電子契約システムのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ・評価
仕様
料金・費用
サービス資料
特長
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
5点
従来の紙での契約書管理・締結までの一連の流れでの管理や工数に限界を感じていたころ、NINJA SIGN(忍者サイン)というワンストップ電子契約サービスに出会いました。まず他社さんの電子契約ツールとの違いですが、(NINJA SIGNを導入する前に他社さんのツールを一通り試していました・・。)とにかく契約書作成~締結までの操作や流れが簡単なところです。私が考える法務担当者はネットに疎い方が多いのではないかと思いますので、とにかく「簡単」を一番の重点に置きます。自分だけが使いやすく、簡単であればいいのではなく、締結先のクライアント様も簡単に使用できるかを考えた結果、NINJA SIGNさんが弊社が求めていたツールに当てはまりました。実際に使用し始めてからは、契約書作成~締結までにかかる時間が1か月で5時間~10時間は削減されています。また、紙代や印紙代の経費も削減されたことにより、大幅は経費削減にも繋がったと思います。とにかく、「今までは紙で契約してきた」「ネット上のツールを使うのが苦手」という法務担当の方は一度導入してみることをお勧めします!
5点
他社との比較検討の結果3つのポイントで導入を決定 【1】コスト ・決め手はニンジャサインの料金体系(従量課金が発生しない) ・比較対象にしたサービスは、すべて従量課金タイプでした   【2】使いやすさ ・自社で利用しているのは「テンプレート登録」「修正」「契約締結」の3点。 ・余計な機能がなく、UIもシンプル。 ※特に使いづらい点はなし。 【3】サポート体制 ・営業窓口の方が丁寧で電話するとすぐ教えてくれる。 ・ツールの仕様で修正希望を出したことがありますが、すぐ改善されたのは驚き。。。  自社開発のシステムのため、フットワークが軽いのかと思われます。 【解決された点】 ・アナログ業務の排除 製本業務(「印刷」「ホッチキス止め」「角がはみ出ないような製本テープ止め」「押印」 「送付状準備」「クリアファイル準備」「封筒への宛先記載」「投函」)が一掃された。 →毎月の契約数等を考えると、月あたり10時間くらいの削減。 今のプランで10時間という「時間」を買えるのであれば、かなりお得なお買い物かと。。。 ・部署間での書類回覧 担当者の「外出」「休み」「席外し」「出張」等によって、スムーズに書類が回覧しないことも多々。 オンラインで完結するため「待ち時間」も最低限に。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
10,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
10,000-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
1,007-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
0-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
0-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
0-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
20,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
【国内シェア80%以上!】クラウドサイン(電子契約サービス)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
【最大5社間契約・電帳法対応】BtoBプラットフォーム 契約書の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
【世界中で選ばれる電子契約サービス】Adobe Signの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
【安心な世界標準のセキュリティ】 ドキュサインの電子署名 の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
【最新の第三世代電子契約】リーテックスデジタル契約【金融機関と業務提携】の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ワンストップ電子契約サービス NINJA SIGN(忍者サイン)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
GMO電子印鑑Agreeの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
【書面と電子の一元管理】電子契約サービス「WAN-Sign」の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
【電子署名法・電帳法対応】paperlogic電子契約の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
LegalForce(リーガルフォース)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
契約締結のスピード化
クラウドサインを使えば、これまでの紙で進めてきた契約作業をオンライン上でわずか数分間ですべて完結させることが可能となります。これまで契約締結に掛かっていた数日間を短縮し、契約をスピード締結することができるようになります。
2.
不要なコストを削減
これまで紙を発行することで発生していた紙代やインク代はもとより、郵送代や印紙の費用も削減することができます。フリーミアムプランもあり、月間10件までの契約は無料で利用することができることから、費用削減が可能となるでしょう。また、郵送に掛かっていた事務手続きの低減も期待できます。
3.
原本保全の確実性向上
契約書をクラウドで一元管理することは、コンプライアンスの強化につながります。これまでの紙では紛失のリスクや詳細更新事項の目視が必要であった原本確認が容易になるとともに、バックアップデータが原本となるため、データとしての検索性や確認の精度が向上するでしょう。
詳細を確認
1.
