コピー完了

記事TOP

テレワーク時のマネジメント方法と課題 | 勤怠管理・評価に役立つツールを比較

公開日時:
記事公開時点での情報です。
日本中の企業がテレワークを導入し始めた今、テレワークにおけるマネジメントは大きな課題となっています。勤怠管理や評価、コミュニケーションツールなども合わせて紹介します。

テレワークにおけるマネジメント課題

テレワークの環境整備の中で、各企業で課題に感じているのはマネジメントです。オフィスに出勤しないテレワークでは社員がどのように働いているのか把握しにくく、どのようにマネジメントしていくか頭を悩ますこととなった管理職の方は多いのではないでしょうか。

テレワークはオフィス出勤の際のマネジメントが通用せず、さまざまな課題が生まれています。

社員のスケジュール管理

まず挙げられるのが、社員のスケジュール管理です。

オフィスに入れば声をかけたり様子を伺ったりできたものの、テレワークでは姿が見えないため、どのように仕事をしているかがわかりにくく、出勤したかどうかも確かめづらいです。「顔が見えない」というのは想像以上にマネジメントに影響しており、出退勤といった基本的な点はもちろん、社員のモチベーション管理が難しくなる原因となっています。

コミュニケーション不足

テレワーク時にはちょっとしたコミュニケーションを取るのも難しく、部下が仕事の疑問や不安を抱え込んでしまう可能性があります。緊急事態宣言下のテレワークは外出が難しく孤独になりがちなため、社員のメンタルヘルスに影響を及ぼすことも考えられ、マネジメントとともに社員間のコミュニケーション環境を構築する必要があります。

チームへの配慮のような数値化できない点の評価が難しい

加えて大きな課題として挙げられるのは、テレワークにおける評価基準です。オフィスで実際に働いている姿を見られないため、数値で表せないような部下への気遣いや仕事のプロセスなどを評価にしにくいという問題点があります。

テレワークにおけるマネジメントの解決法

テレワークにおいてうまくマネジメントを行うには、どのような解決策を取るとよいのでしょうか。具体的な解決策を紹介します。

勤怠管理ツールの活用

最初に検討したいのが、勤怠管理ツールの導入です。勤怠管理ツールはオフィスにおけるタイムカードのような役割で、社員が働く時間をチェックするものです。

勤怠管理ツールによってどのような仕事に就いているのか、進捗状況はどうかなどさまざまな観点から勤務体制をチェックできます。テレワーク導入の際には一番に導入しておきたいツールといえるでしょう。

コミュニケーションツールの導入

また、テレワーク時のマネジメントにはコミュニケーションツールの活用も効果的です。Web会議でオンラインツールを導入している企業は多いかもしれませんが、社内のコミュニケーションの場としてツールを用意することで、社員のモチベーションや悩みなどに気が付くチャンスになります。

こうしたコミュニケーションツールでちょっとした雑談の場を提供すれば、社員のメンタルヘルスにもよい影響を与えられるといえるでしょう。

テレワークに対応した評価基準を導入する

テレワークで不安を感じているのは、管理職側ばかりではありません。社員もまた「今の仕事を評価してもらえるのだろうか」と不安に感じています。そのため双方のストレスを減らすためにも、テレワークに対応した評価基準の導入はより大切なポイントといえるでしょう。

具体的には出勤・退勤の報告やプロジェクトの進捗状況の報告などをオンラインツールを通して行うことになりますが、そうした評価が社員に可視化されることで、社員も安心して仕事を進められます。

テレワークでおすすめ勤怠管理ツール

テレワークにおいて基本のマネジメントとなる勤怠管理。そんな勤怠管理にぴったりのオンラインツールを紹介します。

ジョブカン勤怠管理 - 株式会社Donuts

ジョブカン勤怠管理 画像出典:ジョブカン勤怠管理公式サイト

クラウドサービス事業やゲーム事業を展開する株式会社Donuts(2007年2月設立)が運営。

ジョブカン勤怠管理は、導入実績6万社以上を誇るクラウド型勤怠管理システムです。

変形労働やフレックス、裁量労働などあらゆる勤務形態に対応しており、36協定超過がある場合は自動アラート機能で知らせてくれます。また外国語表示も可能なため国際的な事業を展開する企業におすすめです。

料金

プラン 月額料金 対応機能数
無料プラン 0円
有料プラン(プラン1) 200円 1つ
有料プラン(プラン2) 300円 2つ
有料プラン(プラン3) 400円 3つ
有料プラン(プラン4) 500円 4つ

AKASHI(アカシ) - ソニービズネットワークス株式会社

AKASHI 画像出典:AKASHI公式サイト

電気通信事業やネットワークインテグレーション事業を運営するソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(2012年7月設立)が運営。

AKASHIは、2020年9月版ITreviewカテゴリーレポート 勤怠管理システムで勤怠管理部門で満足度1位を受賞したことで注目を集めている勤怠管理システムです。

