも役立ちます。

機能 詳細
メール・テンプレート
売上予想・売上管理
メール一括配信
エクスポート機能
Office365連携
無料トライアル利用 21日間

※出典:OrangeOne「21日間無料トライアル」(2022年1月6日閲覧)

Knowledge Suite - ナレッジスイート株式会社

Knowledge Suite
BOXIL SaaS AWARD 2022 営業・顧客管理部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • SFAと名刺管理を一つのツールで
  • 営業報告は3ステップでかんたんに入力
  • ユーザー数無制限でコストを抑える

Knowledge Suiteは、固定費用でユーザー数を無制限に登録可能なグループウェア。SFAと名刺管理を一つのツールで管理できます。営業報告は3ステップに沿ってかんたんに入力可能。

スマートフォン用アプリケーション「GRIDY Smart Phone」にて、外出先でも担当者情報や商談内容を再確認したり日報を作成したりできます。社員同士のメッセージ機能で社内に情報を共有できるため、効果的な営業活動を実現できます。

機能 詳細
メール・テンプレート
売上予想・売上管理
メール一括配信
エクスポート機能
Office365連携
無料トライアル利用 あり


【2022年】SFAツール(営業支援システム)比較!おすすめ製品の機能や価格
クラウドSFAツール(営業支援システム)のToDo管理・売上管理・顧客管理といった基本機能や導入に失敗しないための...
詳細を見る

SFAとCRM、MAの違い

SFAと似たシステムに、CRM(顧客管理システム)MA(マーケティングオートメーション)があります。

これら3つのツールの違いは、ツールの使用目的にあります。

  • SFA:目的は見込み客を顧客化することです。そのため、営業支援に特化しており、成約率の向上に役立つ機能を多く搭載しています。
  • CRM:目的は顧客管理です。そのため、契約が完了した顧客との良好な関係を維持するための機能を多く備えています。
  • MAツール:目的はマーケティングの自動化です。とくに、見込み客(リード)をより確度の高い見込み客に育成する役割を担います。そのため見込み客のニーズを高めるための機能を多く搭載しています。

このように、SFAとCRM、MAはツールの主目的が違います。カバー範囲の広いシステムであれば、似たような機能が搭載されていることも少なくありません。しかし、主目的の違いによって、サービスの細かな仕様は変わります。そのため、ツール導入の目的に合ったサービスを選ぶのが大切です。

SFAを導入するメリット

SFAを導入することで、営業効率を改善できます。具体的には、次の4つのメリットがあります。

  • 目標管理の効率化
  • 案件管理の効率化
  • 業務効率の改善
  • ノウハウの蓄積

目標管理の効率化

営業活動において、目標管理は欠かせない大切な要素です。営業目標は高すぎても低すぎても従業員のモチベーションを低下させてしまいます。しかし適切な目標を設定し、適切に管理するのは難しく、目標管理に課題を感じているマネージャーは少なくありません。

SFAを活用すれば、毎月の活動状況をデータに基づき可視化し、把握できます。そのためSFAによるデータ蓄積と数値設定の改善を続けることで、適切な目標数値を設定できるようになります。また、目標管理で手間となる営業記録の登録も自動化できるため、効率的に目標を管理できます。

案件管理の効率化

SFAを導入することで見込み客の適切な管理も可能です。見込み客の顧客化において大切なのは、適切なタイミングで適切なアプローチを行うことです。

SFAを使えば、見込み客との商談情報を記録できます。さらに、見込み客ごとに再アプローチをかけるタイミングを決められるため、案件を取りこぼすリスクを軽減できます。

また、SFAにデータを蓄積することで成約や失注につながった要素の検討もできるため、より効率的かつ成約につながる案件管理ができます。

業務効率の改善

SFAを導入することで、営業活動におけるムダを削減できます。たとえば、顧客にアプローチする際、「これまでの関係性有無」によって求められる対応は異なります。もしSFAを利用していなければ、紙の資料で関係性を調べなければならず、労力がかかります。

しかしSFAを活用すれば、過去の営業データへ検索によってアクセス可能です。その他、コア業務以外の作業を効率化する機能が多く搭載されています。そのため、SFAを導入することで事務作業を効率化し、コア業務へ集中できる環境を作れます。

ノウハウの蓄積

SFAを活用すれば、ノウハウの蓄積も可能です。営業活動は属人性が高く、成約につながる要素の把握が困難です。

しかし、SFAを利用すれば、成約までのプロセスごとに数値状況を把握できます。そのため、社員ごとの課題を明確化したり、営業成績が良い社員の強みを全体に共有したり、組織全体の生産性を高められます。

SFAのアプリを活用して営業活動を加速させる

SFAは、営業担当者のニーズに応じて、顧客情報の集約や商談履歴の保存、成約に至るまでのプロセスを可視化してくれます。ほかにも、確度が高い顧客を分析して予測したり、テンプレートを準備してくれたりと面倒な業務から解放してくれるでしょう。

スマートフォンやタブレットのアプリでデータ確認や入力作業ができれば、場所に囚われずに作業可能です。また、SFAと結びつきの強いCRMをあわせて利用すれば、さらに戦略的に課題へ取り組めます。

SFAを導入する際はアプリ対応のサービスを選び、本記事で紹介した選び方やおすすめサービスを参考に、ぜひ導入を検討してみてください。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

関連記事

SFAのSalesforce・HubSpot・Senses・Knowledge Suiteを比較 | 料金や評判
SFA(営業支援システム)であるSalesforce Sales Cloud、HubSpot Sales Hub、...
詳細を見る
JUST.SFA×Salesforce | 価格・機能など代表的SFAを徹底比較
代表的なSFA(営業支援ツール)であるSalesforce(セールスフォース)とJUST.SFAを価格や機能を中心...
詳細を見る
SFAの導入事例まとめ|抱えていた課題と導入後の効果まとめ
この記事では、SFAの導入事例を紹介しています。導入した背景や抱えていた課題、その後の効果など、BOXIL編集部が...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

SFA選び方ガイド
SFA(営業支援システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
SFA(営業支援システム)の最近更新された記事