電子契約
取引先との契約締結を電子化する、いわゆる電子契約システムとして利用可能です。 クラウド上で進行状況の把握や締結ができるため、業務のスピードアップと効率化を実現します。また、印紙税などのコスト削減も可能になります。 対象: 今後発生する未来の契約
2.
電子保管(自社保管)
契約書の電子保管庫として利用可能です。 保管スペースの有効活用、契約書の管理の簡素化、安全な社内共有を実現します。 対象: (1)過去に締結した紙の契約書 (2)今後、紙で締結する契約書 (3)契約書以外の文書
3.
ドキュメントScanサービス
紙で締結した契約書などをスキャンして、『BtoBプラットフォーム 契約書』で保管・管理するサービスです。 手間がかかる文書のスキャン作業を一括代行し、システムに一括でアップロードできるほか、電子締結した契約書と合わせて一元管理できます。
詳細を確認
1.
年間60億回以上の取引を支えているサービスの信頼性
電子契約サービスを導入する上で、契約を処理するプラットフォームのセキュリティと信頼性は非常に重要です。Adobe Signは日本国内にデータセンターを設置しており、ISO 27001、SOC 2 Type 2などの認証も取得しています。Adobe Signには世界中の企業の電子契約業務をを支えてきた実績があるので、安心してご利用いただけます。
2.
既存システムとの連携で可能になる顧客体験の向上
Salesforceなどの顧客管理システムとAdobe Signを連携させることで、企業が提供する顧客体験の抜本的な改善が可能になります。例えばローン契約や雇用契約など、今までお客様に書類の押印と返送をお願いしていたさまざまな契約なども、オンライン上で完結できるようになります。Adobe SignはMicrosoftやSalesforce、Kintoneなど多数のシステムとのプラグインを予め用意しており、難しい設定なしに簡単に連携できます。
3.
契約締結までの時間とコストを大幅削減
Adobe Signを使うことで、書類を郵送する時間と人的コスト、書類の保管スペース、印紙代などが大幅に削減できるので、ビジネス上の大きなメリットをもたらします。また、オンラインで契約書類を保管するので、後から書類を探さないといけない場合にもすぐに検索して見つけることができます。
詳細を確認
1.
契約・合意にかかわる時間やコストの削減
ドキュサインの電子署名なら、文書の帳合、誤記や署名捺印漏れの確認、システムへの入力などの煩雑な事務作業を大幅に減らし、時間や場所、デバイスを選ばずに申請、署名捺印ができるので、契約・合意ためのリードタイムを削減し、業務をスピードアップすることができます。ペーパーレスを実現することで、文書の印刷や収入印紙代、郵便などにかかわるコストを削減できます。
2.
世界標準の厳しいセキュリティを満たす安全性と利用環境
当サービスのクラウドは高いセキュリティ基準を満たす堅牢なデーターセンターで運用されており、各種業界認定取得しているうえに、最も強力な暗号化技術を使用しているので、安心してご利用いただけます。また、180か国、43言語で署名を利用でき、2億を超えるユーザーが、ドキュサインが提供する電子署名を利用しているので、日本国内だけではなく海外でビジネスを展開する企業にも適しています。
3.
さまざまなエンタープライズ・アプリケーションと連携可能な柔軟性
さまざまなビジネス・ニーズに応えるため、ドキュサインは柔軟なプラットフォームを提供しています。SalesforceやSAP Ariba、SuccessFactors、Microsoft Office、Google G Suiteなど数百ものエンタープライズ・アプリケーションと接続できるコネクタを提供。またカスタムソリューションが必要な場合、APIを使用すれば拡張および統合が容易にできます。
詳細を確認
1.
法律に準拠したトップクラスの安全性
リーテックスデジタル契約はセキュリティ面での安全性はもちろん、法的にも高い安全性を確保しています。 リーテックスデジタル契約の行う本人確認は、国の認める電子債権記録機関である、Tranzax電子債権株式会社を介して行われます。金融機関と同等の厳しい本人確認によって、反社会的勢力の取引への介入を防止可能です。 また、契約書にタイムスタンプを付与することで、改ざんを防止。電子債権記録に連携した契約であるため、契約を交わす法人間の意思確認も確実に取れます。
2.
