コピー完了

記事TOP

電子契約サービス比較16選|料金・導入事例・無料トライアルあり

最終更新日:
電子署名とタイムスタンプにより法的効力を持つ電子契約は、契約書から印紙を排除するコスト削減効果や業務効率化などのメリットを持ちます。電子帳簿保存法といった法的根拠を解説し、ボクシルおすすめの電子契約サービスを比較します。

書面での契約では「稟議書の郵送と社内処理に手間がかかる」「判子を押すためだけに出社しないといけない」などの手間が発生し、悩んでいる方もいるでしょう。

しかし、電子契約サービスなら上記のような手間がかからず、テレワーク、リモートワークでもネット上で簡単に契約を結ぶことができます。

本記事では電子契約サービスの特徴や料金を比較できるよう一覧で紹介しているので、ぜひシステム導入する際の参考にしてください。

\電子契約システムのおすすめサービスを資料で比較!/
※ ダウンロードする資料の選択画面へ遷移します。

電子契約とは

電子契約とは、紙で締結していた従来の契約書を電子文書に置き換えたものです。電子署名やタイムスタンプを用いて双方の合意を証明し、法的効力を持たせられます。インターネットや専用回線といった通信回線を用いて契約を完結できるのが特徴です。

一般財団法人「日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)」が普及を進めており、企業全体の14%がすでに採用、検討しているのは29%と、電子契約導入に43%もの企業が前向きに取り組んでいます

電子契約と紙契約との違い

電子契約ではWeb上で契約締結が完結することにより、従来と比較すると製本・郵送・返送・締結の各段階で業務効率化とコスト削減が同時に期待できます。

企業間や個人を問わず契約締結では、契約内容について後々のトラブルを避けるための証拠書類として、契約書を書面にて保管することがほとんどなので、契約書締結までのプロセスが効率化できるのは非常に魅力的です。

電子契約と従来の契約はどこが変わるのか、流れをおさらいしつつ違いを解説します。

電子契約での契約締結

電子契約での契約締結では、従来必要だった「印刷」「製本」「封入・郵送」「返送」「ファイリング」という作業がなくなります。

電子契約の流れ 電子契約の流れ

  1. 作成した契約書をPDF化する際に、電子署名とタイムスタンプを生成
  2. 電子署名とタイムスタンプを埋め込んで送付
  3. 確認した相手方が同様に電子署名とタイムスタンプをPDFに埋め込む
  4. 返送
  5. 契約完了して保管

契約書PDFファイルのやり取りは、メール添付で行われることもあります。しかし最近ではクラウドサインに代表される電子契約システムによって、契約締結のプロセスをクラウドで管理できるようになっており、強固なセキュリティと管理のしやすさで注目を集めています。

【おさらい】従来の契約締結

従来のBtoB契約締結を例に、契約書が作成・保管されるまでを振り返ってみましょう。太字部分が電子契約では必要なくなった作業です。

  1. 契約内容の合意
  2. 契約書
  3. 印刷(自社・先方の2部)
  4. 製本
  5. 押印
  6. 封入・郵送
  7. 先方到着、内容確認
  8. 先方が押印(2部とも)
  9. 1部のみ返送
  10. 両社の押印がされた契約書が1部到着
  11. 内容確認後、ファイリング
  12. 契約完了して保管

合意後に個別の内容に応じた契約書を作成するのは電子契約も同様ですが、相手方の郵送や返送に非常に時間がかかるケースが多く、契約書が手元に戻るまで最大2〜3週間かかってしまうこともあったのではないでしょうか。

電子契約では返送や郵送の必要がなく、内容の変更が起きたとしてもスピーディーにやり取りできるでしょう。


契約書の正しい郵送方法についての解説はこちら
契約書の書き方/雛形はこちら

ボクシルおすすめ電子契約システム 【PR】

ボクシルおすすめ電子契約システムはこちら

ドキュサインの電子署名 Adobe Sign リーテックスデジタル契約®
ドキュサインの電子署名の口コミ
世界標準の厳しいセキュリティを満たす
安全性と利用環境
Adobe Signの口コミ
年間60億回以上の取引を支える
アドビの電子契約サービス
リーテックスデジタル契約®の口コミ
法律に準拠した
業界トップクラスの安全性を誇る
平均総合評価:5.0
ドキュサインの電子署名の口コミ
ドキュサインの電子署名の口コミを見る
平均総合評価:準備中

