コピー完了

記事TOP

経費精算アプリ比較5選 - 交通費精算も | iPhone・Android対応

最終更新日:
スマートフォンで使えるiPhone・Android向け経費精算アプリ5個を比較!実際の画面を画像で確認できるので「自社の利用シーンに適しているだろうか」という不安を解消できます。ボクシル厳選の従業員が楽できるアプリでミスや申請漏れを防ぎましょう!

数あるサービスの中から使いやすいクラウド経費精算アプリを選ぶのは簡単ではありません。そこで経費精算アプリ導入のメリットやモバイル対応している代表的な経費精算アプリを紹介します。iPhoneやAndroidで利用でき、インストール無料のアプリが大半なので安心です。

今回紹介しきれないサービスを含めた詳細資料は、次のリンクからご覧いただけます。アプリ選定の参考にしてください。

【関連記事】
経費精算とは
経費精算システムの比較
経費精算システムの導入事例

「経費精算は面倒くさい」と感じる人は7割以上

交通費や接待費など、営業活動において必ず発生する「(必要)経費」。経費精算は、毎日のように外出する営業社員はもちろん、申請承認するマネージャーや経理部門にとっても非常にわずらわしい業務です。

マネーフォワードが2019年2月に公開したアンケート調査によれば、経費精算業務を面倒くさいと感じる人は73%にのぼります。もっとも面倒だと感じる作業は「レシートや領収書の転記、データ入力作業」です。経費申請をせずに自己負担することがある人は45%にのぼり、月額平均で4,764円も自己負担しているというデータもあります。

経費精算の課題

経費精算は、経理の中でも工数が多く煩雑になりやすい業務です。チェック項目が多く書類を取りまとめたり保管したりする手間も考えると、面倒に感じるのも納得できます。

差し戻しによる工数

交通費の精算はミスが多発しやすい項目です。電車のルートが合理的でなかったり、定期券の区間が除外されていなかったりします。また、電車が動いている時間にタクシーを使用するケースを始め、社内ルールを無視した申請もあります。

交通費申請は間違いが発生しやすく、精算する件数に比例して差し戻しの件数も増加します。結果、経費精算全体において差し戻しの工数が余計にかかります。

請求書や領収書をチェックする手間

紙またはExcelで作成された経費精算申請書は、請求書や領収書といった証憑書類(しょうひょうしょるい)とともに提出されます。申請書と証憑書類のすり合わせは経理が抱える面倒なタスクのひとつです。

まずは申請書の記入に対し証憑書類が揃っているか確認します。そして証憑書類の日付や金額、接待であれば人数や店名、但し書き、金額に間違いがないかを1件ずつ確認します。証憑書類は納税にかかわる大切な書類で、確実に回収・処理しなけれならないため手間がかかる業務です。

書類を保管するコスト

書類は保管するだけでも一定のコストを必要とします。電子帳簿保存をせず紙で証憑書類を保管する場合、7年間の保管義務が課せられます。

7年分の請求書や領収書は保存するには、相応の保管スペースが必要です。Excelで作成された経費精算申請書も印刷・保管する必要があり、紙代やインク代が発生します。証憑書類を紙ベースで保管すると、スペースの地代や書類管理の人件費が発生するため見えないコストがかかっています。

経費精算アプリのメリット

請求書や領収書の転記、データ入力といった面倒な作業は、経費精算アプリやモバイル対応の経費精算システムを導入すれば効率化できます。導入によって得られるメリットは次のとおりです。

申請・承認業務を効率化

スマートフォンのカメラを使って領収書・レシートを撮影すれば、いつでもどこでも経費精算アプリ上での申請が可能になります。出張先や外出中のスキマ時間を活用できるので、ムダな残業も減らせます。月末にまとめて時間を取るよりもはるかに効率的でしょう。

領収書をスキャンして保存

今回紹介する経費精算アプリは、2016年に改正された電子帳簿保存法に対応しています。この法律に対応しているアプリを導入し、特定の運営ルールを遵守すれば、一定期間経過後に原本を破棄し、電子データのみでの領収書保管が可能になります。つまり、紙の領収書保管コストやスペースを削減できるのです。

経費精算システムを導入した企業の事例は、次の記事で詳しく解説しています。

不正申請・人為的ミスを防止

電子帳簿保存法に準拠し、改変できない形式で電子データを保存すれば、不正な申請を未然に防止できます。経費精算のフローをアプリで可視化できるため、紙やExcelを使っていると起こりがちな人為ミスも減らせます。