印紙税をはじめとしたコストと労力の削減
紙の契約書から、電子契約書へと移行することで、下記のような様々なコストを削減できます。 【金銭的コスト】 ・印紙税 ・印刷費 ・郵送費 【人的コスト、その他コスト】 ・印刷、製本に関わる作業 ・送付作業 ・保管、整理にかかるコスト ・郵送に伴う時間的コスト 国税庁は、電子契約を印紙税の課税対象外と定めています。つまり、リーテックスデジタル契約を利用することで印紙税の削減が可能です。契約の金額も入力できるので、管理画面で印紙税をどの程度節約できたのかも確認できます。ほかにも、印刷や郵送などの費用はもちろん、人的コスト・時間的コストも削減が見込めます。 リーテックスデジタル契約では、契約書の郵送に伴う様々な作業をすべてカットします。郵送が不要となることで、誤配のリスクもなくなります。
3.
無料で使用感を試せるエントリープランあり
リーテックスデジタル契約には、無料で利用できるエントリープランも用意されています。 導入にあたってのご相談も承っております。 【エントリープラン】 初期費用:無料 月額料金:無料 契約書ダウンロード:無制限 契約書アップロード:5回まで エントリープランは、契約書のアップロード回数は5回までとなっていますが、ほかの機能制限は一切ありません。通常プランと同じ機能を実際に使って導入の判断が可能です。 なお、通常プランは「スタンダード」と「プレミアム」の2種類あり、それぞれ契約書アップロードの上限回数が異なります。自社に最も適したプランを選び、最小限のコストで運用ができます。
詳細を確認
1.
NINJA SIGN上でテンプレート・ドラフトの修正が可能
NINJA SIGNではテンプレートとしてアップロードしたファイルをGoogle Docsに変換するのでNINJA SIGN上で契約書の修正が簡単に可能です。
2.
紙の契約書の電子化、電子契約締結でコスト削減
NINJA SIGNでは紙の契約書をPDF化してアップロードすることが可能です。また、紙の契約書の郵送・収入印紙代・製本など工数・コストともに削減可能です。
3.
安心のセキュリティ体制
NINJA SIGNでは契約内容に対し、タイムスタンプが押されるので改ざん防止がされています。
詳細を確認
1.
国内シェアNo.1の電子認証局と直接連携
全世界で2500万枚の発行実績を誇り、政府機関や大手企業でも利用されているGlobalSignの発行システムと直接連携。電子認証局をグループ会社にもつ当社だからこそ実現できる、安心な電子契約サービスです。
2.
「電子署名」と「電子サイン」を併用した契約締結が可能
Agreeの契約締結サービスは、「電子署名」と「電子サイン」を併用した契約締結が可能です。自社は「電子署名」で法適合性や署名権限を限定しつつ、相手方は「電子サイン」で簡単に契約を締結できます。
3.
「電子帳簿保存法」の要件を満たした文書保管・管理が可能
税法上で要求される検索機能を標準実装しており、締結済みの電子契約を紙に印刷することなくそのまま保存することができます。 ※電子帳簿保存法第10条(電子取引データ)の各種要件を満たした文書保管・管理が可能
詳細を確認
1.
本人性と原本性を確保した、信頼できる電子契約
WAN-Signは、本人性と原本性を確保した、信頼性の高い電子契約サービスです。なりすましによる不正契約や、契約書の改ざんを許しません。 本人性の確保には、国内シェアNo.1の認証局である、GMOグローバルサイン株式会社の基準を満たした証明書を使用。原本性を確保するために、日本データ通信協会の認定事業者である、セイコーソリューションズ株式会社のタイムスタンプを標準付与しています。 契約書に関わるさまざまな不正を未然に防止するため、WAN-Signは安心して利用できる電子契約サービスといえます。
2.
すべての契約書を一元管理し、業務を効率化する
WAN-Signでは、社内に保管された紙の契約書も電子契約書とまとめて一元管理できます。一元管理と多彩な機能により、契約書管理を効率化します。 社内に保管されている紙の契約書は、電子契約書と同じシステム上に登録が可能です。必要に応じて紙の契約書をPDF化し、システム上でデータ保管することができます。システム上に登録した契約書は、さまざまな項目で検索でき、必要に応じてすぐに探し出せます。ほかにも、関連する契約書同士を紐付けたり、契約書の有効期限が近づいたときにアラートを出せたりと、管理を効率化する機能が揃っています。 契約書の管理を効率化することで、人的コストを削減します。
3.