Adobe Signの口コミを投稿する
平均総合評価:4.7

リーテックスデジタル契約®の口コミを見る

電子契約サービスおすすめ比較16選

電子契約はスピーディーな契約締結を実現しますが、実際に電子署名やタイムスタンプの埋め込みなど、技術的に解決しなければならない課題もあります。こうした課題を解決し、より効率的な業務遂行を現実のものとするのが、電子契約システムです。

ここからはボクシルおすすめの電子契約システムを厳選して比較します。また、メリットやデメリット、関連法律については記事の後半で解説しているので、サービス導入検討の際はあわせて確認しておきましょう。

ドキュサインの電子署名 - ドキュサイン・ジャパンサイト

ドキュサインの電子署名 - ドキュサイン・ジャパンサイト 画像出典:ドキュサイン・ジャパンサイト

評判・口コミ

ボクシルにあるドキュサインの電子署名の口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:ドキュサインは多言語に対応している

ドキュサインは英語や中国語を含む43言語に対応しています。他のサービスと比較しても圧倒的な多さです。

【評判】職種:IT/通信/インターネット系・利用アカウント数:1件(中小企業)
評価:★★★★★
ドキュサインを契約書や、社内の申請書に押印が必要なときに使っています。テレワークに切り替わってからも、自宅から対応できるのが嬉しいです。弊社は様々な国の顧客とやりとりがありますが、ドキュサインは多言語に対応しているので助かっています

改善を望む点:UIやレイアウトが少し見づらい

利用する人によっては「UIが少し古い」「レイアウトが少し分かりづらい」と感じる方もいるようです。

【評判】職種:IT/通信/インターネット系・利用アカウント数:1件(中小企業)
評価:★★★★★
いつでもどこでも契約の締結が可能となり、契約までの時間が短縮されます。ペーパーレスなので、様々なコストの削減ができそうです。セキュリティーもしっかりとしていそう。もともと導入されていたものですが、契約までの時間の短縮や手間の削減、付随コストの削減につながっていることは間違いないと思います。改善してほしい点をあげるなら、レイアウトが少し分かりづらいことでしょうか。

>>ドキュサインの口コミをもっと見る

ドキュサインの電子署名の価格

プラン名 初期費用 月額料金
Personal(個人向け) - 15ドル(年契約の場合10ドル)
Standard(企業向け) - 40ドル(年契約の場合25ドル)
Business Pro(企業向け) - 60ドル(年契約の場合40ドル)
無料トライアル あり 30日間

※高度なソリューションについては要問合せ

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
-
  • 契約や合意にかかわる時間やコストを削減
  • 世界標準の厳しいセキュリティをクリア
  • 数百ものエンタープライズソリューションと連携可能

ドキュサインの電子署名は、世界180か国以上で利用されている電子署名サービスです。申請や著名捺印を電子化し、契約や合意にかかる時間やコストを削減。

世界基準の厳しいセキュリティ基準を満たし、43言語の電子署名を利用可能。30日間無料トライアルで、法人向けサービスも利用できるため、実際の使用感を試してから導入が行えます。

「ドキュサインの電子署名」の導入事例 【PR】

「ドキュサインの電子署名」の導入事例を無料でダウンロードしていただけます。



導入企業:オリンパス株式会社
導入前の課題:契約締結が最長2か月要することに課題を抱えていた。
課題解決のためにドキュサインを導入。導入結果で得られた効果とは?気になる導入事例の詳細は、資料でご覧ください。

Adobe Sign(アドビサイン) - アドビ株式会社

Adobe Sign - アドビ株式会社 画像出典:Adobe Sign公式サイト

評判・口コミ

Adobe Signは他のサービスに比べて無料トライアル期間が7日間と短いです。しかし、連携システムや機能面は充実しているので、あらかじめサービスについて詳しく調べてから無料トライアルを利用したほうが、7日間で使いやすいさや機能性について理解できるでしょう。

【評判】職種:小売/流通/商社系・利用アカウント数:1件(中小企業)
評価:★★★☆☆
無料期間が7日間だけと非常に短くすぐ有料で利用することになってしまいます。国内で利用している企業がすくないため電子サインサービスとしてはまだなじみがない企業が多いです。

Adobe Signの価格

プラン名 初期費用 月額料金
個人版 0円 1,007円
小規模企業版 0円 3,882円
ビジネス版/エンタープライズ版 要問合せ 要問合せ
無料トライアル あり 14日間

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
-
  • 世界中で年間60億回以上もの取引実績
  • 契約締結までの時間とコストを大幅削減
  • さまざまなソリューションと連携可能

Adobe Sign(アドビサイン)は、世界中の企業に幅広く利用されている電子契約システムです。契約書の送信や署名の取得、トラック、ファイリングをデジタル化します。パソコンやモバイルデバイスがあれば、いつでもどこにいても契約や承認作業が完了できます。

電子サインは電子署名法における「本人性の確認」と「非改ざん性の確保」の法的要件を満たしています。本人認証についてはメールアドレスの認証に加え、ワンタイムパスコードによる2段階認証にも対応しているので安心して利用可能です。また、MicrosoftやSalesforce、kintoneなどをはじめとする、さまざまなシステムとの連携機能をあらかじめ備えています。

NINJA SIGN(ニンジャサイン) - 株式会社サイトビジット

NINJA SIGN - 株式会社サイトビジット 画像出典:NINJA SIGN公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるNINJA SIGN(ニンジャサイン)の口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:契約書作成から締結までの流れと操作が簡単

NINJA SIGNの評判を見ると、使いやすさについて高い評価をしている口コミが多いです。余計な機能がなく、テンプレート登録や修正、契約締結など便利な機能が簡単に利用できます。

【評判】職種:IT/通信/インターネット系・従業員規模:51~100人(中小企業)
評価:★★★★☆
従来の紙での契約書管理・締結までの一連の流れでの管理や工数に限界を感じていたころ、NINJA SIGN(忍者サイン)というワンストップ電子契約サービスに出会いました。まず他社さんの電子契約ツールとの違いですが、(NINJA SIGNを導入する前に他社さんのツールを一通り試していました・・。)とにかく契約書作成~締結までの操作や流れが簡単なところです。私が考える法務担当者はネットに疎い方が多いのではないかと思いますので、とにかく「簡単」を一番の重点に置きます。

改善を望む点:特にありませんでした

ボクシルの口コミにはNINJA SIGNに改善を望む口コミはありませんでした。

>>NINJA SIGNの口コミをもっと見る

NINJA SIGNの価格

プラン名 初期費用 月額料金
Lightプラン 0円 4,980円
Light+プラン 0円 19,800円
Proプラン 要問合せ 要問合せ
無料プラン あり -

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
-
  • アカウント課金型、定額で使いやすい
  • 法務のやり取りもワークフロー機能で可視化
  • タイムスタンプで安心のセキュリティ体制

NINJA SIGN(ニンジャサイン)は、契約書の作成からレビュー、締結、管理までクラウド上で行える電子契約サービスです。締結した契約書はクラウド上に保管。レビューを含め、複雑な法務とのやり取りも可視化し一元管理できます。

申込書をはじめ相手方の記入が必要な書面にも対応、タイムスタンプ機能で改ざんも防げます。料金は月額固定で、契約締結数や送信数に制限はありません。また導入後も、ヘルプデスクやユーザーコミュニティといったサポートを受けられます。

リーテックスデジタル契約® - リーテックス株式会社

リーテックスデジタル契約 - リーテックス株式会社 画像出典:リーテックスデジタル契約®公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるリーテックスデジタル契約®の口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:本人確認が厳重に行われるため安心できる