パソコンやスマートフォン、FeliCaカードなどで打刻が可能で、テレワークの状況が確認できる「テレワーク機能」や、年休管理簿といった多様な機能が搭載されています。

また法改正や複雑な就業ルールにも対応しているため、オフィス勤務からのテレワークへの移行で就業ルールを変更した、あるいは複雑化した企業におすすめです。

料金

プラン 初期費用 月額費用
タイムレコーダー 0円 200円/人
スタンダード 0円 300円/人
プレミアム 0円 400円/人

※最低利用料金はタイムレコーダー2,000円、スタンダード3,000円、プレミアム4,000円

レコル - 中央システム株式会社

システムインテグレーションやアプリケーション開発を提供する中央システム株式会社(1981年6月設立)が運営。

レコルは、5年間のクラウド型勤怠管理システム運用経験から開発された勤怠管理システムです。

出退勤状況や残業時間、打刻忘れを一つの画面で確認できるほか、有給・休暇管理機能、承認申請機能などもあり、勤怠管理を効率化させる機能がすべて備わっています。

また月額100円のリーズナブルな費用も、レコルの魅力の一つです。勤怠管理システムの導入にハードルを感じている方にこそぴったりのシステムといえます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:100円/人(最低利用料金は3,000円〜)
  • 運用・サポート費用:0円

テレワークにおすすめのコミュニケーションツール

テレワークではどうしてもコミュニケーション不足になりがちです。コミュニケーションツールを使って、テレワークにおいてもオフィスと変わりないようなコミュニケーション環境を構築しましょう。

Talknote(トークノート) - Talknote株式会社

Talknote(トークノート) - Talknote株式会社 画像出典:Talknote(トークノート)公式サイト

カルチャーマネジメントツールの運営・管理を行うTalknote株式会社(2010年4月設立)。

Talknoteは社内のコミュニケーションを活性化することで、企業文化を促進させることを目的としたカルチャーマネジメントツールです。日ごろのあらゆるコミュニケーションをTalknoteでテーマごとに行い、コミュニケーションを解析することで、組織や社員のコンディションを可視化し問題点を把握できます。

料金

要問い合わせ

Zoom - Zoomビデオコミュニケーションズ

ビデオコミュニケーションツールを提供するZoomビデオコミュニケーションズ(2011年4月設立)が運営。

Zoomはどんなデバイスからでも簡単にミーティングが行えるウェブ会議ツールです。最大1,000人参加のミーティングに対応しており、フィルターや投票機能、動画の共有などテレワーク中のコミュニケーションを促進できる工夫がなされています。

また暗号化やパスコード保護など強固なセキュリティが施されており、重要なミーティングも安心して実施できるうえ、GoogleやMicrosoftをはじめ各種ソフトと連携しているためビジネスに合ったコミュニケーションツールといえます。

プラン 料金 備考
無料プラン 無料 1ミーティング100人まで、グループミーティング40分まで
プロ 20,100円/ライセンス(年払い) 1ミーティング100人までグループミーティング30時間まで
ビジネス 26,900円/ライセンス(年払い) 1ミーティング300人まで、レコーディング機能
エンタープライズ 47,040円/ライセンス(年払い) 1ミーティング300人まで、レコーディング機能、電話機能

Slack - Slack technologies

サンフランシスコやニューヨーク、シカゴなどに展開するSlack(2009年設立)が運営。

Slackは、2013年8月にリリースされたチームコミュニケーションツールです。チャンネルやダイレクトメッセージ、グループメッセージなどでコミュニケーションを行うツールで、OutlookやSalesforceなど2,200ものアプリとの連携が可能です。

基本的には無料でほとんどの機能が使えますが、有料プランにすることで社外メンバーとも共同作業がスムーズに行え、ツール利用も無制限になるなどのメリットが揃っています。

料金

プラン 月額費用 備考
無料プラン 0円 10,000メッセージまで、アプリ10点まで、ファイルストレージ5GBまで
スタンダード 850円/月(年払いの場合) メッセージ無制限、アプリ無制限、ファイルストレージ10GB
プラス 1,600円/月(年払いの場合) メッセージ無制限、アプリ無制限、ファイルストレージ20GB
エンタープライズグリッド 要お見積り ワークスペース無制限、ワークスペース間でチャンネル共有が可能

KnockMe! - 株式会社LASSIC

ITやAIなど先端テクノロジーを用いて地方創生に後見することを企業理念とする株式会社LASSIC(2006年12月設立)が運営。

KnockMe!はテレワークに焦点を当てたコミュニケーションツールです。

テレワーク・リモートワーク人材転職支援サービス「Remogu」を運営した経験から、従業員同士のコミュニケーション不足に注目し、「今大丈夫?」「ちょっといいですか?」と投げかける「ノック機能」や雑談を楽しめる社内SNS機能を搭載。こうした機能により、リモートワークでも社員の満足度を高められます。

