チャットシステムのサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間

Helpfeel

OfficeBot

KARTE

Cognigy

CLOVA Chatbot

anybot

GENIEE CHAT

0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
350,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
(月)
1,500
円(税抜)~
情報なし
情報なし
150,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
(月)
4,980
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
4.0点
プログラミングスキルがない初心者の私でも簡単にWEBサイトへのサービスを実装することができました。 疑問点もサポートデスクに連絡するとすぐに返信がありすぐに問題解決することが出来ました。 他社と比較しても使い易くサポートの質も高いと思います。
4.0点
ボットのポップアップデザインの自由度が高く、チャットボットが表示された時にサイトの景観を邪魔しない、そして使いやすさが感じられたのがチャットプラスを選ぶ決め手となりました。 メールの問い合わせのみだった頃と比較してチャットプラスのおかげで問い合わせ件数が月平均で1.5倍ほど増加し、売り上げにも貢献しています。それでいてメール対応に費やす工数を削減することができておりまさに一石二鳥です。
4.0点
これからwikiを導入しようと検討している場合は、良いと思う。Helpfeelの機能として、wikiのツールであるScrapboxのページを参照して引っ張ってくる作りである為、まずはScrapboxに書くという文化の醸成から始める必要がある。根付けば、かなり高頻度で更新されるFAQツールとして活躍してくれると思う。
5.0点
一般的なFAQシステムとは異なる検索方法が採用されており、従来利用していたシステムと比べて質問のヒット率が平均して30%ほど上がり、検索能力が非常に高いと感じています。質問に対する応答にはスピード感がありFAQ利用中のサイト離脱率が減りました。
4.0点
取りまとめの部署のため、交換手からの電話が回ってくることもあり、事務タスクをしている時に手を止めて他の部署に回したりするなど時間が取られていました。AI botの導入により、定型の内容は自動的に返答してもらえるようになったことがよかったです。
4.0点
ユーザーインターフェースがシンプルで使いやすくExcelと連携して使えるので非常に便利です。データの修正や登録も簡単で手軽に使えます。AIが自動学習してくれるので最初のFAQの設定だけで使える。
5.0点
マーケティング施策に使えるWEB接客ツールです。 テンプレートが沢山あるので、ポップアップ施策を企画したことのない初心者でも、画像とテキストさえ準備すれば設定がすぐにできました。このテンプレートのおかげで、いくつもの施策を実施してPDCAを高速回転させることができます。また、顧客ごとのスコアも算出してくれるので、ロイヤリティの変化を検知し適切なタイミングで適切な施策を行えます。使いやすいです。
4.0点
テンプレートが数多くそろえられており、ポップアップ施策を取り扱ったことのないマーケティング未経験者でも、画像とテキストのみ準備すれば簡単に設定ができます。このおかげでいくつもの施策をきめ細やかに実施し、顧客の反応を見ながら時期と共に内容を変えていったり、顧客の評価をすぐに反映できたりと自社サービスのPDCAを上手に回すことができるようになりました。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
5.0点
LINEでできたAIチャットボットだから、LINEサービスとの連携はとても簡単です。 LINE公式アカウントやLINE WORKSとの連携もしやすいです。 また、LINE Pay決済との連携機能もあるので、チャットボット上でLINE Pay決済も使えます。
4.0点
LINEを作ったメーカーだけあって操作性が至極シンプルで、設定を行う管理者、そしてLINEからチャットボットを使う利用者にも複雑さを感じさせません。初期設定も簡単でシナリオを作成した後の回答の正確さも満足しています。
4.0点
可能顧客の問い合わせに有人のチャットや無人のチャットボットで対応できるというチャットサポートのサービスは他にもたくさんあるが、チャネルトークはそれだけでなくWeb接客的な施策にも使えるのが良いところです。Webサイトにユーザーが訪問した際に訪問したページやタイミングなどに応じた適切なポップアップを表示したり、そこからのリード獲得の動線を作ったりできます。とても優秀だと思います。
5.0点
【役立った機能面】 チャット機能 【操作性・他のサービスとの連携面(カスタマイズ性)】 直感的に使える、初期設定が難しくない 【営業担当やサポート面】 ガイドを参考に設定ができている 日本語のチャットサポートがあるのは安心感がある 【価格面(他社と比較したとき)】 無料で使える機能が充実している 有料機能も良心的な価格設定になっている
4.0点
接客、問い合わせ対応の自動化のために比較的安価で操作性も良いことからanybotが導入されました。FacebookやLINEといったSNSサービスとの連携が容易で、特にLINEとの連携に関しては専用のPFであるLIFE(LINE Frontend Framework)が不要でノーコード開発ができたことで非常に作業がスムーズに進みました。
4.0点
社内FAQ、質問解答の効率化のために使えないか色々と試している。シナリオが上手く作れればかなりスムーズに解決可能なため、業務効率の改善に活用可能。社内で疑問になりやすい点もデータ収集できるのはありがたい。
4.0点
リモートワークに移行するにあたり様々なソフトに対する様々な質問が生まれ問い合わせが文字通り「殺到」しましたが、チャットディーラーが導入され、Q&Aに誘導することができるようになり電話、メールでの対応をする必要が大幅に減りました。
5.0点
24時間365日の無人対応を行うことが可能です。 休みや営業時間外の時でも問い合わせに対応することが可能になるので、顧客の問い合わせニーズに人件費をかけずに対応することができました。
4.0点
月々の料金はかかるがアプリを取得することによってすぐ運用が始められる。 企業側は生産性の質が非常に上がった傾向があります。 なのでこの評価をつけさせていただきました。
まだ口コミはありません
チャットプラスの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Helpfeelの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
OfficeBotの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
KARTEの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Cognigyの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
CLOVA Chatbotの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
チャネルトークの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
anybotの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
チャットディーラーの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
GENIEE CHATの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
1人
情報なし
1ヶ月
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
1ヶ月
情報なし
情報なし
情報なし
6ヶ月
情報なし
2年
情報なし