経費精算アプリの機能

せっかく経費精算アプリを導入するなら、現場の社員が使いやすいシステムを選びましょう。モバイルへの対応や優れた操作性は必須要件といえます。経費精算・交通費精算アプリを選ぶ際は、次のような機能があると便利です。選定の際に検討しましょう。

  • 交通系ICカード読み取り
  • 領収書OCRスキャン
  • 入力規定/不備チェック
  • マルチデバイス対応
  • 電子帳簿保存法対応

経費精算アプリ5選(iPhone・Android)

代表的な経費精算システムのなかでも、モバイル向けに機能強化しているアプリを紹介します。紹介するいずれの経費精算アプリもiPhone・Androidの両方で利用できます。また、システム導入に課金する代わりにアプリインストールは無料なケースがよくあります。

価格や機能だけでなく、スマートフォンアプリの画面イメージもあわせて紹介するので、サービス比較・選定時に参考にしてみてください。

Concur Expense(コンカーエクスペンス) - 株式会社コンカー

Concur Expense(コンカーエクスペンス) - 株式会社コンカー 画像出典:Concur Expense(コンカーエクスペンス)公式サイト

グローバルで豊富な導入実績、経費精算の世界標準

  • 世界でも導入実績豊富、国内の売上シェアNo.1(※)
  • 電子帳簿保存法に対応 日本でも他社にない事例あり
  • 中小企業から大手グローバル企業まで会社規模問わず導入

Concur Expense(コンカーエクスペンス)は、世界6,600万人が利用し、多言語、多通貨にも対応した世界標準の経費精算クラウドサービスです。出張手配システムの「Concur Travel」や請求書管理「Concur Invoice」と連携することで、間接費全体の管理を最適化できます。

(※)出典:ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2020」 国内経費精算市場:ベンダー別売上金額シェアで6年連続1位(2014-2019年度予測)

価格・料金プラン

プラン名 初期費用 固定利用料 1ユーザー料金 無料お試し期間 備考
Concur Expense Standard - 月3万円(税抜)〜 - - -
Concur Expense Professional 都度見積もり 都度見積もり - - -

スマートフォン向け機能

交通系IC取り込み 領収書スキャン 規定不備チェック 入力代行 マルチデバイス 電子帳簿保存法
Concur Expense -

スマートフォンアプリ画面イメージ

(出典:コンカー プレスリリース)

iPhone・iPadの方向け Androidの方向け
Concur Expense - AppStore Concur Expense - Google Play

楽楽精算 - 株式会社ラクス

楽楽精算 - 株式会社ラクス 画像出典:楽楽精算公式サイト

国内導入社数No.1(※)、手厚いサポートも好評

  • 進化を続ける、簡単で使いやすいUIデザイン
  • 専任のサポートスタッフがサポート
  • 国内屈指の防災性能を誇るデータセンター

楽楽精算は、経費精算業務における一連のプロセスをすべて電子化し、一元管理できるクラウド型経費精算システムです。暗号化通信、IPアドレスによるアクセス制限などセキュリティ機能も充実しています。従業員規模が10人から1,000人を超えるような企業まで、幅広く利用されています。

(※)出典:ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2019」SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング(初期出荷から2018年12月末までの累計導入社数)

価格・料金プラン

プラン名 初期費用 固定利用料 1ユーザー料金 無料お試し期間 備考
基本プラン 10万円(税抜)〜 3万円(税抜)〜 - 30日 利用人数により月額費用は変動

スマートフォン向け機能

交通系IC取り込み 領収書スキャン 規定不備チェック 入力代行 マルチデバイス 電子帳簿保存法
楽楽精算 -

スマートフォンアプリ画面イメージ

(出典:ラクス プレスリリース)

動画

iPhone・iPadの方向け Androidの方向け
楽楽精算 - AppStore 楽楽精算 - Google Play

マネーフォワード クラウド経費 - 株式会社マネーフォワード

マネーフォワード クラウド経費 - 株式会社マネーフォワード 画像出典:マネーフォワード クラウド経費公式サイト

経費精算業務を1/10に

  • マネーフォワード クラウド会計との連携に強み
  • 直感的に使えるシンプルな操作感
  • ダッシュボード・レポート機能で経営を見える化

「マネーフォワード クラウド経費」 は、会計ソフトでおなじみのマネーフォワードが提供するクラウド型経費精算システムです。カード明細や交通系ICカードの自動読取、レシート入力の自動化など基本的な機能を備え、クラウドAPIを使ったサービス連携が強みです。

価格・料金プラン

マネーフォワード クラウド経費は、従業員数に応じて料金が異なります。

プラン名 初期費用 固定利用料 1ユーザー料金 無料お試し期間 備考
6名〜30名 なし なし 月500円(税抜) 1か月 別途各種オプション料金
31名以上 都度見積もり 都度見積もり 都度見積もり お問い合わせ -

スマートフォン向け機能

交通系IC取り込み 領収書スキャン 規定不備チェック 入力代行 マルチデバイス 電子帳簿保存法
マネーフォワード クラウド経費

スマートフォンアプリ画面イメージ

(出典:編集部撮影)

動画

iPhone・iPadの方向け Androidの方向け
マネーフォワード クラウド経費 - AppStore マネーフォワード クラウド経費 - Google Play

Dr.経費精算 - 株式会社BearTail

Dr.経費精算 - 株式会社BearTail 画像出典:Dr.経費精算公式サイト

入力代行、原本保管に強み

  • 電子帳簿保存法対応、JIIMA認証
  • データスキャンから入力まで代行サービスあり
  • 132の外貨、英語表示に対応

Dr.経費精算は、オペーレーターによる入力代行で申請の手間を徹底的に削減したクラウド経費精算システムです。申請はスマートフォンで撮影した画像を送るだけ。手入力は必要ありません。電子帳簿保存法に対応していますが、法要件をクリアしなくてもペーパーレスを実現する「領収書の保管代行サービス」を提供しており、紙原本の保管コストを削減できます。

料金・プラン

初期費用、システム利用料0円〜(領収書枚数単位の従量課金制)

スマートフォン向け機能

交通系IC取り込み 領収書スキャン 規定不備チェック 入力代行 マルチデバイス 電子帳簿保存法
Dr.経費精算

iPhoneアプリ Androidアプリ
Dr経費精算 - AppStore Dr経費精算 - Google Play

Staple - クラウドキャスト株式会社

スマートフォンでシンプルに経費精算できるサービス

  • スマートフォンで撮影した領収書データを保存、添付可能
  • AIによる領収書読み取り機能
  • 法人プリペイドでキャッシュレス化も

Stapleは、スマートフォンアプリのデザインが評判の経費精算サービスです。アプリから操作する法人プリペイドカードとセットで提供されており、チャージや購入の履歴を効率よく管理可能。AIによる領収書読み取り機能やICカード連携はもちろん、各会計ソフトや銀行振込データとの連携、ビジネスチャットとの連携も可能。

料金・プラン

プラン名 初期費用 固定利用料 1ユーザー料金 無料お試し期間 備考
スタンダード - 10万円(税抜)〜 月600円(税抜) 30日 -
プラス - お問い合わせ 年6,000円(税抜) 30日 -

スマートフォン向け機能

交通系IC取り込み 領収書スキャン 規定不備チェック 入力代行 マルチデバイス 電子帳簿保存法
Staple - -

スマートフォンアプリ画面イメージ

(出典:クラウドキャスト プレスリリース)

iPhone・iPadの方向け Androidの方向け
Staple - AppStore Staple - Google Play

経費精算アプリの機能比較表

今回紹介した経費精算アプリについて機能の有無を比較表にまとめました。

交通系IC取り込み 領収書スキャン 規定不備チェック 入力代行 マルチデバイス 電子帳簿保存法
Concur Expense -
Dr.経費精算
楽楽精算 -
マネーフォワード クラウド経費
Staple - -

注目の経費精算システム、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめ経費精算システムをまとめてチェック!

経費精算システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。従業員の領収書電子化、交通費のICカードからの読み取りなど、従業員の経費精算のスピード向上のために導入される経費精算システムの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

経費精算アプリを活用しよう

経費精算はひと昔前まで手作業が多く煩雑な業務でしたが、経費精算アプリの普及によって効率化している企業も増えてきました。自社にぴったりの経費精算アプリを選定、活用し、社内の生産性向上につなげましょう。なお、今回の記事で紹介しきれなかった経費精算システムは次の記事でも詳しく紹介しています。あわせてご覧ください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

AppStoreとAppStoreのロゴは、Apple Inc.の商標です。Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。
経費精算システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
経費精算システムの最近更新された記事