料金

プラン 販売価格 ユーザー数
フリープラン 無料 3名まで
ビジネスプラン パック10 セールスカタログに記載 10名まで
ビジネスプラン パック50 セールスカタログに記載 50名まで
ビジネスプラン パック100 セールスカタログに記載 100名まで
ビジネスプラン パック300 セールスカタログに記載 300名まで
ビジネスプラン パック500 セールスカタログに記載 500名まで

テレワークにおすすめの人事評価ツール

テレワークにおいては顔が見えないために、もっとも難しい課題となる評価。そんなときに役に立つ評価ツールを紹介します。

カオナビ - 株式会社カオナビ

カオナビ 画像出典:カオナビ公式サイト

タレントマネジメントシステムの製造・販売を行う株式会社カオナビ(2012年4月設立)が運営。

カオナビ!は、社員の個性や才能を可視化し業務の効率化を進めるタレントマネジメントシステムです。人材情報の一元化やモチベーション分析など顔に見えないテレワークでも役立つ機能が充実しています。

会社の規模や解決したいマネジメント課題によってプランも選べるので、無駄なく業務の効率化が進められます。

プラン

  • ストラテジープラン:戦略的人材マネジメント
  • パフォーマンスプラン:評価運用の効率化
  • データベースプラン:情報の一元管理

※詳細料金は要問い合わせ

HRMOS(ハーモス)評価 - 株式会社ビズリーチ

HRMOS(ハーモス) - 株式会社ビズリーチ 画像出典:HRMOS公式サイト

転職サイトや人財活用プラットフォームを運営する株式会社ビズリーチが(2007年3月)運営。

HRMOSは採用から入社後におけるデータを連携することで、社員ひとりひとりの実態を可視化できるシステムです。人材管理クラウド「HRMOS」では社員管理から人事評価、1on1支援を、採用管理クラウド「HRMOS採用」では採用状況を一元管理することで、業務を効率化するとともに社員をサポートできます。

料金

要問い合わせ

あしたのクラウドHR - 株式会社あしたのチーム

あしたのクラウドHR 画像出典:あしたのクラウドHR公式サイト

報酬連動型人材育成プログラムや人事評価クラウドシステムを提供する株式会社あしたのチーム(2008年9月)が運営。

あしたのクラウドHRは、KIRINやCAPCOM、日本旅行など3,000社が導入した人事システムです。社員データベースから目標設定・評価・査定・給与確定まで人事評価の一元管理が可能です。またAIによる「目標添削機能」や「評価モニタリング機能」など、AIの力を借りながら評価を行うことで、テレワーク時でもより精度の高い評価ができます。

料金

要お見積り

ゼッタイ!評価 - 株式会社あしたのチーム

ゼッタイ!評価 - 株式会社あしたのチーム 画像提供:あしたのチーム

人材育成プログラムや人事評価クラウドシステムを提供する株式会社あしたのチーム(2008年9月)が運営。

ゼッタイ!評価 は、12か月で評価制度を作り上げ、運用できるようにサポートするサービスです。分析と人事評価制度構築に加え、導入やクラウド型運用に至っては「おせっかい」という名のサポートがつくので、テレワークにあたり評価制度を作る場合にぴったりです。

料金

要お問い合わせ

テレワークのマネジメントはクラウドツールで対応を

テレワークはオフィスに出勤する機会がないため、管理職はもちろん社員も働き方に不安を感じがちです。そんな中で従来のようなマネジメントを行うのは難しく、新しいマネジメントの方法が求められています。

勤怠管理やコミュニケーション、評価など今ではさまざまなオンラインマネジメントツールが提供されており、それぞれをうまく使うことで新しい仕事環境を構築できます。ぜひ上記で紹介したツールを検討してみてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

タレントマネジメントシステム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
タレントマネジメントシステムの最近更新された記事
タレントマネジメントシステム比較23選!価格や機能とサービスの選び方
人材管理ツールのメリット・デメリットをまとめ | コスト・導入難易度は?
人材管理とは?企業・経営として知っておくべきこと・おすすめシステム
カオナビ×サイダス×タレントパレット | クラウド型タレントマネジメントシステムの評判・価格・シェアを比較
おすすめのクラウド人事管理システム比較29選|労務・採用・評価・勤怠管理ごとに最適な各種サービスを紹介
カオナビの使い方 - 機能・料金・事例 | クラウド人材管理ツールで何ができる?
コロナ禍で迎える2度目の春、成長につながる改革を人材確保の要に
在宅勤務でワークライフバランス改善、でもメンタルヘルスは悪化のナゼ
Spotifyが取り入れた、世界中どこででも働ける仕組み リモートワークは国境を越えられるか
KPTとは | ふりかえりのフレームワーク・進め方・成功のコツ・ポイント