リーテックスデジタル契約®は、金融機関と同レベルの厳重な本人確認を実施しているため、安心してサービスを利用できます。

【評判】職種:係長・主任クラス・従業員規模:31~50人(中小企業)
評価:★★★★☆
【良い点】
本人確認がしっかりしているので安心して契約締結作業ができそうです。契約期日や、契約金額などをデータで管理できるので良いですね。この電子契約なら法人間契約でも安心して締結できます。印紙税の節約額が見れるのも、好感が持てました。スタッフの方の対応が丁寧で良かったです。
【改善してほしい点】
本人確認が厳重な分、必要書類や情報を揃えるのが大変でした。スタッフの方が一からサポートしてくださったのでスムーズに登録できました。

改善を望む点:本人確認が厳重な代わりに時間がかかる

本人確認を重点的に行うため登録に時間が少しかかります。しかし、本人確認を行う他サービスと比較してコストパフォーマンスが良いサービスです。

【評判】職種:職種:役員(取締役)・従業員規模:11~30人(中小企業)
評価:★★★★☆
【良い点】 本人確認を行っており、デジタル契約で誰と契約したのかが担保されているところは素晴らしいと思います。 また、本人確認を行う同種のサービスに比べて大幅に導入コスト、ランニングコストが低いことはとてもありがたいと思っています。
【改善点】
本人確認を行うことの裏返しではあるのですが、登録に時間がかかるところでしょうか

リーテックスデジタル契約®価格

プラン名 契約発信(アップロード) 月額料金
エントリープラン 5回まで ※上限あり 0円
スタンダードプラン 5回まで/月 ※上限あり 10,000円
プレミアムプラン 20回まで/月 ※上限なし、21回~/1回:2,000円 100,000円
エンタープライズプラン カスタマイズ 別途お見積り

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
-
  • 認定事業者によるタイムスタンプ
  • 金融機関と同等の厳重な本人確認
  • 印紙税をはじめとしたコストと管理工数の削減

リーテックスデジタル契約®は、国内トップクラスの安全性を誇る電子契約サービスです。本人確認は国が指定する電子債権記録機関である、Tranzax電子債権株式会社と連携しています。

犯罪収益移転防止法に準拠し、厳しい本人確認を実施するため、反社会的勢力が取引関係に介入するのを未然に防ぎます。電子契約による印紙税の節約はもちろん、契約金額の入力でどのくらい節約できたのか管理画面で確認できます。導入費用無料なのも特徴的です。

BtoBプラットフォーム 契約書

BtoBプラットフォーム 契約書 - 株式会社インフォマート 画像出典:BtoBプラットフォーム 契約書公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるBtoBプラットフォームの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:請求業務やワークフロー・見積書も電子化できる

BtoBプラットフォーム 契約書は、請求書以外にもワークフローや見積書なども電子化できるので、社内の請求業務の効率化につながります。

【評判】職種:係長・一般社員・従業員規模:501~1000人(大企業)
評価:★★★★☆
デスク周りの書類の山にうんざりしていましたが、過去の契約書も保管できるサービスだったのが導入のきっかけです。 契約書以外にも、請求業務やワークフロー・見積書も電子化でき、社内の生産性が向上しました。

改善を望む点:特にありませんでした

ボクシルの口コミにはBtoBプラットフォームに改善を望む口コミはありませんでした。

BtoBプラットフォーム 契約書の価格

プラン名 従量課金 月額料金
フリープラン - 0円
シルバープラン 50円/通 10,000円
ゴールドプラン 0円/~100通
50円/101通~
30,000円

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
-
  • ブロックチェーン技術による契約の信頼性担保
  • 40万社のネットワークによる対応工数削減
  • 業界唯一、見積〜請求までのすべての商取引が電子化可能

BtoBプラットフォーム 契約書は、契約書の締結業務を電子化し、時短・業務軽減・コスト削減(郵送代・印紙税等)を実現。 最新のブロックチェーン技術を採用し、契約内容の信用性・機密性を確保できます。

40万社のネットワークがあるため、取引先がBtoBプラットフォーム 契約書を利用している可能性が高く、対応工数の削減が期待できます。もちろん個人事業主の方でも登録が可能です。