電子契約に慣れていない取引先も負担なく利用できる
WAN-Signは、電子契約に慣れていない取引先も、負担なく利用できるサービスです。取引先の電子契約への抵抗感を下げ、契約の電子化に同意してもらえる確率を高めます。 契約の際、取引先にWAN-Signのシステム導入は不要です。もちろん、取引先に利用料が発生することもないので、負担はほぼありません。メール認証による契約や、タブレットやスマートフォンへの手書き署名も可能なので、電子契約をしたことのない取引先も簡単に利用できます。 オプションで、書面契約のPDFデータのアップロードも可能。どうしても書面契約をしたい、という取引先にも柔軟に対応できます。
詳細を確認
1.
認定タイムスタンプ無料
改ざん・なりすましを防ぎe-文書法や電子帳簿保存法の保存要件に対応 ★タイムスタンプは無制限に無料で利用可能(月額料金に含まれています) ★電子証明書を伴う電子署名へ署名長期化(10年)のためにタイムスタンプを付与 ★電子証明書を伴わない「簡易署名」の場合は契約データへタイムスタンプを付与  ※認定タイムスタンプは一般財団法人日本データ通信協会認定のタイムスタンプ   (事業者認定登録済み)
2.
ゲスト機能(無料)
相手先をゲストとして登録するだけ。同じサービスを使っていなくてもOK。 ★署名依頼や署名完了を電子メールでお知らせ ★契約相手先はログイン不要(署名依頼のリンクから契約書を確認・署名) ★ゲスト登録は数の制限なし  ※ゲストも電子証明書の取得が可能なほか、証明書のアップロードも可能
3.
簡易署名(認印相当)使い放題
電子証明書を伴わない簡易署名は契約締結数に限りなく使い放題です。 ≪認印相当の簡易署名が多いお客様はコストメリットを最大限に享受できます≫ ★電子証明書のあり/なしを署名者ごとに選択可能 ★証明書なしの簡易署名(認印相当)は課金対象の契約締結数には数えません。 ★証明書を伴わない契約へもタイムスタンプを付与、法令保存要件へ対応  ※電子証明書は電子署名法に定める特定認証事業者の証明書を採用   (一般財団法人日本情報経済社会推進協会JIPDECのJCAN証明書)
詳細を確認
1.
AIによる自動レビューで業務の効率化
LegalForceは、AIを活用し契約書を瞬時に自動レビューします。従来の約70%の時間で、より正確な契約書レビューや修正業務を行えます。 契約書に潜む自社に不利な条文や欠落条項、抜け漏れをAIが指摘し見落としを防ぎます。修正箇所には、弁護士監修の参考文例や解説が表示されるので、専門知識がない人でも簡単に契約書の修正が可能です。 さらに、異なる契約書間の突合機能により、他社のひな形と自社のひな形との条文単位での比較も簡単です。 契約書の不安要素を解消し業務を効率化できます。
2.
データベースを自動作成し、属人的な業務のばらつきを解消
LegalForceは、自社のひな型やレビュー済みの過去の契約書を、自動でデータベース化することが可能です。データベースを活用することで、担当者ごとの知識や経験の差による業務品質のばらつきを解消できます。 データベースは、契約書タイトルや取引先名を自動抽出して整理・保管されます。キーワードを入力するだけで、データベースから欲しい条文を瞬時に検索することも可能です。 一人ひとりの経験をデータベース化して共有することで、属人的な業務のばらつきを解消し、レビュー結果をより均一なものにできます。
3.
企業法務に特化したひな形を活用して業務品質を向上
LegalForceは、法律事務所が作成した契約書のひな形や書式を250点以上搭載しています。 ひな形や書式は、企業法務に特化した弁護士が作成した実用的なもので、法改正にも適時に対応できます。条文単位での引用や、ひな型をベースに手直しを加えて使用することも可能です。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
1人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
1人〜の会社におすすめ
最低利用人数
1人
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
1人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
3ヶ月
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし