コピー完了

記事TOP

英語対応の経費精算システムおすすめ5選を比較【最新版】

公開日時:
記事公開時点での情報です。
企業のグローバル化が進み、「外国人従業員の人数が増えた」「海外出張が増えた」などの課題を抱える企業も多いでしょう。そのような企業には英語対応の経費精算システムがおすすめです。英語対応のおすすめ経費精算システム5選の特徴や機能、料金を徹底比較しています。

【厳選】おすすめ経費精算システムをまとめてチェック!
\DL特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ経費精算システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料でダウンロード可能です。ダウンロード特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的な経費精算システムを含む10社以上のサービスを徹底比較しています。ぜひ経費精算システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。比較表の簡易版はこちら

英語対応のおすすめ経費精算システム5選
  • マネーフォワード クラウド経費
    会計ソフトの一部であるので厳密には経費精算システムとは言い難い面があります。しかし、機能面では他の経費精算システムと遜色がなく、経費精算を行った結果について即座に会計ソフトに送信できることが強みです。
  • 楽楽精算
    領収書をスマホで読み取っての申請、自動入力が可能。また、ICカード読み取り入力などに対応しています。また、内部での経費の支払いのみならず外部からの請求に対する支払についても対応しています。
  • Concur Expense(コンカーエクスペンス)
    国内売上6年連続No.1を誇る経費精算システムです。スマートフォンからの申請、承認が可能です。外部のさまざまなサービスと連携できます。
  • RECEIPT POST
    書類について保管を代行してもらえるのが最大の特徴です。また、領収書類の入力について、オペレーターによる入力にも対応しているため、高精度の内容の読み取りが可能です。
  • eKeihi
    直感的な操作が特徴の経費精算システム。低コストで導入でき、60種以上の会計システムと連携可能です。標準プランでも充実した機能を搭載。

英語対応の経費精算システムを導入すべき企業

英語対応の経費精算システムを導入すべき企業は次のとおりです。

  • 外国人従業員数が多く経費精算の業務に時間がかかる
  • 従業員の海外出張の頻度が高く、経費精算の業務に支障が出る

上記のような課題を抱えている企業は、英語対応の経費精算システムの導入をおすすめします。また、企業のグローバル化を視野に入れている場合、経費精算システムに限らず、導入するサービスは多言語に対応しているサービスを選ぶと良いでしょう。

>>クラウド経費精算とは - フローや業務内容 | 経費の勘定科目・導入するメリット

英語対応している経費精算システム5選を比較

英語対応しているおすすめの経費精算システム5選の料金や機能、口コミ評判を比較表にまとめました。より詳しく経費精算システムを比較できるように、サービスごとの特徴を紹介しているので、ぜひ導入を検討する際の参考にしてください。

各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料と比較表はこちらから無料でダウンロードできます。経費精算システムを比較する際や稟議を作成する際に利用ください。

\【無料DL特典】経費精算システムの比較表/

サービス名
マネーフォワード クラウド経費
楽楽精算
Concur Expense
RECEIPT POST
eKeihi
満足度
4.33
4.09
4.29
4.69
0.0
口コミ・評価
5.0点
UIが素晴らしく、デザイン性。機能性。それも申し分ないアプリで愛用させていただいてます。さすがマネーフォワードというクオリティーです。今後も領収書の清算を楽にして下さい。
4.0点
自動決済サービス、クレジットカードと紐付いて自動的に仕分けをするので、普段の業務の負荷が大幅に下がりました。また、決算書作成の時もそれを元に作成できるので、非常に約立っています。
5.0点
精算ツールを導入していない会社であれば、是非導入した方が良いプロダクト。 乗換案内機能はとても重宝します。苦痛だった交通費精算が非常に楽になり、とても助かってます。
3.0点
管理する側が楽になるのは間違いないと思いますので、組織全体としてはメリットが生まれるのでしょう。入力する側としては、煩わしさはあります。いずれにせよ、確証は必要なので、領収書を別用紙に貼り付ける為、ペーパーレスにはなっていません。
5.0点
会計システム。 一番ありがたいのは、登録した交通系ICカードやクレジットカード情報を自動入力してくれること。 もちろん社内ワークフロー機能が付いている。 スマホから使えるのもありがたい。
5.0点
WEB上で経費精算ができるので、紙での申請がなくなりペーパレス化が実現できました。経費精算でかなりの時間を費やしていたので、その時間を削減することができたと思います。
5.0点
経費を使った場合に領収書をスマホで写真を撮るだけで簡単に経費が申請することができます。 申請する際に交通費や接待など先選択できるので幅広い経費精算が簡単に行うことが可能です。
4.0点
社員は領収書をスキャンして申請すれば良いので楽になりました。 今まではエクセルに内容や金額を記載し提出していたので だいぶ領収書対応の時間が減りました。定期券を登録しておけばその区間を考慮して交通費を算出してくれるし、領収書をカメラでとってアップすると反映してくれます。
まだ口コミはありません
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
アプリ
領収書データ化代行
会計システム連携
承認ワークフロー
仕訳自動学習
電子明細取得
交通費ICカード入力
規定違反のエラー表示
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
アプリ
領収書データ化代行
会計システム連携
承認ワークフロー
仕訳自動学習
電子明細取得
交通費ICカード入力
規定違反のエラー表示
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
アプリ
領収書データ化代行
会計システム連携
承認ワークフロー
仕訳自動学習
電子明細取得
交通費ICカード入力
規定違反のエラー表示
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
アプリ
領収書データ化代行
会計システム連携
承認ワークフロー
仕訳自動学習
電子明細取得
交通費ICカード入力
規定違反のエラー表示
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
アプリ
領収書データ化代行
会計システム連携
承認ワークフロー
仕訳自動学習
電子明細取得
交通費ICカード入力
規定違反のエラー表示
料金・費用
初期費用
0-
利用料
500-
月額/ユーザー
(ユーザー)
500-
初期費用
100,000-
利用料
(月)
30,000-
月額/ユーザー
初期費用
0-
利用料
(月)
29,000-
月額/ユーザー
(ユーザー)
580-
初期費用
0-
利用料
(月)
30,000-
月額/ユーザー
(ユーザー)
0-
初期費用
0-
利用料
(月)
29,000-
月額/ユーザー
サービス資料
マネーフォワード クラウド経費の資料
楽楽精算の資料
Concur Expenseの資料
RECEIPT POSTの資料
eKeihiの資料

マネーフォワード クラウド経費 - 株式会社マネーフォワード

マネーフォワード クラウド経費 画像出典:マネーフォワード クラウド経費公式サイト

  • スマホアプリで申請から承認まで完結、ICカード読み取りもアプリで
  • 会計システムとの連携で経理業務を効率化
  • 電子帳簿保存法に対応してペーパーレス化

マネーフォワードクラウド経費は、申請者の負荷を軽減し現場での使いやすさにこだわったクラウド経費精算システムです。会計をはじめとしたマネーフォワードクラウドシリーズとまとめたパックプランが便利で、経費精算業務を含めた会計業務を大きく効率化します。API連携では、会計ソフトや乗り換えアプリ、航空券の利用など多くの機能をシステム化可能です。

システム内のメニュー表示やラベルを英語表示に変更可能です。システムの表示を英語に変更する場合は、設定画面の「使用言語設定」から、表示言語の切り替えを英語にするだけで簡単に設定できます。

項目 詳細
日本語以外の言語対応 英語
推奨規模 中小企業(2~3人~)、大手企業
アプリ対応 あり
ICカード読み取り Suica、PASMOなどの交通系ICカード、nanaco、 WAON 、Edy
領収書読み取り あり
出張管理 なし
ワークフロー設定 あり
API連携 あり(マネーフォワード会計など)
無料プラン なし
無料トライアル 1か月

料金表

プラン名 初期費用 月額料金/1ユーザー
スモールビジネス 0円 2,980円
ビジネス 0円 4,980円
エンタープライズ 要問い合わせ 要問い合わせ

楽楽精算 - 株式会社ラクス

楽楽精算 画像出典:楽楽精算公式サイト

  • 国内導入実績No.1(※)経費精算システム
  • 豊富な機能で面倒な経費精算作業を楽楽に
  • 導入時から運用後までしっかりサポート

楽楽精算は、経理部門の業務効率化に特化したクラウド型経費精算システムです。経理が使いやすいサービスになるよう機能開発を続けており、自動仕訳や会計システムへの連携機能で経理業務の効率化を実現します。従業員規模10人から1,000人以上の企業まで幅広く利用されており、実績も豊富。推奨企業規模は50人以上です。

「申請や承認画面を自社仕様に変更できる」「画面のレイアウトを変更できる」など、カスタマイズ性が高く、英語表記の切り替えもできます。柔軟性の高さが人気のサービスです。

※出典:ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2020」SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング(初期出荷から2019年12月末までの累計導入社数)

項目 詳細
日本語以外の言語対応 英語
推奨規模 中小企業、大手企業(50人~)
アプリ対応 あり
ICカード読み取り Suica、PASMOなど多数
領収書読み取り あり
出張管理 なし
ワークフロー設定 あり
API連携 あり
無料プラン なし
無料トライアル 30日

料金表

プラン名 初期費用 月額料金/1ユーザー
通常料金 100,000円~ 最低30,000円~

楽楽精算には、初期設定を有料で代行してくれるサービスもあるため、データ移行を簡単に済ませたい方はオプションのサポートを検討するとよいでしょう。

Concur Expense(コンカーエクスペンス) - 株式会社コンカー

Concur Expense 画像出典:Concur Expense公式サイト

  • 世界でも導入実績豊富、国内の売上シェアNo.1(※)
  • 電子帳簿保存法に標準対応、日本でも他社にない事例あり
  • 中小企業から大手グローバル企業まで会社規模問わず導入

Concur Expense(コンカーエクスペンス)は、世界6,600万人が利用し、多言語、多通貨にも対応した経費精算クラウドサービスです。出張手配システムの「Concur Travel」や請求書管理「Concur Invoice」と連携することで、間接費全体の管理を最適化できます。

※出典:ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2020」 国内経費精算市場:ベンダー別売上金額シェアで6年連続1位(2014-2019年度予測)

項目 詳細
日本語以外の言語対応 英語、中国語など21か国語に対応
推奨規模 中小企業、大手企業
アプリ対応 あり
ICカード読み取り Suica、PASMOなどの交通系ICカード
領収書読み取り あり
出張管理 別システムで提供
ワークフロー設定 あり
API連携 あり
無料プラン なし
無料トライアル 30日 

言語対応は英語だけでなく、中国語やフランス語、スペイン語など、21か国語に対応しています。

料金表

プラン名 初期費用 月額料金/1ユーザー
スタンダード 0円 29,000円(最低料金)
プロフェッショナル 要見積もり 要見積もり

RECEIPT POST(旧名称:Dr.経費精算) - 株式会社BEARTAIL

RECEIPT POST 画像出典:RECEIPT POST公式サイト

  • 入力精度99.99%のOCR入力&オペレーター入力代行
  • オペレーター入力代行やタイムスタンプ機能を標準搭載
  • 利用人数に依存しない料金体系

RECEIPT POST(旧名称:Dr.経費精算)は、請求書およびレシートの読み取りに強みを持つ経費精算システムです。請求書やレシートからのデータ入力は、OCR入力とオペレーター入力をかけあわせることで99.99%の精度を実現。オペレーター入力は標準搭載されているため、追加での支払いは不要です。電子帳簿保存法に必要なタイムスタンプも、オプションでなく全企業が利用できます。

言語設定からシステムを英語表記に変更できます。(※一部対応しないページあり)海外の領収書やレシートに対応可能。海外出張の多い企業におすすめのサービスです。

項目 詳細
日本語以外の言語対応 英語
推奨規模 中小企業、大手企業
アプリ対応 あり
ICカード読み取り 交通系ICカード
領収書読み取り あり
出張管理 なし
ワークフロー設定 あり
API連携 あり
無料プラン なし
無料トライアル あり

料金表

プラン名 初期費用 月額料金/1ユーザー
通常料金 10万円~ 3万円(最低料金)

eKeihi(イーケイヒ)

参考情報:eKeihi公式サイト

  • 旅費精算や支払依頼を標準搭載
  • 電話やメールのほかに、訪問でもサポート
  • 中小~大企業、大学、金融機関など実績多数

eKeihiは、経費精算や交通費精算だけでなく旅費精算、支払依頼の機能ももつ経費精算システムです。サポートは電話やメール、チャット、ヘルプページ、訪問にて回数無制限で対応してもらえます。中小企業から大企業まで幅広く導入されているシステムです。

ログインユーザーごとに画面表示を日本語と英語から選べます。また、英語から選べる「英語対応オプション」も用意されています。

項目 詳細
日本語以外の言語対応 英語
推奨規模 中小企業、大手企業(50人~)
アプリ対応 あり
ICカード読み取り 交通系ICカードに対応
領収書読み取り あり
出張管理 あり
ワークフロー設定 あり
API連携 なし
無料プラン なし
無料トライアル 30日

料金表

プラン名 初期費用 月額料金
クラウド型 0円 29,000円(50ユーザー)~
オンプレミス型 650,000円 6,000円 


より多くの経費精算システムから比較したい方は、次の記事をご覧ください。

英語対応の経費精算システムの選び方

英語対応の経費精算システムの導入を検討する際は、次のポイントを確認しましょう。

  • 経費精算での課題を明確にする
  • グローバル企業の導入実績があるか確認する
  • アプリ版も英語対応しているか確認する

それぞれのポイントについて説明します。

経費精算での課題を明確にする

まず自社の経費精算の課題、効率化したい業務を明確にしましょう。

サービスによって言語のみ英語対応しているシステムと、海外の領収書や出張先の仮払いにも対応しているシステムなど、言語対応している範囲に違いがあります。

課題を解決できる機能が英語対応しているかの確認が重要です。

グローバル企業の導入実績があるか確認する

各サービスの公式サイトに記載されている導入事例から、グローバル企業の導入実績が多いかを確認しましょう。導入事例を確認する際は、自社と同じ企業規模と業種、業界、経費精算業務の課題を抱えている企業の事例を参考にすることで、導入する際のイメージが沸きやすくなります。

アプリ版も英語対応しているか確認する

経費精算システムのモバイル・アプリ版の需要は年々増加傾向にあり、各サービスもアプリ版の開発や改良に力を入れています。アプリ版の使いやすさや見やすさを比較するのはもちろんのこと、英語対応しているかを確認しましょう。

英語対応の経費精算システムを導入するメリット

英語対応の経費精算システムを導入するメリットは次のとおりです。

  • グローバル化の促進
  • 経費精算業務の工数削減
  • 海外出張時の経費精算業務の効率化

英語対応の経費精算システムを導入しておけば、企業のグローバル化(外国人従業員の増加、海外出張の増加)した際の経費精算業務を効率化でき、グローバル化の促進にもつながります。

また、外貨に対応している経費精算システムなら、海外出張時の経費精算業務を大幅に削減可能です。

>>経費精算システム導入事例に学ぶ!業務効率化・コスト削減のポイント

英語対応の経費精算システム導入を検討するなら

英語対応している経費精算システムでもシステムによって、利用できる機能や料金設定、特徴が異なります。英語表示できる箇所や外貨対応の可否など、サービス選定前に確認しておきましょう。

実際に経費精算システムを導入した企業の評判・口コミを見ると、「導入前にサービスに特徴を確認しておけばよかった」「英語対応している機能を調べておけばよかった」などの意見は多いです。

英語対応の経費精算システム導入で失敗しないためにも、事前の情報収集を念入りに行いましょう。ボクシルでは、おすすめ経費精算システムの料金や機能、口コミを徹底比較できます。

ぜひ無料でダウンロードできるおすすめ経費精算システムの資料と比較表を参考に、自社に合ったサービスの導入を検討してください。

\ 失敗しないシステム導入のために!(比較表付き) /

BOXILの資料請求の流れ

「大企業向けシステム」「中小企業向けシステム」でおすすめサービスを厳選して比較したい方はこちら

\ おすすめ7サービスを比較! /

\ おすすめ7サービスを比較! /

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

経費精算システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
経費精算システムの最近更新された記事