クラウドサイン - 弁護士ドットコム株式会社

クラウドサイン - 弁護士ドットコム株式会社 画像提供:弁護士ドットコム

評判・口コミ

ボクシルにあるクラウドサインの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:契約締結業務が効率的になる

クラウドサインは面倒な契約締結が簡単に管理、締結できるため「業務スピードが上がった」「契約締結業務がとても楽になった」などの評判・口コミが多かったです。

【評判】職種:IT/通信/インターネット系・利用アカウント数:1件(中小企業)
評価:★★★★★
いままで、契約締結業務をするとなると非常に面倒な手続きであり、憂鬱でしたが、クラウドサインはネットでちょっと設定したりするだけで簡単に締結でき、面倒なことがなくなったためです。

改善を望む点:特にありませんでした

ボクシルの口コミにはクラウドサインに改善を望む口コミはありませんでした。

>>クラウドサインの口コミをもっと見る

クラウドサインの価格

プラン名 従量課金 月額料金
フリープラン - 0円
スタンダードプラン 200円/通 10,000円
ビジネスプラン 200円/通 100,000円

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
-
  • 印紙代を含めたコストを大幅削減
  • 契約締結をスピードアップ
  • 契約書を含めた文書をクラウドで一元管理

クラウドサインは、紙で進めてきた契約作業をわずか数分間ですべて完結可能なクラウドベースの電子契約システムです。

締結頻度の高いNDA(秘密保持契約書)のような契約書や、月々の取引が発生してくる取引先との受発注書のやりとりといった手続きを簡略化、雇用契約書や身元保証書などの入社書類は、社内書類として電子化が容易となるため、郵送に掛かっていた事務手続きの低減も期待できます。

また個人事業主向けのプランで、月間5件までの契約が無料で利用できるフリープランも用意しており、まずは無料で試してみたいという企業にもおすすめです。

クラウドサインの導入事例

クラウドサインの導入事例をまとめました。気になる会社の導入事例を無料でダウンロードしていただけます。

パーソルキャリア株式会社 株式会社メルカリ ラクスル株式会社
契約締結のリードタイムを圧縮することで 機会損失を防いでいます。 紙だとできない「一括処理」がクラウド化により実現。 70 倍速の効率化です! クラウドサインで 「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」

WAN-Sign(ワンサイン) - 株式会社ワンビシアーカイブズ

WAN-Sign - 株式会社ワンビシアーカイブズ 画像出典:WAN-Sign公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

WAN-Signの価格

プラン名 従量課金
実印版 300円/件※別途、電子証明書発行料で8,000円/年
認印版 100円/件

※無料プラン有り

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
-
  • 電子契約と書面契約を一元管理
  • 認定事業者によるタイムスタンプ
  • さまざまなシステムと連携可能

WAN-Signは、4,000社の機密書類の管理実績を誇る電子契約システムです。従来の書面契約もPDF形式で電子化され、電子契約とあわせて一元管理できます。政府機関や多数の大手企業でも利用されているGMOグローバルサインと直接連携しており、電子認証局の基準を満たした証明書を使用しているため、安心して電子契約を利用できます。

メール認証による本人確認もでき、電子契約に慣れていない取引先からも負担なく署名をもらえます。さまざまなワークフローやCRM、基幹システムとAPI連携ができるため、契約関連の業務効率化が期待できます。

LegalForce(リーガルフォース) - 株式会社LegalForce

LegalForce - 株式会社LegalForce 画像出典:LegalForce公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

LegalForceの価格

プラン名 従量課金
要問合せ 要問合せ

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
-
  • AIによる自動の契約書レビューで業務を効率化
  • レビュー品質のばらつきを解消するデータベースを作成
  • 弁護士が監修したひな形を活用して業務品質を向上

LegalForceは、AIで瞬時に契約書を自動レビューするクラウド型レビュー支援ソフトウェアです。契約書にある不利な条文や欠落条項、抜け漏れをAIがチェックして見落としを防ぎます。

自社のひな型や過去の契約書を自動でデータベース化し、必要な条文を簡単に取り出せます。また、法律事務所が作成した契約書のひな形や書式を250点以上搭載。企業法務に特化したひな形や書式は、弁護士が作成した実用的なもので法改正にも適時に対応できます。

かんたん電子契約 for クラウド - セイコーソリューションズ株式会社

かんたん電子契約 for クラウド - セイコーソリューションズ株式会社 画像出典:かんたん電子契約 for クラウド公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

かんたん電子契約 for クラウドの価格

プラン名 従量課金
要問合せ 要問合せ

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
- - -
  • 印紙税や郵送費など契約書にかかっていたコストを削減
  • タイムスタンプ国内シェア60%を誇る
  • Webブラウザ上で契約関連がワンストップ

かんたん電子契約 for クラウドは、契約作業をWebブラウザ上で完結できる電子契約システムです。紙の契約書にかかっていた印紙税や郵送費を削減するのはもちろん、Webブラウザで簡単に扱えるため、契約締結までの時間も短縮します。2019年に発行された国内認定タイムスタンプ数1億9000万スタンプのうち、61%がセイコーのタイムスタンプです。

豊富な導入実績と高い信頼性で安心して活用できます。また、契約書をアップロードして取引先を指定するだけで、承認依頼通知が送付されます。顧客は受け取ったURLから契約書を閲覧できるので、承認や締結までをワンストップで行えます。

paperlogic(ペーパーロジック) - ペーパーロジック株式会社

paperlogic - ペーパーロジック株式会社 画像出典:paperlogic公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるpaperlogic(ペーパーロジック)の口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:導入サポートが充実している

導入サポートが充実しているので、電子契約システムを初めて導入する企業でもスムーズに運用し始められます。

【評判】職種:小売/流通/商社系・利用アカウント数:1件(中小企業)
評価:★★★★☆
初めてでも利用可能にする為の導入サポートが充実しており、契約業務に関わる費用を大幅に削減」、「ペーパーレスによる業務のスピードアップ」、「各種法令に準拠したコンプライアンスの強化」の3つのメリットを実現できます。

改善を望む点:特にありませんでした

ボクシルの口コミにはpaperlogicに改善を望む口コミはありませんでした。

paperlogicの価格

プラン名 初期費用 月額料金
月25契約まで - 20,000円
月50契約まで - 35,000円
月75契約まで - 50,000円
月100契約まで - 65,000円

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
連携にて可能 - -
  • 電子署名法・電帳法対応に完全準拠
  • 契約相手先はログイン不要
  • 認印相当の簡易署名が使い放題

paperlogic(ペーパーロジック)は、経理・総務・法務の法定保存文書を電子化する電子契約システムです。無制限で利用できるタイムスタンプ機能をはじめ、電子認証基盤がすべて組み込まれているため、法令対応が1つのサービスで完結。

契約相手先はサービスを使用していない場合も、ゲストとして登録するだけで無料でスムーズに利用できます。電子証明書のあり/なしを署名者ごとに選択でき、証明書なしの簡易署名は数の制限がないのも魅力の一つです。

GMO電子印鑑Agree - GMOクラウド株式会社

GMO電子印鑑Agree - GMOクラウド株式会社 画像出典:GMO電子印鑑Agree公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるGMO電子印鑑Agreeの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:簡単な操作で誰でも電子サインの書類を作成

GMO電子印鑑Agreeシンプルな操作性が特徴的で、使いやすさに関する評判・口コミが多いです。

【評判】職種:IT/通信/インターネット系・利用アカウント数:1件(中小企業)
評価:★★★★☆
PDFを読み込んで押印領域を指定するだけで誰でも簡単に電子サイン用書類が作成できます。ワークフローも電子メールアドレスを指定するだけの簡単操作。複数の承認も並行してできます。操作が簡単、特に押印側はクリック数回で完了。ID一つであれば無料で利用可能なのでお試しに最適。

改善を望む点:特にありませんでした

ボクシルの口コミにはGMO電子印鑑Agreeに改善を望む口コミはありませんでした。

>>GMO電子印鑑Agreeの口コミをもっと見る

GMO電子印鑑Agreeの価格

プラン名 初期費用 月額料金
お試しFreeプラン - 0円
スタンダード(契約印・法的に有効) 0円 10,000円
ビジネス(実印・法的に有効) 0円 20,000円

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
-
  • 国内シェアNo.1の電子認証局と直接連携
  • 電子署名と電子サインを併用した契約締結
  • 電子帳簿保存法に標準対応

GMO電子印鑑Agreeは、導入実績1,000社以上の実績を誇る電子署名と電子サインを併用した契約締結ができる電子契約システムです。全世界で2500万枚の発行実績を誇り、政府機関や大手企業でも利用されているGlobalSignの発行システムと直接連携です。

電子署名と電子サインを併用した契約締結もできるので、自社は電子署名で法適合性や署名権限を限定しつつ、相手方は電子サインで簡単に利用可能。税法上で要求される検索機能を標準で実装しており、締結済みの電子契約を紙に印刷することなくそのまま保存できます。

Holmes(ホームズ) - 株式会社Holmes

Holmes - 株式会社Holmes 画像出典:Holmes公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

Holmesの価格

要問合せ

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
-
  • 紙の契約書にも対応
  • 契約ステータス・契約書のバージョン管理機能
  • 金額・当事者名で内容を検索可能

Holmesは、契約書の作成・締結・管理が行える電子契約システムです。電子契約だけでなく書面の契約も、契約過程での修正履歴をすべて契約書に紐付けて管理できるため、金額や当事者名などの契約内容をスムーズに把握可能です。

契約ステータスや契約書のバージョン管理などの機能も豊富で、締結までの手間と時間の大幅な削減が期待できるでしょう。

Hubble(ハブル)- 株式会社Hubble

Hubble - 株式会社Hubble 画像出典:Hubble公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

Hubbleの価格

要問合せ

機能・詳細

タイムスタンプ機能 契約書管理 ワークフロー機能 テンプレート機能 合意締結証明書の発行
- -
  • 法務ドキュメントのやりとりを効率化
  • 契約書の雛形や社内規定・規則の管理にも最適
  • 専門家のによるリーガルコメントもドキュメントと一緒に保存

Hubbleは、法務ドキュメントのやりとりに最適化した電子契約システムです。契約書を一度アップロードすれば、Hubble内でコミュニケーションを取りながら法務確認ができるので、社内全体での法務ドキュメントのやり取りが円滑に行えます。

過去の変更履歴もバージョンごとに詳細に保存し、ドキュメントの作成過程を可視化するので、いつでも必要な情報に労せずアプローチできます。ドキュメントと一緒にコメントも保存ができる機能を活かし、専門家のリーガルコメントを一括管理することで法務ノウハウの社内共有に活用できます。

CECTRUST電子契約サービス

CECTRUST電子契約サービス -   <br>
株式会社コンストラクション・イーシー・ドットコム

CECTRUST電子契約サービスは、紙での原本管理を行っていた書類も含めて一元管理することで契約書の電子化を行うサービスです。紙・電子の2つが交じることで煩雑になっていた管理を一元化し、効率的な業務を実現します。

CECTRUST電子契約サービスの価格

要問合せ

SignUpOne(サインナップワン)

SignUpOne - SB C&S株式会社 画像出典:SignUpOne公式サイト

SignUpOneがソフトバンクグループが提供している電子契約システムです。ワンタイム証明書、電子証明書の発行をシステム上で行うためより安全な電子契約のシステムといえます。

SignUpOneの価格

要問合せ

Digital Storage(デジタルストレージ)

Digital Storage - 株式会社デジタルストレージ 画像出典:Digital Storage公式サイト

Digital Storageは初期費用がかからない点が他社との1番の違いです。また電子証明書の発行もツール上から行えるためセキュリティ面もカバーしているツールです。費用を抑えたシステムを検討の企業にはおすすめです。

Digital Storageの価格

プラン名 従量課金 年額料金
個人版 - 12,080円
グループ版 - 46,580円
ビジネス版 - 要問合せ
エンタープライズ版 - 要問合せ


上記で紹介した電子契約システムの口コミやランキング、料金詳細の一覧はこちらからで掲載しています。

電子契約システムの比較ポイント・選び方

電子契約システムを比較するうえで、押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。この3つのポイントは、電子契約を選ぶ際に最低限知っておくべき軸です。しっかりおさえておきましょう。

  • セキュリティ対策をチェック
  • 対応書類をチェック
  • 無料版の有無をチェック

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

セキュリティ対策をチェック

電子契約ではネット上で機密情報を取り扱うため、サイバー攻撃の対象となるリスクが高いです。悪意のある第三者から大事な情報を守るためにも、厳重なセキュリティ機能が搭載されているかを確認しましょう。

  • 暗号化送受信対応
  • タイムスタンプ
  • 電子署名
  • 自動バックアップの有無

上記のセキュリティ機能が搭載されていると安心です。

対応書類をチェック

電子契約システムでは、契約書の他にも対応可能な書類が数多く存在します。しかし、中にはサービスによっては利用できない、書類や法律上適用不可の書類もあるため注意が必要です。

システムを利用する前に、取り扱い可能な書類を必ず確認しましょう。電子契約システムの公式サイトに行けば、対応可能な書類が公開されています。自社で利用したい書類があるか照合することをおすすめします。

無料版の有無をチェック

多くの会社が無料トライアルやフリープランなどのサービスを用意しています。電子契約システムを利用する際は、無料トライアルを試してみましょう。

使い勝手の良し悪しや、自社業務との相性なども確認できます。複数の製品を比較することで、導入後に失敗するリスクを下げ、より自社に適した電子契約システムを見つけられるはずです。

電子契約システム導入前に念入りな情報収集を!

 システム選び

近年、テレワーク・リモートワーク推奨などの影響により、電子契約サービスを導入する企業は増えてきています。しかし、ボクシルに寄せられる評判・口コミを調べると、電子契約サービスを「導入する前に情報収集を徹底しておけばよかった」という意見は少なくありません。

システム導入時に情報収集を念入りに行なった企業では導入後の満足度が高く、反対に情報収集に時間をかけなかった企業では社内の利用率が低くなりやすいです。

そのため、システム導入で失敗しないためには各サービスの情報収集を念入りに行い、料金や機能、特徴を比較することが重要です。

ぜひ、電子契約システムの導入を検討する際は、ボクシルの無料でダウンロードできる資料を参考に情報収集し、気になるサービスを比較してください。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

電子契約の特徴とおすすめサービスをおさらい

電子契約とは、電子署名やタイムスタンプを用いて双方の合意を証明し、契約締結に法的効力を持たせられるもののことです。メリットや従来の紙での契約との違い、メリットおさらいしておきます。

  • 「印刷」「製本」「封入・郵送」「返送」「ファイリング」作業がなくなる
  • 印紙が不要になる
  • 郵送コスト、作成コストなどの削減
  • 契約締結の効率化
  • 電子署名とタイムスタンプによるコンプライアンス強化
  • 保管や管理のリスク分散

近年では状況が変わりつつあるかもしれませんが、世界的に見れば日本の承認フローは非常に複雑であり、その流れが、遅々として進まない従来の契約締結にも現れていたように思えます。

この判断と業務進行の遅さは、現代の経済市場においては致命的でもあり、チャンスをみすみす逃してしまうことにもなりかねません。

電子契約がほぼ認められる環境になりつつある現在、こうした状況を打破することが企業のブレイクスルーにつながり、成長をもたらすのかもしれません。電子契約のシステムを導入し、スピーディーな契約締結を実現しましょう。

DocuSign eSignature NINJA SIGN クラウドサイン
188か国、43言語への署名へ対応
2億を超えるユーザー数
作成、レビュー、締結まで一元管理可能 電子契約利用企業の約80%が利用する累計登録者数No.1サービス(※矢野経済研究所調べ)

上記3サービスも含め、記事中で紹介した電子契約システムのおすすめの詳細資料は、こちらから無料でダウンロードできます。まとめてサービスを比較する際にお役立てください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

電子契約システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
電子契約システムの最近更新された記事